25 7月

クロモリの方も、そうでない方もCK R45の手組みホイール

今年の梅雨は雨が多く、自転車屋にとってはなかなか悩ましい日々が続きます(笑)。

今日も降ったり止んだりで、はっきりとしない天気。

早く過ぎ去ってくれることを願うばかりです。

それにしても気候変動については、一人一人が何かしなければならないと強く思う今日この頃。



相変わらず当店では、ロードホイールとしては手組みのものをお勧めしておりますが、お勧めする大きな理由の一つに「修理・メンテナンスをしながら長く使える」ということがあります。

ハブは手組みホイールの要のパーツになりますが、特にCHRIS KINGR45ハブは会社が存続する限り、大きな仕様変更はなく補修パーツ(ベアリング等)は供給され続けられますので、長期間に渡って使用することができます。

過度な軽さや回転性能を求めず、「永く快適に使える」を第一に考えるユーザーには、R45の手組みホイールはぴったりだと思います。



ちょっと前になりますが、VIVALO オーナーであるお二人に提供させていただいたR45の手組みホイールをご紹介。

IMG_3381

IMG_3384

IMG_3382

IMG_3385

IMG_20200223_115608

IMG_20200223_115520

お一人目のVIVALOオーナーのO様は、初期仕様のシマノハブの手組みホイールからのグレードアップ。

すでにヘッドパーツは先行して変えていたので、それに合わせてカラーはレッドで。

リムはDT SWISS RR411

DT SWISS 独自のSBWT(Strength Boost Welding Technology)溶接ジョイント製法が採用された最新モデルで、精度が非常に高いです。

チューブレスにも対応、リアはasymmetric(非対称)になっています。



IMG_20200223_180814

IMG_20200223_180826

IMG_20200224_113807

IMG_20200223_180925

IMG_20200224_113725

IMG_20200224_113846

もうお一人のH様は、某M社の完組みホイールを使っていましたが、調子が悪くなったので手組みホイールを新調。

あえてヘッドパーツとは違うマットスレートのカラーをチョイスされ、リムはH PLUS SONのARCHETYPEのポリッシュをと合わせました。

マットスレートはどんなカラーのパーツやフレームとも合うので、お勧めです。

ARCHETYPEは軽量性と強度のバランスが良く評価の高いものですが、なんと言ってもルックスがシャープで良い。



お二人とも主に長距離ツーリングやブルベで使用されており、ホイールの快適性と走行性能に大変満足していただいています。

特にH様は完組みホイールからの載せ替えなので、その性能差をかなり実感していただいている模様です。



用途によりますので、すべてのライダーに手組みホイールが合っているとは言えないかもしれませんが、レースではなく長距離を乗ることがメインの使い方なのであれば一度お試しいただいてもよろしいかと思います。

カーボンフレームに乗られているライダーにもお勧めです。

CHRIS KING R45の手組みホイールにご興味のあるお客様は是非お問い合わせください!



3 5月

tune のハブで手組みホイールを


ハブ、クイックリリース、ステム 等で知られるコンポーネントブランド、tuneの取り扱いを開始しました。



tune は1988年に Uli Fahl によってドイツ ミュンヘンで立ち上げられたブランドです。

これまでに軽量性・耐久性のバランスに優れた数々のパーツ類を開発してきました。

特に有名なのは世界的にスタンダードとなったチタンシャフトの軽量クイックリリース。

それ以外にもハブを得意としています。



今後イーストリバーサイクルズ では、ロード/シクロクロスのハブを中心にtune の販売をしていく予定です。

リムブレーキのフロントハブのモデル名はMIG、リアハブはMAG といいます。

IMG_3700

MIG スタンダード ¥22,800 セラミック ¥37,800

MAG スタンダード ¥46,600 セラミック ¥53,500 (20H/24H/28H)


ディスブレーキのフロントハブのモデル名はKINGkong、リアハブはKONG といいます。

KINGkong スタンダード ¥27,000 セラミック ¥44,900

KONG スタンダード ¥52,300 セラミック ¥58,900 (24H/28H/32H)

* 上記はすべて税別価格。
* MAGとKONGはシマノ/スラムとカンパの仕様選択可。
* 上記モデル以外に、12速用仕様(ENDURANCE)やストレートスポーク仕様(PRINCE SKYALINE)もラインナップ。


カラーはブラック・シルバー・レッド・オレンジ・グリーン・ネイビー・ゴールドの7色から選べます。


納期はオーダーしてから2ヶ月以内でくるので、かなりリーズナブル。

価格も上級グレードのハブとしては比較的抑えられているので、お求めやすいかと思います。

また、最近CHRIS KINGがカンパ仕様の生産をほぼ止めてしまったので、カンパで組まれるお客様にとっては選択肢として良いのでは。

長年世界中のサイクリストに愛され続けてきたことからわかるように、性能については実績があります。



先日、早速MIG&MAGのセラミック・カンパ仕様でオーダーをいただき、手組みホイールを組ませていただきました。

IMG_3627

IMG_3666

IMG_3675

IMG_3668

IMG_3680

IMG_3686

IMG_3690

リムはH PLUS SON の ARCHTYPE のヘアラインハードカラー。

頑強で高級感のあるリムで、おすすめです。

tuneのグリーンととてもよく合っています。

フレームが濃いブルーなので、クイックリリースはネイビーをチョィスしました。



このブログで何度も書いていますが、手組みホイールは多くのスポークで支えている分、完組みホイールの同価格帯のものと比較するとちょっと重いですが、非常に振動吸収性能が高く、長く乗っても疲れません。

また、修理や補修をしやすいので、遠出される方も安心してお使いいただけます。



ロードやシクロクロスの手組みホイールに興味のあるお客様は、是非お問い合わせください。

お待ちしております!



3 2月

VIVALO PALU で楽しんでください

イーストリバーのVIVALO PALUの試乗車は、すっかり店主のライドの相棒でもあるわけですが、サンデーモーニングライド等で活躍しています。


IMG_20190818_111532_129

IMG_20191117_083012

IMG_20191203_193837_194


年に数回は遠出して、ヒルクライムにも使用しています。

OI000719

写真 2019-05-04 13 46 51


この自転車、非常に乗っていて楽しいです。

その理由について考えてみたところ、いくつかの結論が出ました。



1.良質なクロモリチューブ
多くのフレームビルダーが製作に用いているECO STRONG LIGHT を採用している。

2.適度な剛性
44ミリヘッドチューブ・前後12ミリスルーアクスル・COLUMBUS社製のカーボンフォークといった現代的なディスクロードの仕様を取り入れながら、幅68ミリのスタンダードBBシェル・オーバーサイズのトップ/シート/ダウンチューブ(φ28.6&31.8)といった、必要以上の剛性を求めず、組み易さを優先した仕様になっている。
シリアスなレーサーには物足りないかもしれないが、ツーリングやブルベが主な使用用途であるホビーライダーにはちょうど良い、バランスの取れた快適性を実現している。

3.スタンダードなロードバイクのジオメトリー
700X25のタイヤの装着を標準とした、所謂スタンダードな「ロードバイク」のジオメトリーになっている。
試乗車については、店主の以前の愛車であったCIELO ROAD RACERのジオメトリーをお手本にしている。
そのジオメトリーに起因するシャープな走りを維持しながら、ディスクブレーキをを搭載しているので、実用性が高い。



イーストリバーサイクルズ でいつでも乗れますので、是非一度お試しいただきたいです。

COLUMBUS カーボンフォークを含むフレームセットで、270,000円(税別)になります。




先月、また1台PALUを納車させていただきました。

IMG_3295

IMG_3298

IMG_20200106_125228

オーナーのN様はロードで各地を旅されることを趣味になれているお客様。

これまではカーボン製のロードに乗っていましたが、より快適な乗り味のクロモリのディスクロードをご所望になられ、VIVALOを選んでいただきました。

誠にありがとうございます!



シンプルなグレーの単色塗装。

ヘッドは直付けのメッキエンブレム。

店名を目立つところに入れていただき、ありがとういございます。

IMG_20200106_125639

IMG_20200106_125645

IMG_3304



そのグレーに合わせてチョイスした、CHRIS KING のMATTE PUNCHカラーのパーツがかなり映えます。

IMG_20200106_125700

IMG_20200106_125619



フレームはもちろんですが、快適性のもう一つの大きな要因がCHRIS KING R45 DISCの手組みホイールです。

IMG_20200106_125548

IMG_20200106_125600

手組みホイールは超軽量ではありませんが、振動吸収性が高く、ロングライドにはぴったりの使い心地です。

何かあったときの修理もしやすい。

R45ハブは回転性能はもちろんですが、シンプルな設計でメンテナンス性が高く、ルックスも美しいですね。

VIVALOはもちろんですが、こちらも是非お試しいただきたいです。




IMG_20200112_082200_1

先日はモーニングライドに早速参加いただき、いっしょに走って楽しみました。

これからもVIVALOと長く付き合っていただけるとうれしい限りです。



19 11月

ラグレス&ノーマルサイズ VIVALO

ちょっと前のW様に引き続き、ラグレス&ノーマルサイズ(1インチヘッドチューブ)のVIVALOを提供させていただきました。

オーナーのU様も久々に自転車に乗られるとのことだったので、相談の上、軽量でロングライドに最適なこちらのタイプになりました。



IMG_20191020_114631

IMG_3200

IMG_3202



チューブはカイセイ4130R、フォークはワンバイエスのR101-SL。

ミズノのカーボンフォークを受け継いで生産されているもので、1インチのカーボンフォーク というと、まずこれになります。



IMG_3206

IMG_3212

フレット溶接のつるっとした接合部が、クロモリならではの美しさです。



IMG_3204

IMG_3207

IMG_3215

IMG_3210

IMG_3220

パーツについては独特のチョィスで、ギアは昔にお使いになっていたことがあるWレバー。

サドルはロングライダースに人気のSELLE ANATOMICA

クランクはシマノではなく、こだわりのSUGINO MIGHTY TOUR

ヘッドは定番のCHRIS KING です。



パーツに特にこだわりがなければ、ラグドでもラグレスでも、先ずはご自分の好みのルックスの自転車の画像をもとにご相談ください。

フレームの種類・サイズ・パーツ等については、こちらでお話しをうかがいながら、提案させていただきます。



IMG_3208

VIVALOのカスタムバイク、相談したり考えたりする過程も結構楽しいです。

ご興味のあるお客様は是非ご来店ください!



29 9月

何歳でVIVALOに乗り始めても遅いということはない

先日納車させていただいたW様は、最近お仕事で定年を向かえられ、定年後の趣味として自転車を選ばれました。

そして「どうせ乗るなら、フォルムがきれいで、乗り心地が良いクロモリがいい」ということで、色々調べた上で、VIVALOを選んでくださいました。

誠にありがとうございます!


IMG_3125

IMG_3129

IMG_3130

見た目はお若いのですが、それなりのお年を召されているW様なので、比較的ソフトな乗り味の1インチヘッドチューブの細身のフレームをおすすめしました。

さらに「軽い方が好ましい」というリクエストをいただいたので、相談の上、最終的にフィレットのカーボンフォークのVFRに決定。

つるっとした美しい仕上がりを大変喜んでいただきました。

IMG_3135

IMG_3141



パイプは焼き入れの処理がされていない、ホビーライダー向けのKAISEI4130R。

フォークは OnebyEsu の OBS-R101-SL。

かつてミズノで販売していた名作をOnebyEsuが引き継いだもので、1インチのロードカーボンフォークというと、これが定番です。

IMG_3155

IMG_3157



塗装はcinelliのアズーロに近いカラーの単色。

ヘッドの直付けのメッキエンブレムと合間って、派手過ぎず地味過ぎず、バランスの良くまとまりました。

IMG_3134

IMG_3140

IMG_3142



パーツは、色々悩まれた末に「せっかく組むなら」ということで、最終的にシマノULTEGRAとCHRIS KINGをチョイスされました。

ホイールは、DT SWISS RR411&R45です。

IMG_3145

IMG_3144

IMG_3149

IMG_3150

ツーリング用ロードとしては、最高のパーツ構成。

フレームのアズーロカラーとキングのネイビーのコンビネーションも良いですね。



VIVALOのブランド名の語源である、「Viva Velo」の文字を、W様の提案でトップチューブに入れていただきました。

IMG_20190924_123605_264



店の近くにお住まいなので、先日は早速当店のモーニングライドにも参加していただきました。

IMG_20190923_083417

これからも末永く自転車を楽しんでいただきたいと思います。



年齢に関係なく、これから自転車を始めようと考えていらっしゃるお客様には、競技が目的でなければクロモリロードは最良の選択肢の一つではないかと思います。

美しくて乗り心地の良い、VIVALOのクロモリロードはいかがでしょうか?

是非、ご検討ください!



18 5月

ERC  VIVALO 試乗車 2号機

IMG_20190503_141525のコピー

IMG_20190503_142928のコピー

IMG_2917


VIVALO PALU (フレームセット価格 w/ Columbus Carbon Fork 250,000円〜 税別)

試乗車サイズ: トップチューブ長(C-C ホリゾンタル換算) 535ミリ シートチューブ長 500ミリ

使用チューブ: ECO STRONG LIGHT



一昨年から販売を始めたディクブレーキロードのコンセプトモデル PALU。

コンセプトモデルというのは、ある程度こちらでジオメトリーや使用チューブを決めさせていただき、乗り味のコンセプトを含めてご提供させていただくといったモデルのことです。

コンセプトとは「ディスクブレーキの装着されたロードバイク」という、ごくシンプルなもの。

ディスクブレーキというのはあくまでも新しい制動力を高めるためのツールで、シャープなロードバイクならではの乗り味と、長く乗っても疲れないクロモリの良さをキープした自転車を目指しました。

一昨年から受注をスタート、最初はVIVALOライダーのマツド氏にデモ車に乗ってもらい、彼の意見や市場の動向などを反映させながら、ようやく仕様が固まりました。



IMG_2921

IMG_2923

IMG_2925

カラーは昔のイタリアンバイク風のオレンジ寄りの赤の単色。

ヘッドチューブのエンブレムは、最近よくオーダーいただくようになったメッキの直付けタイプ。

「PALU」は新しいロゴを制作致しました。

オーダー可能ですので、是非お見知り置きください。



IMG_2934

IMG_2935

IMG_2929

IMG_2930

パーツについては、アルテグラの油圧ブレーキ、ROTOR の昨年登場したスパイダーアームチェーンリング一体型モデル ALDHUCHRIS KING R45 DISC & VELOCITY AILERON の手組みホイールなどを採用しました。

車体ではなく、これらのパーツにご興味のあるお客様も、もちろん試乗可能ですのでお問い合わせください。

特にR45 DISC の手組みホイールについては、軽量性よりもロングツーリング向けの快適性を求められる方には最高の選択肢だと考えます。



組み上がった直後に、ちょうど当店のホリーデーライドで東秩父を訪れたので、そこでシェイクダウン走行をしてまいりました。

IMG_20190504_105527

IMG_20190504_114719

以前に乗っていたCIELO ROADRACER DISC と比較すると、リアの剛性がかなり高まり、上りの反応が良くなりました。

スルーアクスルに因るところも大きいかもしれません。

とにかく疲れず快適にライドを終えることができました。



1号機同様、試乗にはご予約は不要ですので、お時間のあるときにいらしてください。

ご希望に応じて、ペダルはこちらで交換致します。




IMG_20190504_112051

ディスクロードを検討されているお客様は、是非VIVALOも候補に入れていただけると幸いです。

宜しくお願い致します!



16 5月

ERC  VIVALO 試乗車 1号機

Untitled

Untitled

Untitled


VIVALO LUGGED ROAD (フレームセット価格 130,000円 税別〜)

試乗車サイズ: トップチューブ(C-C) 535ミリ  シートチューブ(C-T) 535ミリ

使用チューブ: ECO STRONG LIGHT



VIVALOの一番ベーシックな1インチヘッドチューブのラグドのロード。

開店当初からある試乗車を塗り替えて、パーツも組み直しました。

クラシックなソフトな外観ですが、「クロモリは柔らかい」という固定観念を打ち破る、しゃきっとした良質なクロモリの乗り味です。

熱処理が施されたチューブであるECO STRONG LIGHTが、その乗り味に大きく寄与していることは間違いありません。



Untitled

IMG_2939


メインコンポはCAMPAGNOLO POTENZA。

ホイールは、リムがVELOCITY A23のポリッシュ、ハブがTRADIZIONE CLASSICの手組みホイール。

シルバーで統一しました。

リムは店の在庫の20ホールと24ホールのものを使いましたが、ご提供する場合は28以上のものをおすすめしています。

ヘッドパーツは定番のCHRIS KING ですね。



Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled


塗装はメタリックなライトブルーで、ヘッドラグだけ少し薄くしてアクセントをつけました。

メッキフォークとメッキステーには、同色でラインを。

ロゴは旧タイプのものの抜き型。

店主が個人的に一番気に入っている字体です。




試乗については、特にご予約は必要ありませんので、ご都合のよろしいときにいらしてください。

ビンディングペダルで試されたい方は、シューズを履いてご自分の自転車でいらしていただければ、こちらでペダルを交換致します。




IMG_20190421_081655


是非、VIVALOの優秀なクロモリフレームの乗り味を体感されてください。

ご来店をお待ちしております!



13 4月

VIVALO & CHRIS KING

当店一押しのCHRIS KING R45 ハブ の手組みホイール。

IMG_1361

IMG_1351


当店で手組みホイールをお奨めする理由は、そのメンテナンス性と快適性です。

例えば旅先の事故でスポークが折れてしまった場合、何とか応急処置を施して走ることができるといった、修理のしやすさがあります。
専用のスポークが使われていたり、スポークの本数が少ない完組みのものだと、こうはいきません。

また、レーサー的な走り方に主眼が置かれた完組みホイールよりも、多くのスポークに支えられているなどの理由で少し重たいですが、振動吸収性が高く快適に走ることができます。


さらに、CHRIS KING のハブというのは、高い回転性能はもちろんですが、塗装も含め耐久性に優れています。

また、アーレンキーさえあれば簡単にばらせてクリーニングできたり、メーカーや国内代理店には常時スモールパーツが在庫されていたりと、長く使うことが前提で設計やサポート体制が確立されています。

レースで勝つことやとにかく新しい機材を使いことが主な目的であれば、数年ごとに完組ホイールを使い回すという選択肢はもちろん有りですが、良質なホイールをメンテナンスしながら長く使いたいということであれば、CHRIS KING のハブを使った手組みのものが一番だと思います、




だから、そんなフィロソフィーを持つCHRIS KING のパーツ とクロモリフレームは相性が良いのです。

VIVALOもまたしかり。

CHRIS KING が良く似合います。

IMG_2786

IMG_2792


先日、納車させていただいた I様のVIVALO VFR のクロモリフォーク仕様です。

本格的なロードは初めてに近いというキャリアではいらっしゃいますが、それほど若くもないので(失礼!)、ツーリングを楽しむのにより快適性が高く、ルックスも満足のいくものをご所望になられ、最終的にこちらの仕様になりました。

誠にありがとうございます!



IMG_2812

IMG_2798

IMG_2802

回転部分はすべてCHRIS KING。

正しい選択ですね(笑)

さらにこの鮮やかなブルーのVIVALOに、クリスキングのマンゴーというコンビネーションも正しいチョイスです。


IMG_2811

IMG_2808

もちろんULTEGRAの方が全体的に性能が良いし、さらにDURA ACEになると完璧ではありますが、105で十分なんですよね。普通のライダーは。

きちんと止まるし変速するし、長持ちするし。

新しいやつはレバーがコンパクトになって、使いやすいですよ。



楽しい自転車生活を末長くおくられたいということであれば、VIVALO+CHRIS KING という組み合わせ、とにかく最高です。

IMG_2788

ロードの購入を考えていらっしゃる方は、是非ご検討ください!



21 10月

手組みホイールやパーツの新調はいかが

しかし、10月に入ってから、雨が多い。

全然自転車に乗れず、週末のライドも中止が続いてます。

IMG_1630のコピー

自転車乗りはストレスがたまりますが、こんな時期はパーツのグレードアップの妄想でもしながらやり過ごしましょう(笑)




すでにCIELOが生産中止になったことはお知らせしましたが、当店のSPORTIFの在庫車を先日納車させていただきました。

IMG_1548

この日も雨でしたが(笑)。



パーツについては、ヘッドセット・ハブ・BBの回転部位については、CHRIS KINGを採用。

IMG_1541

IMG_1544

IMG_1555

IMG_1542

R45ハブ はVELOCITY A23 との定番の組み合わせ。

この組み合わせは、手組みにしてはかなり軽量に組めるので、お勧めです(A23 は片側で460g)。

ツーリング中心のバイクの使い方から、前後輪とも32Hで組ませていただきました。

手組みホイールらしい、振動吸収性の高い快適な乗り味は間違いなしです。



コンポーネントについては、この夏発売されたばかりのSHIMANO R8000 ULTEGRA を採用。

IMG_1551

IMG_1533

IMG_1553

リアディレイラーは、MTBには以前からあった、横に出っ張らないシャドータイプ。

輸送や転倒などのトラブルには強いのはもちろんのこと、ワイドなスプロケットの相性もより良くなりました。

クランクは軽量かつ合成もアップしましたが、見た目はゴツくなって、クロモリフレームとの相性は意見が別れるところ。

お値段はほぼ旧モデルと変わらず、かなり性能がアップしてます。



サドルは最近長距離ライダーに人気のSELLE ANATOMICA、ハンドルやステムはSIM WORKS by NITTOのものをチョイス。

IMG_1560

IMG_1562

IMG_1563

アップライトなポジションを最初から予定されている方は、こちらのANNA LEE STEMがお勧めです。

フレット仕上げで見た目がすっきりして、美しいですね。

八の字形状のWILD HONEY BAR は、慣れるとリラックスポジションが取りやすくなります。




冬の間にこんな感じのパーツでグレードアップされてはいかがでしょうか?

IMG_20161218_105304

冬のライドも空気が澄んでいて、いいですね。

雨、止んでくれ(涙)



29 7月

クリスキングの手組みホイール、あらためていいね!

最近はシーズンなので、山に行ったりする機会も多いです。

IMG_20170723_112007

当店ではレースよりもツーリングをする機会がほとんどですが、バイクについていうと軽量であるよりも、快適性・フレームの丈夫さなどが重要です。

ホイールについては、軽量であるよりも、丈夫さプラス壊れた時のメンテナンスのしやすさが重要になります。


メンテナンスしやすさでいうと、やはり大手メーカーの完組ホイールではなく、手組みホイール。

もちろんホイール組みに関する知識や工具がないと難しいですが、それらがあるのなら、メーカー品のように専用補修部品や専用工具が必要ではないので、山中でトラブルがあっても何とかなるでしょう。

グループライドの際にサイクルショップのスタッフが一人いれば問題ありません。



その手組みホイールの中でもオススメなのは、もちろんCHRIS KING R45 ハブを使って組んだもの。

ck-hub-colors-650-05
*写真中のピューターグレー・ピンク・ゴールドは生産中止。


これまで多くのお客様にご依頼いただき組んできましたが、ルックスの美しさはもちろん、精度の高さ・メンテナンス性など多くの面で高い評価をいただいております。




最近も一本手組みのオーダーをいただき、ご提供させていただきました。

IMG_1350

IMG_1353

IMG_1351

レッドはどんな自転車にも合ってしまう定番カラー。

ゴージャスでポップな雰囲気が、クリスキングらしいです。



今回はリムにDT SWISS の新作、RR411を採用しました。

IMG_1358

IMG_1361

R411は独自の加工方法で製作され真円に近い形状となっており、より剛性が高く、かつ軽量で精度の高いリムとなっています。

専用のアルミニップルが付属しています。



クイックリリースは固定力に定評のあるDT SWISSのRWS。

IMG_1357

リアが130ミリのものは、最近ではチタン製のものだけになったようです。




2018年モデルからは、ピューターグレー・ピンク・ゴールドのカラーがラインナップから消えて、代わりにマットスレート(マットグレー)とマットジェット(マットブラック)のつや消しの2色が追加になりました。

r45_rear_slate

jet_hub_stand_in

当店にはヘッドセットのみ入荷しておりますが、これらもCHRIS KING らしい美しい仕上がりです。

どんなカラーのバイクにも合うと思いますので、R45のホイール、是非ご検討ください。