27 9月

SVANT WF は日本人でもかぶれるGIRO

サイクリング・ヘルメットのメーカーとして、輝かしい実績を作り上げてきたGIRO

1_22

優れたテクノロジーと遊び心が融合した製品は、とてもスタイリッシュです。


例えば、フラッグシップ・モデルのSYNTHE は、そのGIROのアイデアが結集したモデル。

数々のレースに使用されている本格的なヘルメットですが、デザインは丸みを帯びていて柔らかい印象。

ちょっと値段は高いけど、これはかぶって走りたくなっちゃいますね。

店主もヘルメットはこれです。



しかしGIRO のヘルメットは、「横幅が狭い」というイメージが定着してしまっているようです。

現行モデルの大半はかなり改善されましたが、確かに昔のGIROのヘルメットはかなり欧米人向けシェルで、「あこがれの選手がかぶっているからかぶりたいけどかぶれない」という方が結構いたようです。

何年も自転車に乗っている方だと、試着する前に「GIROは無理だから」と言われてしまったりします。




そこで、これ。

とうとう、出ました。

IMG_9233

IMG_9243

IMG_0105

GIRO SVANT WF

サイズ: S(51-55センチ)、M(55-59センチ)、L(59-63センチ)

カラー: ブラックホワイト(写真上)、チタンブラック(中)、ホワイトブラック(下)、他4色

¥14,200 税抜



SVANT はレーシングヘルメットの中堅モデル。

SYNTHE ほどではないですが、丸みを帯びた形状がGIROらしいデザインです。

IMG_9235

IMG_9237



そして、ワイドフィット!

どれくらいワイドかというと、通常Lサイズしかかぶれないイーストリバー店主がMサイズもかぶれてしまうくらいワイドです(Lだと大きすぎるくらい)。

GIRO とは思えない、ゆったりとしたサイズ感です。



img_0168

この価格でJCF(日本自転車競技連盟)認定というのもうれしい。

つまり公式レースに出ても大丈夫なくらい、安全性能が高いということです。

コストパフォーマンス、いいですね!



当店では一押しのヘルメットということで、そこそこ在庫しております。

img_0170

これからヘルメットを買おうとしている方、そろそろ買い替えを検討されている方、SVANT WF お奨めです!




image_xlarge

ウェブショップはコチラです。



24 9月

バイク風呂敷 Furoshiki Bike Pack 、久々に入荷しました

じんわりとファンを増やしている、当店オリジナルのバイク風呂敷 Furoshiki Bike Pack。

VIVALO RENDEZ-VOUS

普通の風呂敷ですが、市販の風呂敷にはない特別なサイズ(60センチ四方)で、サドルバッグになる結び方のマニュアル付き。

包むものの大きさにこだわらないので、非常に便利です。

一回結び方を覚えてしまえば、いろいろな柄の風呂敷で御活用いただけます(市販の風呂敷のサイズでサドルバックで使えるものは50センチ四方か68センチ四方)。




「落ちないですか?」という御質問をいまだにいただきますが、あまり路面のよくない峠道を下ったりもしましたが、一回も落ちたことはありません。

逆に雨で濡れたりすると、ほどきにくくなったりするくらいです(マニュアルに簡単にほどける「ま結び」のやり方も記載してあります)


「布は防水ですか?」という御質問もよくうけますが、結びやすいように比較的薄い普通の布が使われています(防水性能のある布は厚手なので小さい結び目を作りにくい)。

布自体には防水性能はありませんので、濡れたら困る中身については、ジップロックやドライバッグなどに入れてください。




VIVALO RENDEZ-VOUS

最近はお客様でも使ってくださる方が多くなって、うれしい限り。



前回は当店のロゴの総柄で、そこそこ多い数を作ったのですが、イベントに出展して売ったり、「TABI LABO」さんというウェブサイトで紹介していただいたりしているうちに(紹介していただいた記事はコチラ)、お陰様で完売してしまいました。



そこで今回、新たにたくさん作らせていただきました。

色は前回好評だった紺と新色の深緑です。

img_0130

IMG_0116

IMG_0125


img_0127

IMG_0112

IMG_0123

深緑

バイク風呂敷 Froshiki Bike Pack

¥2,000 税込



パッケージを開くと結び方のマニュアルになっていますので、これを見て練習すればどなたでもできるはず。

IMG_8791

「よくわからない」という方は、店に来ていただければレクチャー致します。



ウェブショップはコチラになります。



2015/12/06 ERC RIDE@秦野林道

もうすでに使われている方は、違う色をもう一枚。

使ってない方は、是非一度お試しください!



22 9月

VFR のツーリングバージョン

リリースされてから早や2年近くになるVFR(VIVALO FILLET-BRAZED ROAD)。

先日、東京にも来てくれた末瀬オーナーが、それまでのVIVALOの技術面やデザイン面のノウハウを結集させて製作した、「VIVALO」的 今どきのスチール・ロードバイクです。

IMG_2643

ラグドのクラッシックスタイルの御用命が多い「VIVALO」というブランドに、モダンな息吹を吹き込んだモデル。

ゆっくりではありますが、お陰様でじょじょに支持をいただけるようになってきました。




今回、製作させていただきましたのは、その変則バージョン。

IMG_9963

IMG_9957

IMG_9961

通常VFR はENVE のカーボン・ロードフォークが標準仕様となっておりますが、ツーリング用途がほとんどということで、スチールのベントフォークを装着させていただきました。



IMG_9965

ENVE のカーボンフォークは軽量で高速時の振動吸収には優れていますが、平均速度が20~30キロ程度のツーリングであればENVEほどの剛性や軽さは必要ありませんので、比較的楽に扱えて快適性も高いスチールフォークを選択されたというわけ。

ルックスも随分柔らかい印象です。



しかし、フィレット(蝋付け)仕上げのフレームは、それでもラグドと比べるとかなり軽量です。

IMG_9969

パイプのつなぎ目の仕上げも、とても美しい。

蝋付けはハンドメイドフレーム業界では、その美しさから世界的に見直されている製法となっています。



少しくすんだイエローのカラーが、派手になり過ぎずいい感じ。

IMG_9967

CHRIS KING のピューターがとてもよく似合います。



派手な構成や見た目ではありませんが、レースにもロングライドにもしっかり使えるVFR フレームセット。

ENVE ロード・カーボンフォークの仕様ですと、210,000円 税抜~、

オリジナルのスチールフォークの仕様ですと183,000円 税抜~、下地メッキ 込みで御提供できます。

アルミやカーボンのフレームを乗り込んだ方にも御満足いただける性能だと思います。



21541166669_4181075035_z

今年の9月は雨が続きますが、こんな秋晴れももうすぐ(?)

VIVALO はこれからのオーダーですと12月の納車に間に合います!



20 9月

BRUNO の新しいMIXTE 入荷しました

bruno%e3%83%ad%e3%82%b4


街乗り用のミニベロやクロスバイクで御好評いただいておりますBRUNOの自転車。

しばらく輸入元でも欠品しておりました人気車種のMIXTE が、数台ですが入荷しました。



IMG_0093

IMG_0096

IMG_0099


IMG_0087

IMG_0090

IMG_0091


IMG_0082

IMG_0084

IMG_0085

BRUNO MIXTE 20

カラー:レッド、サクラ、ブラック

¥52,000 税抜



MIXTE とは女性でも男性でも乗れるような、このようなフレーム形状のことをいいます。

見た目はかわいいですが、折り畳みではなく、一体型のきちんとしたスポーツタイプのフレームなので、非常に良く走ります。

小回りもききますから、5キロ圏内を街乗りしたりするのにはぴったりです。

5キロ圏内とは、当店からだと水道橋・靖国神社・浜離宮・新豊洲・平井・三ノ輪くらいまでが入ります。

コチラのページで、みなさんも自宅から5キロ圏内がどれくらいか確認してみてください。



次の便の入荷が少し先になるようですので、「いいな、これ」と思ったお客様はお早目にどうぞ。



IMG_20151205_100020

もうすぐ本格的に秋。

あっという間に年末になってしまいそうです。



20 9月

VIVALO RENDEZ-VOUS 、無事終了しました!

VIVALO RENDEZ-VOUS


昨日、久々にVIVALO RENDEZ-VOUS を東京で開催しました。

連休最終日にもかかわらず、多くのVIVALO乗りの方々に御参加いただき、楽しい時間を過ごすことができました。

参加者のみなさま、御協力ありがとうございました!


VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

今回は神戸から末瀬オーナーも参加。

東東京を自転車をめぐるということで、少しみなさま服装もカジュアル寄り。



VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

台風の接近で天気予想は降水確率70%でしたが、ライドにあたる時間帯はちょうど降らないようでしたので、ランデブーを決行。

予想どおり曇りでスカイツリーの上は隠れていましたが、涼しくて自転車にはちょうどよい気候。

錦糸町の親水公園~スカイツリー~桜橋~吉原大門と、定番コースをゆっくりと。



VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

根岸と日暮里を抜けて、谷中へ。

パワースポットのヒマラヤ杉の前で集合写真を一枚。

このへんは平日は静かですが、この日はお彼岸でお参りの方と観光客で人が多かった。

でも雰囲気があって、いいですね。



VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

その後は東京大学の構内に入って、学生食堂で昼食。

ここは一般の人も利用できるのですが、知らない参加者の方も多く、大変喜んでいただきました。

そこそこ量があって、味も学食らしいシンプルなおいしさで、言うことなし。



この後上野と浅草を探訪する予定でしたが、雨が降ってきてしまいましたので、上野公園~合羽橋~浅草~両国を軽く流し、店近所のブレーメンカフェでの懇親会に突入。

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

コーヒーやビールを飲みながら、末瀬オーナーの貴重な現場の話しなどを聞いたり、参加者のみなさんと自転車談義をしたり。

大きな雨雲が近づいていたので、短い時間ではありましたがVIVALOユーザー同士、交流を深められたのではないかと思います。




天気が良くなかったですが、無理して開催してよかったです。

店主としましては、末瀬オーナーといっしょに育ててきたVIVALOを普段乗ってくださっているみなさんとライドをして、色々な話しを聞かせていただいたのが、何よりよかった!



VIVALO RENDEZ-VOUS

できる限り定期的に開催したいと思いますので、次回も宜しくお願いします!

VIVALO に乗ってないけど興味があるというだけの方にも、参加していただきたいなあ。



12 9月

久々のVIVALO ピスト

一時期のブームは過ぎ去ってしまったものの、今でも年に数台はVIVALOでピストバイク製作の御用命があります。

また、最近一台かっこいいのを組ませていただいたので、その御紹介。



IMG_9979

IMG_9984

IMG_9985

都内の荒川沿いにお住まいのT様。

さいたま市の職場まで、川沿いの道を通って通勤する計画をお持ちでした。

せっかく購入するなら定番のロードバイクではなく、自分の理想に近いシンプルなルックスのピストバイクで。

さらに理想に近づけるためにカスタムオーダーで、と考えていたところにVIVALO と出会い、このたびのオーダーに至りました。

誠にありがとうございます!



パイプは通勤仕様ということで、強くて軽いKAISEI 019 をチョイス。

フレームカラーは一般的にバーガンディと呼ばれるような赤茶、ロゴはピストらしく旧タイプですが、カラーはフレームに合わせた渋いものに。

IMG_0016

IMG_0037



パーツは主要な箇所はNJS パーツですが、ところどころコミューター仕様に。

IMG_0006

IMG_0014

IMG_0012

IMG_0018

IMG_0022

NJS 認定の日東ハンドル+ステムに、PAUL E LEVER+TEMPRA ブレーキダブラー(一本のレバーで前後を引くための装置)の組み合わせは、異種格闘技的な美しいパーツ同士の組み合わせで吉。

S75G のチェーンリングの黒はNJS 認定ではありませんが、かっこいいから吉。

デュラハブにH PLUS SON TB リムの組み合わせは、実用的な700X25以上の太さノタイヤがはけて、しかもかっこいいから吉。

ピストバイクならではの自由な構成ですね。


IMG_0033

ホリゾンタルフレームのわりにはシートポストが結構出ていますが、これはT様の御希望によるもの。

サドルとバーテープは定番のBROOKS で。



ライダーの方によっては、

「ロードみたいな乗り方はしたいけど、ピストバイクみたいなシンプルなルックスが好き」とか、

「メカメカしいロードの佇まいが好きだけど、街乗りしかしない」とか、

などと様々な御要望があるはず。

VIVALO はそんなお客様のウォンツ(WANTS)にお応えできるブランドです。



VIVALO ピストのフレーム&フォークは 105,000円税抜~ (下地メッキ込)。

IMG_9993

「自分流のピストが欲しい」という方がいらっしゃいましたら、VIVALO で是非!




5 9月

ORBEA AVANT 、お取り寄せでもかなりお得

秋のロードに乗るのが気持ちの良い季節を前にして、ORBEA のかなりお買い得なオファーです。


当店でも一推してきたエントリーモデルのAVANT HYDRO の完成車が、取り寄せも含めて良い条件で御提供できます(性能に関する詳細はコチラを御覧ください)。

以前にブログで紹介したものは、シマノ SORA や フラットバーのCLARIS 仕様のものだけでしたが、105 仕様やTIAGRA 仕様もお買い得になってます。

orbea_2016_AVANT_H_Z2

orbea_2016_AVANT_H_Z3

orbea_2016_AVANT_H_Z6

orbea_2016_AVANT_H_Z1

orbea_2016_AVANT_H_Z5

ORBEA AVANT HYDRO

105仕様 完成車  定価 ¥180,000 税抜 → 特別価格 ¥**4,000 税抜!!

TIAGRA仕様 完成車  定価 ¥150,000 税抜 → 特別価格 ¥**0,000 税抜き!!

SORA仕様 完成車  定価 ¥120,000 税抜 → 特別価格 ¥*6,000 税抜!!

CLARIS 仕様 FB完成車  定価 ¥99,000 税抜 → 特別価格 ¥*9,200 税抜!!

* 105仕様とTIAGRA仕様のカラーはホワイトレッドとブラックレッドのみ。ピンクはSORA仕様のみです。


夏も過ぎ去りつつある時期ですので、サイズやカラーによっては完売しているものもございます。

この記事を読んで気になりだした方、オルベアのロードを前から欲しいと思っていた方は、お早目にお問合せください!



26113029672_9d55a1fb2f_z

宜しくお願いします!



3 9月

スチール+ディープリム 

ディームリムというと、カーボンフレームのタイムトライアル寄りのバイクに装着するのが定番仕様。

IMG_9484

でも当店で多く扱っているスチールフレームにも、ときどき着けるお客様がいらっしゃいます。

細身のスチール+ディームリム。

これはこれで非常にかっこいい。



最近組み替えでVIVALOを御注文いただいたS様の場合は、こんな感じ。

IMG_9836

IMG_9837

IMG_9841

スチールのミニベロとカーボンのロードをお持ちだったS様。

どちらにも物足りなさを感じていらっしゃって、このたび思い立ちVIVALOのスチールフレームを御注文いただきました。

誠にありがとうございます!



フレームは渋めの赤。

クラシックなメッキラグが映えます。

IMG_9823


ロゴはメッキに合わせてミラーシルバーで。

IMG_9828

IMG_9822


BROOKS のレザーバーテープは、フレームやケーブルのカラーに合わせてMAROON というめずらしいカラーに。

エビ茶色という意味らしいですが、かなりしっくりきてます。

IMG_9833

IMG_9831



これからVIVALOをオーダーすると、納車は11月頃ですから、ちょうどイベントが多い季節にあたります。

23235468139_88df1debd1_z

秋の山もいいですね。

御検討ください。



2 9月

VIVALO ランデブー  開催のお知らせ

VR4

このたびVIVALOユーザーやVOVALOに興味をもってくださっている方々が集うイベント、「VIVALO ランデブー」を開催することになりました!


「VIVALO ランデブー」は4年前に神戸で開催したことのあるイベントで、その際は東京から店主を含め何人かのお客様と出かけ、現地のVIVALO乗りのみなさんと工場見学をしたりツーリングをしたり食事をしたりと、楽しい時間を過ごしました。

DSC_0149

DSC_0073

「ランデブー」とはフランス語でデートを意味したり、宇宙船が宇宙空間で出会うことを意味する言葉。

4年前はその場のノリでイベント名にしましたが、「幅広い年齢層や遊びのスタイルのお役に立ちたい」というアイデアをものづくりの中核にしてきたVIVALOとって、様々な方が出会うという意味でぴったりのイベント名ではないかと思い、今回もこの名称で開催することにしました。




イベントについては、今回は以下のように進める予定です。

開催日時・集合場所: 9月19日(月)10時 イーストリバーサイクルズ

イベント内容

1.Ride Around @ イースト東京
イーストリバーサイクルズが店を構え、私が個人的にも大好きなイースト東京を皆様といっしょに20~30キロ程度走ります。
今回はロードバイク乗り以外の方にも御参加いただきたいので、ペースはゆっくりめ。
イースト東京初心者の方に喜んでいただけるような、浅草~上野~谷中~日本橋~深川といった比較的ベタな(笑)ルートを予定しております。
このへんをあまり走ったことがない方はもちろんのこと、近隣にお住まいの方にもイースト東京の新しい魅力を発見できるライドになると考えております。
参加費は無料。

2.ゆるやかな(笑)VIVALO懇親会
ライドから店に戻ってからは、VIVALOをながめながら、まったりとしたいと思っています。
当日は神戸からVIVALOのオーナーの末瀬氏が来てくれることになっていますが、彼にはVIVALO の素晴らしさやVIVALOのこれからについて色々と語ってもらう予定です。
会費はコーヒーと軽食込みで、お一人1,000円になります。

備考
・ライドにはロードバイクだけでなく、ピストバイクやクロスバイクなどでも御参加可能です。
・ライドと懇親会を含め、途中参加/離脱は可能です。一応店主に御予定をお知らせください。
・当日の様子をカメラマンが撮影し、その画像をブログやSNSで使わせていただきます。顔出しに支障のある方はあらかじめお申し出ください。
・前日の19時の時点で降水確率が50%以上だった場合はライドを中止します。皆様にはメールでお知らせします。
・ライドに参加される方は、必ずヘルメットを着用してください。


VIVALOユーザーの方だけでなく、VIVALOに興味のある方や、御家族や御友人、さらにイースト東京を走ってみたいだけの方も御参加可能です!

参加御希望の方は、下記のフォームよりお申込みください。


東京の祝日をVIVALO といっしょに楽しみましょう。

IMG_3005

御参加をお待ちしております!











1 9月

またまたCINELLI のお買得車、入荷しました

不定期ですが、イーストリバーではこの時期にでるCINELLI のお買い得車。

このたびなかなかスタイリッシュなやつが入ってきましたので、紹介させていただきます。


IMG_9738

IMG_9740

IMG_9737

CINELLI EXPERIENCE + 105フルセット 完成車 

カラー:ブラックグローブラー

サイズ:Sサイズ

定価 ¥183,600 税込 → 特別価格 ¥**6,000 税込!!


世界標準カラーのブラックグローブラーのフレームに、105フルセット日本特別仕様。 

おそらく期の変わり目で、本国から2016年度の在庫フレームを無くすために出されたと思われる、お買い得な完成車です。

EXPERIENCEは何度も本ブログでは登場している、ロングライド向けの非常に乗りやすいアルミモデルです。



この完成車、何が良いかって、やはり先ずはデザインが良いと言っておきたい。

IMG_9746

IMG_9748

いかにもCINELLIらしい派手なカラーリングですが、非常に上品。

マットブラックとメタリックレッドの組み合わせが絶妙ですね。



剛性の高いヘッドとフォークに対して、細いシートステーが絶妙のバランスで、高い快適性と走行性を実現しています。

IMG_9758

IMG_9752



さらにこの完成車、ハンドル・ステム・シートポストはCINELLI 、サドルはSANMARCO ERAが使われています。

IMG_9757

IMG_9755

ここらへんの細かいパーツ構成の良さも、ポイント高いです。



Sサイズの適合身長は163~173センチくらい。

ぴったり当てはまる方は、是非どうぞ。



さらに日本限定カラーのEXPERIENCE HSLホワイトの105フルセットの完成車も、Mサイズが1台残っています。

こちらもお買い得になっていますので、是非御検討ください。

IMG_8860

Mサイズの適合身長は、170~180センチくらいです。



あまり他の方とかぶらないチネリのロードで、秋のロードイベントに出場されてはいかがですか?

23307669270_d0ffe12591_z

御検討ください!