3 5月

tune のハブで手組みホイールを


ハブ、クイックリリース、ステム 等で知られるコンポーネントブランド、tuneの取り扱いを開始しました。



tune は1988年に Uli Fahl によってドイツ ミュンヘンで立ち上げられたブランドです。

これまでに軽量性・耐久性のバランスに優れた数々のパーツ類を開発してきました。

特に有名なのは世界的にスタンダードとなったチタンシャフトの軽量クイックリリース。

それ以外にもハブを得意としています。



今後イーストリバーサイクルズ では、ロード/シクロクロスのハブを中心にtune の販売をしていく予定です。

リムブレーキのフロントハブのモデル名はMIG、リアハブはMAG といいます。

IMG_3700

MIG スタンダード ¥22,800 セラミック ¥37,800

MAG スタンダード ¥46,600 セラミック ¥53,500 (20H/24H/28H)


ディスブレーキのフロントハブのモデル名はKINGkong、リアハブはKONG といいます。

KINGkong スタンダード ¥27,000 セラミック ¥44,900

KONG スタンダード ¥52,300 セラミック ¥58,900 (24H/28H/32H)

* 上記はすべて税別価格。
* MAGとKONGはシマノ/スラムとカンパの仕様選択可。
* 上記モデル以外に、12速用仕様(ENDURANCE)やストレートスポーク仕様(PRINCE SKYALINE)もラインナップ。


カラーはブラック・シルバー・レッド・オレンジ・グリーン・ネイビー・ゴールドの7色から選べます。


納期はオーダーしてから2ヶ月以内でくるので、かなりリーズナブル。

価格も上級グレードのハブとしては比較的抑えられているので、お求めやすいかと思います。

また、最近CHRIS KINGがカンパ仕様の生産をほぼ止めてしまったので、カンパで組まれるお客様にとっては選択肢として良いのでは。

長年世界中のサイクリストに愛され続けてきたことからわかるように、性能については実績があります。



先日、早速MIG&MAGのセラミック・カンパ仕様でオーダーをいただき、手組みホイールを組ませていただきました。

IMG_3627

IMG_3666

IMG_3675

IMG_3668

IMG_3680

IMG_3686

IMG_3690

リムはH PLUS SON の ARCHTYPE のヘアラインハードカラー。

頑強で高級感のあるリムで、おすすめです。

tuneのグリーンととてもよく合っています。

フレームが濃いブルーなので、クイックリリースはネイビーをチョィスしました。



このブログで何度も書いていますが、手組みホイールは多くのスポークで支えている分、完組みホイールの同価格帯のものと比較するとちょっと重いですが、非常に振動吸収性能が高く、長く乗っても疲れません。

また、修理や補修をしやすいので、遠出される方も安心してお使いいただけます。



ロードやシクロクロスの手組みホイールに興味のあるお客様は、是非お問い合わせください。

お待ちしております!



1 5月

GW期間中の営業について


GW期間中ですが、6日(水) の定休日以外は、11:00〜19:00 で通常通り営業しております。

問屋が休みのため、店にない車体やパーツについてはお取り寄せがGW明けになりますが、ご相談や修理はお受けしておりますので、ご用向きのあるお客様は是非ご来店ください!



<ご来店に際してのお願い>

緊急事態宣言が出されている状況下にありますので、基本的に店内はお客様1組ずつの対応とさせていただいております。

他のお客様が店内にいらっしゃるときは、可能な限り店外でお待ちください。

また、時間を要するご相談の場合は、電話でのご予約をお受けしておりますのでお申し出ください。

ご不便をおかけしまして申し訳ございませんが、ご協力のほど、お願い申し上げます。



13 4月

VIVALO with TSUBASA

少し前に納車させていただいた、常連S様のVIVALO トラックを紹介させていただきます。


S様は本物の競輪場で走行する趣味をお持ちで(一般のライダーに練習会用に開放している日があります)、以前にそれ専用にブレーキ取り付け穴の無いトラックフレームを提供させていただいたことがあります。

IMG_1865


そのS様が昨年入手されたのが、こちらのハンドル。

IMG_3351

日東のTSUBASAというタイムトライアル用のハンドル。

昭和に自転車部に所属されていた方には大変なつかしい、マニアには垂涎ものの逸品です。

S様からはこれを基本に、VIVALOでパシュートファニー形のフレームの製作の御依頼をいただきました。



IMG_3316

IMG_3318

IMG_3348



当店はクロモリフレームをご提供する割合が高く、どちらかというとソフトなイメージの自転車が多い傾向にありますので、こんなにルックスが戦闘的な(笑)自転車を組んだのは初めてです。

誠にありがとうございます!



パイプはカイセイ8630R のティアドロップ形状のもので、フレット溶接を採用。

IMG_3371

IMG_3349

IMG_3373

IMG_3332



それに合わせて、フォーククラウンはAEROタイプを使いました。

IMG_3328



TSUBASAやバトンホイールを含め、パーツのほとんどはお手持ちのもので組み上げました。

IMG_3369

IMG_3378



これで世界を目指されるわけではないと思いますが(笑)、楽しんでトラックを走っていただけるとうれしいですね。



S様のように、特別に思い入れのある特殊なパーツ(?)を中心に、カスタムフレームを製作していくこともVIVALOですと可能です。



IMG_3375

思い当たる方は是非、イーストリバーサイクルズに御相談ください。

お待ちしてります!



* 基本的にトラックフレームはブレーキ穴を開けての御提供になりますが、トラック走行専用のものを御所望の場合は店頭にて御相談ください。



7 4月

継続して通常営業しております

春が訪れ自転車に乗りたくなるような陽気になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?


今のところイーストリバーサイクルズは、11:00〜19:00 水曜定休で通常営業を継続させていただいております。


・店は入口のサッシが大きいため、ほぼオープンエアな状態を保つことが可能。
・イベント時(モーニングライド 等。現在はすべての店のイベントは中止・延期)以外は、週末でも一時的な来客が多くても二組程度のため、行政の言うところの「濃厚接触」が起こる可能性が極めて低い。

といった状況を考慮しまして、もちろん店主は常時マスクを着用しながら、営業させていただくこととした次第です。



電車に乗ることがはばかられる昨今ですので、「久しぶりに自転車に乗ってみようか」、「乗っていなかった古い自転車を整備してみようか」と考えているお客様もいらっしゃるはず。

是非、当店をご利用ください。


先の見えない状況が続いておりますが、くれぐれもご自愛ください。

宜しくお願い致します。



* 臨時休業する際は、当ブログでお知らせ致します。



10 3月

リバサイ ホリデーライド @飯能 開催のお知らせ


いよいよ暖かくなってまいりましたので、久々に遠出をして走りに行きます。

行き先は飯能スタートで、周辺の山々。

春の自然や空気を堪能しに行きましょう。


開催日: 3月29日(日)

集合場所・時間:  西武池袋線 飯能駅   8時50分頃

解散場所・時間:  同駅  16時頃

* 解散後は希望者のみ参加で、飯能駅近くで反省会を開催予定。


リバサイ ホリデーライド @飯能は延期となりました。新しい日程が決まりましたらお知らせしますので、しばらくお待ちください。



ライドに関するお知らせおよび注意事項は、以下の通りです。

・上記のイベントは、当店で自転車を御購入いただいていない方でも御参加可能です。自転車乗りのお仲間を増やす機会として御利用ください。
・ご都合に合わせて途中離脱は可能ですので、あらかじめお知らせください。
・使用自転車には制限を設けておりませんが、ほとんどの方がロードバイクで参加されます。
・当日の様子を撮影し、その画像をブログやSNSで使わせていただきます。顔出しに支障のある方はあらかじめお申し出ください。
・基本的に前日の18時の時点で降水確率が50%以上だった場合は、開催を中止します。申込されている皆様には、メールでお知らせします。
・ライドに参加される方は、必ずヘルメットを着用してください。
・パンクなどに備えた補修部品や工具は、各自でお持ちください。
・自転車保険に加入されていない方は、基本的にご参加いただけません。保険をかけておらず、ライド中に事故に遭われた場合、当店は一切責任を負いませんので、何卒御了承ください。


参加を希望される方は、メールか電話でお申し込みください。

info@eastrivercycles.net

03-6676-3500(水曜定休)


ご参加、お待ちしております!



3 2月

VIVALO PALU で楽しんでください

イーストリバーのVIVALO PALUの試乗車は、すっかり店主のライドの相棒でもあるわけですが、サンデーモーニングライド等で活躍しています。


IMG_20190818_111532_129

IMG_20191117_083012

IMG_20191203_193837_194


年に数回は遠出して、ヒルクライムにも使用しています。

OI000719

写真 2019-05-04 13 46 51


この自転車、非常に乗っていて楽しいです。

その理由について考えてみたところ、いくつかの結論が出ました。



1.良質なクロモリチューブ
多くのフレームビルダーが製作に用いているECO STRONG LIGHT を採用している。

2.適度な剛性
44ミリヘッドチューブ・前後12ミリスルーアクスル・COLUMBUS社製のカーボンフォークといった現代的なディスクロードの仕様を取り入れながら、幅68ミリのスタンダードBBシェル・オーバーサイズのトップ/シート/ダウンチューブ(φ28.6&31.8)といった、必要以上の剛性を求めず、組み易さを優先した仕様になっている。
シリアスなレーサーには物足りないかもしれないが、ツーリングやブルベが主な使用用途であるホビーライダーにはちょうど良い、バランスの取れた快適性を実現している。

3.スタンダードなロードバイクのジオメトリー
700X25のタイヤの装着を標準とした、所謂スタンダードな「ロードバイク」のジオメトリーになっている。
試乗車については、店主の以前の愛車であったCIELO ROAD RACERのジオメトリーをお手本にしている。
そのジオメトリーに起因するシャープな走りを維持しながら、ディスクブレーキをを搭載しているので、実用性が高い。



イーストリバーサイクルズ でいつでも乗れますので、是非一度お試しいただきたいです。

COLUMBUS カーボンフォークを含むフレームセットで、270,000円(税別)になります。




先月、また1台PALUを納車させていただきました。

IMG_3295

IMG_3298

IMG_20200106_125228

オーナーのN様はロードで各地を旅されることを趣味になれているお客様。

これまではカーボン製のロードに乗っていましたが、より快適な乗り味のクロモリのディスクロードをご所望になられ、VIVALOを選んでいただきました。

誠にありがとうございます!



シンプルなグレーの単色塗装。

ヘッドは直付けのメッキエンブレム。

店名を目立つところに入れていただき、ありがとういございます。

IMG_20200106_125639

IMG_20200106_125645

IMG_3304



そのグレーに合わせてチョイスした、CHRIS KING のMATTE PUNCHカラーのパーツがかなり映えます。

IMG_20200106_125700

IMG_20200106_125619



フレームはもちろんですが、快適性のもう一つの大きな要因がCHRIS KING R45 DISCの手組みホイールです。

IMG_20200106_125548

IMG_20200106_125600

手組みホイールは超軽量ではありませんが、振動吸収性が高く、ロングライドにはぴったりの使い心地です。

何かあったときの修理もしやすい。

R45ハブは回転性能はもちろんですが、シンプルな設計でメンテナンス性が高く、ルックスも美しいですね。

VIVALOはもちろんですが、こちらも是非お試しいただきたいです。




IMG_20200112_082200_1

先日はモーニングライドに早速参加いただき、いっしょに走って楽しみました。

これからもVIVALOと長く付き合っていただけるとうれしい限りです。



12 1月

営業時間変更のお知らせ


日頃は当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。


閉店時間についてですが、1月14日(火)より当分の間、20時より19時に変更させていただきます。

ご不便をおかけするお客様もいらっしゃるかもしれませんが、何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。


尚、開店時間の11時は変更ありません。

また、19時以降のご来店を希望されるお客様については、あらかじめご予約いただければ延長営業致しますので、お申し出ください。



10 1月

最近、RPP WORKS で塗り替えた自転車

昨年紹介させてもらったフレームの補修・塗装工房、RPP WORKS。

IMG_3167

IMG_3165

IMG_20191008_110134

今年も当店を通じて、オーダーをお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。




昨年末にいくつかいただいた塗り替えのオーダーの仕上がりを紹介させていただきます。


塗装前

塗装後

IMG_3272

IMG_3279

IMG_3274

IMG_3282

BRUNO 700C SPEED TOURING DROP をベーシックカラーのメタリックシルバーに塗装して、提供させていただきました。

カラフルなカラーリングの現代的な自転車が、シンプルなクラシックバイクに生まれ変わりました。

BROOKSのサドルも映えますね。



塗装前

塗装後

IMG_3284

IMG_3286

IMG_3289

IMG_3292

前の職場で10年以上前に組ませていただいたORANGE SUBZERO というMTBフレーム。

当店がRPP WORKSのサービスを始めたことをブログを通じて知って、持ち主のA様が塗り替えを依頼してくださいました。

ベーシックのブラックに塗装して、鮮やかな赤のデカルをオリジナルをもとに再生しました。

古い自転車を新たな気持ちで乗り続けていただけそうです。



カーボンバイク等でも塗り替え可能ですので、何なりとご相談ください。

お待ちしております!



10 1月

昨年末のリバサイホリデーライド

昨年末に久々にお客様と房総を走ってまいりました。

房総といえば、昨年の秋に大きな台風の被害に遭った地域。

自転車を楽しむことはもちろんですが、少しでもお金を使い地域に貢献することが今回ライドの目的の一つではありました。

おかげさまで天気にめぐれまれ、楽しい一日になりました。


IMG_20191215_074948

IMG_20191215_082259

01

DSC_6300

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191215113212259_COVER

IMG_20191215_113237

IMG_20191215_121715

IMG_20191215_131532

IMG_20191215_134510

IMG_20191215_135935

06

IMG_20191215_150242

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191215152315360_COVER

08


走ったルートはコチラ

途中、一部の参加者の方のみ、養老渓谷から平沢ダムを経由するルートを走って、最後に合流しました。

北風の季節にはぴったりの、南下のみして輪行で帰る最高のルートです(笑)。


確かに、房総の名物である趣きのある林道や隧道(素掘りのトンネル)は通行止めが多かったです。

しかし、開通していた県道も信号がほとんどなく、適度なアップダウンを快適に楽しめました。

ところどころ樹木が倒れていたりブルーシートで覆われている住宅も見られましたが、ほとんど片付いていて、例年通り山は紅葉がきれいでした。


また、今回は参加者全員の自転車がVIVALOであったことも、大変うれしく感じました。

ありがとうございます。

DSC_6330




これを読んでくださっているサイクリストの方々も、この冬は比較的温暖な房総へ是非、足をお運びください。

DSC_6332

また、当店でも企画しますので、いっしょに走りましょう。



* 写真のいくつかは、参加者のS様とF様からお借りしました。ご協力いただきまして、ありがとうございます。



27 12月

年末・年始の営業


今年も当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

年末年始の営業についてですが、12月30日(月)〜1月4日(土) はお休みをいただきます。

修理等での年をまたいでの預かりも承りますので、ご用向きがございましたら、何なりとお声かけください。

宜しくお願い致します。