28 11月

年内にCK の手組みホイールはいかがですか?

10月にオレゴン州ポートランドに行ってまいりましたが、そのレポートをなかなかできておりません。

年内には何回か書きたいと考えておりますので、いましばらくお待ちください。

IMG_7929


その際には 郊外にあるCHRIS KING の工場を訪問してまいりました。

製品同様、サスティナブルな思想に裏打ちされた生産体制が見事な現場でありましたが、これも近いうちにもう少し詳しく。

IMG_5042

L9538541



そんなCHRIS KING R45 ハブの手組みホイールの御依頼をぼちぼちいただいております。

IMG_7861

IMG_7875

IMG_7858


IMG_7912

IMG_7917

IMG_7919

CHRIS KING R45 ロードハブ

スチールベアリング前後 シマノ ¥85,000  カンパ ¥89,500
セラミックベアリング前後 シマノ ¥105,000  カンパ ¥110,000 すべて税抜

カラー: ブラック、シルバー、ネイビー、レッド、ピューター、ピンク、ゴールド、マンゴー、ターコイズ 全9色


今シーズンから、以前限定色で販売されていたターコイズが通常のラインナップに加わりました(そのかわりにグリーンがラインナップから消えました)。


早速、当店の在庫フレームのSPORTIF RACER TURQUOISE EDITION で組んでくださったS様より、遭わせてホイール組みの御依頼をいただきました。

IMG_8248

IMG_8250

IMG_8252

IMG_8255

IMG_8245


クイックリリースは固定力に定評がありカラーが選べる、定番のSALSA FLIP-OFFS をチョィス。

IMG_8257


お値段はスチールベアリングのものをアルミリムで組んで、だいたい15万といったところでしょうか。




ポートランド滞在時にFOREST PARK という未舗装路が延々と続くルートを走りました。

IMG_20151005_105828

IMG_20151005_115533

このときは最初某メーカーの完組みホイールで走っていたのですが(フレームはクロモリ)、やはり硬い乗り味が影響したのか、腰が痛くなりました。

ところが手組みホイールの自転車に乗り換えたところ(同じくフレームはクロモリ)、ぴたっと痛みがなくなったのです。

フレームの違いはあるとは思いますが、それにしても明らかな違いに、完組みホイールと手組みホイールの性能差を実感した次第です。


やはりきれいな舗装路を高速で走るには硬くて軽量な完組みホイールの方が優れていますが、色々な状況の路面を快適に走るには手組みホイールの方が優れているという場合が多々あると思います。



ERC_kominka-53

CHRIS KING R45 ハブ の手組みホイール、お奨めです。

ホイールのグレードアップを検討されているお客様は、是非候補に加えていただけると幸いです!



3 11月

ポートランドに行ってまいりました!  その1

約一か月振りにブログを書いておりますが、みなさまお元気にお過ごしでしょうか?

こんなに間が空くと心配してくださるお客様もいらっしゃって、わざわざ店主が生きているかどうか確認に店に来ていただいたりして、本当にありがたい限りです。



9月末に告知しました通り、店主は10月の頭にアメリカ合衆国オレゴン州のポートランドに行っておりまして、10日程店を留守にしておりました。

IMG_8145

これもありがたいことなのですが、帰国後は渡航前に御依頼いただいていた作業がたまっており、それと日常の業務をこなしているうちに10月は過ぎ去ってしまいました(バイクロアの業務もございまして。これもありがたい限り)。

11月に入り落ち着いてまいりましたので、ポートランド滞在の報告を少しずつさせていただきたいと考えております。



ところで、このブログを読んでくださっているみなさんは、ポートランドについて御存知でしょうか?

サンフランシスコやニューヨークを知らない方はいないですが、ポートランドというと名前くらいは聞いたことがあるけど特に何が有名かまでは知らない、という方が結構な割合でいらっしゃるのでは(ということが帰国前後に色々な方と話しているうちにわかりました)。

端的に言うと、「地産地消」や「DIY」やといったアイデアを基に、自然に寄り添って人々が生活し、それを気に入った他の地域のセンスの良い人々が集まってきて発展してきたアメリカ西海岸の都市です。

portland-map

最近では「全米で一番住みたい街」No.1 に常に選ばれることで有名。

人口はだいたい千葉県船橋市といっしょくらいです。


街には少なくない数のコーヒーのロースター、ビールの醸造所、木工・革・プリントなどの工房、地元の食材を使ったレストランやスーパーマーケットが点在し、郊外にはNIKE やCOLUMBIA の本社があります。

IMG_20151006_105943

IMG_20151003_170610

IMG_20150930_143331

IMG_4993

IMG_20151002_144020

そのどれもが決して規模は大きくなく、提供している商品も安くはないですが、作る過程だけでなくや流通にまでこだわったものが多いです。

当然クオリティについては推して知るべし。

こういったところをめぐるだけでも、かなり楽しい。


自転車については、かのCHRIS KING が本社を構え、多くのフレームビルダーの工房があります。

一時期よりはビルダーの数は減ったようですが、未だに「ハンドメイドバイクの聖地」と言えるでしょう。

L9538538

IMG_20151002_173401

IMG_20151002_211438


自転車は都市交通政策の一部と重要な役割を果たしているので、インフラがかなり充実しています。

多くの人々が自転車を移動手段として使い、それに伴って多様なスタイルの自転車店が街には見られます。

ERC pdx - 10

ERC pdx - 8

IMG_20151006_162149

IMG_20151006_114320

IMG_20151005_153348



今年は雑誌のPOPEYEに特集されたことがあったり、自転車業界でも尖がったお店や問屋は早くから目をつけて何度も通われたりしているので、商売のネタになるような目新しいものは特にないことはわかっていたのですが、ハンドメイドのバイクをウリにしている当店としては一度は訪れておくべき場所として、ずっと頭の中にはありました。


そんな折り、以前に当店で展示・試乗会をやったことがあるHELAVNA CYCLES のキヌガワ氏より、むこうの「HANDMADE BIKE&BEER FESTIVAL」というショーに出展するから手伝いも頼みたいし一緒に行かないか、とのお誘いをいただき今回のポートランド行きを決めたわけです。

IMG_20151002_110701

IMG_20151004_130711

結論としては、とっても良い経験をさせてもらいました。

キヌガワ氏にはとても感謝しています。



まとまりがなくなりそうなので、「その1」はここまで。

また、ポートランドについてはしつこく書きますので(笑)、よろしかったらお付き合いください。

もちろん、店に来ていただければ、店主が何時間でも(?)語りますよ!



IMG_20151001_143714

観光名所のThe Steel Bridge と店主。

名所といえばこの橋が最大の観光名所だったりするので、それらしいところは(例えばエンパイヤステートビルやタージマハールや清水寺のような)何もなかったりするのですが、街中を自転車でめぐったり現地の人と会って話したりすると、ジワジワとその凄さがしみてくるような街です。

この写真はまだ滞在2日目なので、「店を閉めて見聞を広めに来てみたが、ここ大丈夫か?」的な複雑な表情をしています(笑)


2 8月

Cielo Road Racer 、やっぱり最高ですね!

先月来日されたChris King さん。

jt

会社の歴史や製作について、興味深い話しを多く聞かせてくださったのも記憶に新しいところ。

簡単なレポートについてはコチラを御覧ください。

あれ以来、私には Cielo Chris King というブランドがさらに身近なものになりました。




Cieloの現ラインナップ中のフラッグシップ・モデルといえば、何といってもRaad Racer

そんな憧れの一台を先日、納車させていただきました。

IMG_7556

IMG_7567

Cielo Road Racer

フレームセット価格 ¥317,000 税抜(同色ペイントのENVEフォーク、ChrisKing Inset8 ヘッドセット付属)


オーナーは長いお付き合いのT様。

有名メーカーのカーボンバイクを3台乗りこんだ末に辿り着いた、念願のスチールバイクです。

誠にありがとうございます!


スチール特有の振動吸収性と剛性を併せ持った優れたロードフレームであるRoad Racer

シンプルですが魅力的なフォルムが、新しい時代のスチールバイクをいった趣です。

IMG_7561


ヘッドチューブは44mm の大口径で、Chris King のInset8 のヘッドセットが対応しています。

IMG_7560

BB はPressFit BB30 。

Chris King からはシマノ対応のBBが出ていますが、今回はカンパ組みなのでカンパの純正のカップを装着。

IMG_7564



同じCieloでもSportif のタイプに新しいカンパの4アームのクランクを取り付けるのはどうかと感じていましたが、Road Racer だと結構違和感ありません。

IMG_7565

ブラックのフレームとCHORUSのカーボン柄が見事にマッチしています。

IMG_7558




カラーは下の7パターンからお選びいただけます。

2014_racer_colors11


T様のようにカーボンバイクに乗ってはいるけど「いつかはスチールを」とお考えのお客様には、クラシック過ぎないこんなスチールフレームはいかがでしょうか?

カーボンフレームについているパーツもそのまま使っても違和感ないでしょうし。


cielo_road_racer_1

cielo_roadracer_azul_full

cielo_roadracer_chartreuse_full

お問い合わせ、お待ちしております!

4 6月

Cielo のSportif が入荷しました

先日、興味深いお話しを聞かせてくださったクリス・キングさんとマネージャーでフレームビルダーのジェイ・シシップさん。

IMG_3425

まだ記憶も新しいところで、CIELO のフレームセットが入荷してまいりました。



IMG_7317

IMG_7323

IMG_7325

CIELO SPORTIF フレームセット

53サイズ(トップチューブ長 540ミリ C-C)  ブルー


昨年度からラインナップががらっと変わり、クラシックなテイストを残したモデルがCROSS CLASSIC とこのSPORTIF のみとなってしまいました。

700X35くらいの太いタイヤも履きたい方はカンチブレーキ仕様のCROSS CLASSIC、オンロードでロード的な乗り方をされたい方はこちらのSPORTIF をお選びください。

ブレーキはロングアーチのキャリパーになります。

フェンダーを装着して、700X28までのタイヤが装着可能。


先日のセミナーでシシップさんがCIELOについて、より長く快適に使える素材としてスチールフレームにこだわっていることや、自分たちが憧れたイタリアンのフレームのテイストを残しつつより現代的なフレームを製作することが当初のコンセプトだったというような話しをされてました。

IMG_3418

SPORTIF は、そんなCIELO の最もベーシックなモデルといえるかもしれません。


IMG_7337

IMG_7336

IMG_7332

IMG_7333

IMG_7328

美しい削りや塗装は、もちろんCHRIS KING の工場で行われています。



軽量なカーボンフレームもいいですが、お客様の乗り方によっては、カーボンよりもスチールの方が楽しく長く付き合えるのではないでしょうか?

特にロードレースをやらないのであれば、振動吸収性が高く快適なスチールの方がお勧めです。

また、この美しさはCIELOでしか得られないものです。



20100215-scan1772-69

御興味のあるお客様は、是非一度見にいらしてください。

試乗車もあります!



CIELO のホームページはコチラ

当店のCIELOの在庫状況はコチラ

当店で組んだCIELOの画像はコチラ

1 6月

CHRIS KING さんに会ってきました!

現在、今週末に愛知県で開催される「GOURMET CENTURY RIDE」に参加するため、CHRIS KING さんが来日されています。

gourmet-century-asuke-2015

これはお世話になっている人の結婚パーティーがあって参加できないんだよなあ。

残念!



そんな折、日曜日に開くというセミナーに誘っていただいたので、「これは行かねば」ということで店の開店を遅らせて(御迷惑をおかけしまして、すいません!)会場のBLUE LUGさんまで出かけてまいりました。

IMG_3413

セミナーは先ずCHRIS KING という会社の成り立ちについて、代表のCHRIS KING さん御本人から、様々なエピソードを交えながら。

ベアリングの入手や開発がとても困難だったことや、MTB登場前夜の西海岸の自転車シーンのことや、CIELO製作からコンポーネントの世界的な拡大に至るまで、レジェンドのお名前もいくつか登場して、興味深いお話しでした。

とても物静かな語り口が印象的でした。


IMG_3422

そして、その後はフレームビルダーであり、製造現場のトップであるジェイ・シシップさんから、CIELOのコンセプトについてやハブのメンテナンスに関する説明がありました。

とても気さくな方で、ジョークを交えながら細かい部分まで解説してくださいました。


IMG_3426

そして、お決まりの記念撮影。

Thank you for your cooperation!


クリス・キングさんが”I was a Hippie”という台詞を繰り返し口にされてましたが、今回行って一番良かったのはその点を再認識できたことです。

ただ単に安くて品質がそこそこのものを作ってたくさん売って金儲けするだけではなく、環境や地域への貢献を配慮しながら、長く使えて高い品質のものを自分の信念に基づいて作っていくこと。

それを永続的に続けていけるようにコミュニティを育成すること。

時代に合わせた表現方法や人を気持ち良くさせるようなデザインを心がけること。

身の丈をきちんと理解して、その大きさで商売をやること。

、等々。


うまく表現できませんが、そんなアイデアの数々が「ヒッピーカルチャー」ということではないかと思うのですが、「CHRIS KING のコンポーネントやCIELOのバイクには、そんな思想が一貫しているなあ」などと考えながら、日曜の昼下がり、急いで店に戻ったのでした。


SIM WORKS 他、主催者の皆さま、貴重な機会を与えてくださり、誠にありがとうございました!


10 1月

新年一発目は激シブのVIVALO ロードから

寒い!

お元気にお過ごしでしょうか?

__

遅ればせながら、東東京から明けましておめでとうございます。

今年もイーストリバーサイクルズを御愛顧の程、宜しくお願い致します!



新年一発目の投稿は、年末に納車させていただいた墨田区在住のシニアライダー H.I様のVIVALO ロードです。

IMG_6496

IMG_6498

IMG_6500


会社を定年退職されて、趣味であったロードバイクに乗れる時間が増えたので「せっかくならもっと良いものを」と、長年の夢であったクロモリロードの御購入を決意。
最初は某D社やC社のブランド品を検討されていましたが、ある方のアドバイスにより日本製のハンドメイドであるVIVALOの存在を知るに至ります。
当店には何度も足を運んでいただいて相談を重ね、このたびの製作に至りました。
誠にありがとうございます!


パイプはKAISEI4130Rのコンフォート仕様。

ヘッドはもちろんスレッドのクラシック・スタイルです。

IMG_6508

IMG_6518

こうくるとラグやフォークの肩のメッキ出しは、お約束ですね。


ベースのカラーのダークグリーンとゴールドの胴抜きとデカルも、昔からよく使われるスタンダードな組み合わせ。

IMG_6525

IMG_6509

IMG_6514

ダークグリーンは他のカラーと比較して、光の当たり方によって印象が随分変わるような気がします。

クロモリのバイクとは、とっても相性の良いカラーですね。



さらに今回はホイールをCHRIS・KING R45の手組みホイールで御用意させていただきました。

IMG_6520

IMG_6506

R45のカラーは2015年度の限定カラーであるアップルサワー。

フレームのダークグリーンと相まって、とても渋い仕上がりになりました。

リムはCDカラーのMAVIC OPEN PRO 。

何度もブログで書いていますが、手組みホイールとして性能面では最高の組み合わせの一つです。


他も定番のパーツでかためました。

IMG_6523

IMG_6516

IMG_6511

IMG_6512

色々な提案ができないかと考えますが、特別な御希望が無い限り、やはりクロモリロードのパーツというのは行き着くところに行き着いてしまいます。

やはりこのスタンダードなスタイルがかっこいい。



最近、世間ではシニアのライダーの方が増加しているようですが、初心者や久し振りにロードバイクに乗る競技志向でないシニアライダーには、心からクロモリのロードをお奨めします。

性能的には振動吸収性が高く体にやさしく、ルックスもすっきりとして落ち着いており、とても喜んでいただけると思います。 


さらにブランド品も良いですが、MADE in JAPAN のカスタムフレームであるVIVALO でしたらさらに言うことはありません。

お身体や乗り方に合わせてベテランの職人が製作するフレームは、既製品には無い乗り心地の良さを御提供差し上げることができます。



シニアの方もお若い方も、今年はVIVALOのロードで遊びませんか?

今から注文していただければ、3月の少し暖かくなる時期にはフレームが仕上がりますよ!


IMG_7341

今年もVIVALOを宜しくお願い致します!!


VIVALOのホームページはコチラ

だいたいのお値段 等、詳細についてはコチラを御覧ください。


7 12月

CHRIS KING R45 ハブ のホイール、やっぱりいいですね!

今年もこの時期になるとちょくちょくホイール交換の御依頼をいただきますが、その中でも問い合わせが多いのがやはり CHRIS KING R45 ハブを使った手組みホイールです。

7772616952_1cc2a294f7_b

7772614414_918e33ac1a_b


CHRIS KING R45 ROAD RACING HUB


Front:¥ 27,000 (税抜)
Rear:¥ 54,000 (税抜)
Rear for Campy:¥ 58,500 (税抜)

Ceramic Bearings-
Front:¥ 36,000 (税抜)
Rear:¥ 63,000 (税抜)
Rear for Campy:¥ 68,000 (税抜)

カラー:ブラック、シルバー、レッド、ネイビー、マンゴー、ピューター、ゴールド、グリーン、ピンク

それなりのお値段ですので、御成約にいたることは多くはないのですが、やはり自転車好きにとっては「一度は所有してみたい」という憧れのブランドです。


メーカーの完組みホイールは上位グレードのレース用ホイールが基準となっており、その設計コンセプトがトップダウンしてきますので、全体的に硬質な乗り味になります。
その点、手組みホイールは組み合わせや組み方の自由度が高いので、いろいろな乗り味を実現させることができます。

特にレースにはほとんど参加することはなく、ロングライドやポタリングがメインの乗り方になるライダーにとっては、完組みホイールにはあまりない快適性重視のホイールを組むことができるので、かなり魅力的。

それを世界有数の精度とデザインセンスを誇るCHRIS KING のハブで組めればいうことありません。

せっかくですから、ハブはCHRIS KING にされてみては?


下の写真は、当店で以前にVIVALOを組ませてもらったT様が、先日依頼してくださったR45ハブのホイール。

IMG_6409

IMG_6410

IMG_6413

IMG_6417

リムはMAVIC OPEN PRO のブラック、スポークはDT SWISS REVOLUTION のブラック。

クイックリリースは「シンプルなもので」というリクエストで、DIXNA スティックチタンハブクイックリリーズを選ばれました。

まだ乗りこまれてからの感想は聞いていませんが、きっと喜んでくださると思います。
これでガンガン、ロングを走っていただきたいものです。



お値段はアルミリムであれば、総額13万~17万円くらい(付属品含まず)で組めます。

御興味のある方は是非、お問い合わせください!


2012-Chris-King-campagnolo-hub-internals-comparison01-600x410

お待ちしております!

CHRIS KING のページはコチラ
SIM WORKS のCHRIS KING のページはコチラ