8 12月

ATT-Bikepacking in Kamogawa に参加してきました

ちょっと前になりますが、お休みをいただいて「ATT(All-Terrain Times)-Bikepacking in kamogwa」というバイクパッキングのイベントに参加してきました。


IMG_20181027_093837

IMG_20181027_104843

IMG_20181027_105924

IMG_20181027_112724

IMG_20181027_114942

IMG_20181027_123252

IMG_20181027_130403

IMG_20181027_164938

44941823_1823797611052727_4452430946079080448_o

44983306_1823797451052743_4456153432889229312_o

44974681_1823798131052675_4437200450881585152_o

IMG_20181028_060745

45027270_1823793511053137_7133520068213735424_o



イベントの概要については、ウェブの記事ではありますが、コチラをご覧ください。

バイクパッキングのイベントということで、はっきりとしたイメージが浮かばないまま(新しいジャンルなので当たり前ですが)参加しましたが、想像以上の感動がありました。

「自転車に乗ること」と「泊まること」が、主催者の根本”MATUDO”了慈氏のアイデアにより、うまく融合していていたからだと思います。

テントサイトとして特別に解放された棚田の非日常的なロケーションも、地元の食材を使ったジビエ料理のパーティーも参加者は大満足だったのではないでしょうか(写真は主に棚田の管理人&古民家のオーナーである林良樹さんのものを拝借しました。ありがとうございます)。


参加者は仲間内だけでなく、多種多様なジャンルや年齢層の方々が集まりました。

こうした方々が、ATTの種をたくさんの方々にまいてくださることでしょう。


興味のある方は、イーストリーバー店主に色々聞いてください。

来年は是非、いっしょに出ましょう!



9 10月

シクロクロスをよりオフロード仕様に

先日、お知らせしたバイクパッキングのイベントATT-BIKEPACKING

42465263_164440704480645_5057722100148600832_n

今回はこのイベントにぴったりのギアをご紹介。



IMG_2296

こちらの車体は、以前に製作・組み付けをさせていただいたK様のVIVALO VFCX DISC。

よりMTBに近い乗り方にシフトしてきたということで、パーツ交換のご依頼をいただきました。



IMG_2298

IMG_2306

SHIMANO ST-R8020 & BR-RS785


これから定番になるであろうアルテグラの油圧レバー(シフトはメカニカル)。

フレームがディスクCXの初期型なので、フラットマウントではなくポストマウントの油圧ブレーキです。

メカニカルのブレーキと比較すると、やはり格段に制動力が向上。

オフロードの下りはやはりこれでないと。




IMG_2299

SHIMANO RD-RX805-GS     ¥10,911 税別       

WOLF TOOTH ROADLINK DM     ¥3,958 税別


RD-RX805-GSはシマノ のロードコンポーネント初のスタビライザー付きリアディレーラー。

MTBのRDでは付いているのが普通ですが、要は振動した時にチェーンが激しく暴れないようにする機能です。

これによってオフロードでの変速機能の低下やチェーン落ちなどを防ぐことができます。

さらにRDの一部を、WOLF TOOTHというチェーンリング等で有名なアメリカのメーカーから出ているロードリンクDMというパーツに交換。

これでより大きいギアに対応することができるようになります。


IMG_2302

K様が今回採用したカセットはシマノ CS-M7000の42T。

MTBコンポですが、CX車でもこれが使うことが可能になります。



シクロクロスの自転車はレースに使うだけじゃなくて、それで砂利道やグラベル中心のライドを楽しむというライダーも、徐々に増えてきている模様。

よろしければ、早速改造を施していただいてATTへご参加ください!



25 9月

ATT Bikepacking in Kamogawa に参加します!

「バイクパッキング」というと、自転車に大型のバッグを装着して、日帰りツーリングやキャンプツーリングに出かける遊び方。

ここ数年で注目を集めていますね。


ちょっと前までは自転車旅といえば、キャリアー&パニアバッグが定番でしたが、大型のサドルバッグ・フレームバッグ・フロントバッグの選択肢が増えたおかげで、ロードバイクなどキャリアーの取付穴のない自転車でも、泊りがけの長距離ツーリングを楽しむライダーが増えてきました。

34234262726_dd0c276d18_z

イーストリバー店主も、昨年から日帰りツーリングはこのスタイル。

なかなか時間が無くて、キャンプライドなどは実現できておりませんが、ゆくゆくは是非試してみたいところ。



私と同じように考えている、バイク乗りの方は多いのではないでしょうか?



来月、そんな方々にぴったりのバイクパッキングのイベントが開催されます。

42465263_164440704480645_5057722100148600832_n

「ALL-Terrain Times(ATT) Bikepacking in Kamogawa」


当店もライドでよく訪れる鴨川エリア。

山と海が近く、まるで箱庭のような独特な変化に富んだ地形は、自転車乗りにとっては大変魅力的です。


ATTでは、イベント当日配布されるマップをもとに、設置された多数のチェックポイントを巡ります。

そしてキャンプ用品や着替えなどの装備は、全て自転車に装着されたバッグに入れて走るのが基本的なルールとなります。

37971449192_829570974d_z

最後には、そのポイントの合計で順位が決まって表彰されたりする、一応「競技」(?)です。


夕方から早朝までは、ウェイティングタイム。

ウェイティングタイムには走ってはいけないルールなので、キャンプをしたりして一泊します。

泊まる場所は、鴨川の内陸に位置する、とある棚田の周辺。

42206663_1774386519327170_6691379556189732864_n

普段はキャンプができるような場所ではないのですが、今回特別に開放してもらえることになったそうです。


食材の持ち込みはOK。

有料にはなりますが、地元ならではのジビエ料理(予約要)やクラフトビールもいただけるとのこと。

34144238391_eeebce17a1_z

かなり楽しそうですよね?


翌日の早朝は、走って美しい日の出が拝めるかも!



詳しくはコチラのホームページをご覧ください。



イーストリバーサイクルズ店主は、「On road」のクラスにロードバイクで参加する予定。

「Directly」なんていう、キャンプがメインのクラスもありますから、バイクパッキング初心者の方も気軽に参加できるのでは?




EP5J1891

秋もATTで一緒に自転車を楽しみましょう!

宜しくお願いします!