18 3月

CIELO ROAD RACER DISC 、そろそろ火がついてきたか?

イーストリバー店主が2015年の末から乗ってるCIELO ROAD RACER DISC

ERC RIDE春@三浦半島

日本では2014年から受注が開始されておりますが、その当時は一応ロード用のディスクブレーキは一部のメーカーから販売されていましたが、UCI(国際自転車競技連盟)が承認しないからメーカーは導入に及び腰だし、日本の一般ユーザーに至ってはロードのディスクブレーキというと、まだ「?」という感じでした。

あれから早や3年。

昨年からのグラベルロードの流行りがあったりして、ようやく日本でもディスクロードが一般的になってきました。

それに伴い、CIELO ROAD RACER というと、DISC の方へのお問い合わせが圧倒的に増えてまいりました。



「ロードバイクは絶対ディスクブレーキの方がよい!」ということはありませんが、やはり油圧のディスクは慣れると長い下りでは楽です。

欠点といえば、ハンドル周りが重たくなることでしょうか。

IMG_20170103_142217

でも、何より注目が集まっているポイントは、単純にかっこよくて乗ると楽しそうということだと思います。

だから「次にロードを買うなら、やはりディスクで」という方が増えているのではないでしょうか。



F様も、そんなCIELO ROAD RACER DISC に魅せられてしまったお一人。

初めてのロードとして、こちらの車種を選んでくださいました。

4か月程かかってしまいましたが、先月ようやく納車させていただきました。

誠にありがとうございます!

IMG_0787

IMG_0790

IMG_0793

CIELO ROAD RACER DISC w/ ENVE FORK

フレームセット価格 ¥332,000 +tax (CHRIS KING INSET7 HEADSETS 含む)

* 2017年4月に価格改定予定



カラーはシンプルなシルバーに、クリア・ブラックパネルという抜きのロゴを選ばれました。

IMG_0823

これならどんなパーツにも合わせやすいですね。

このシルバーベースの塗装は4月以降やらなくなってしまうようなので、興味のある方はお早目に。



初めてのロードということで、パーツについては基本的に105グレード。

油圧のレバーも価格がお手頃なST-RS505 を選ばれました。

IMG_0820

といっても、そこそこのお値段がしますが・・・。



その代わり、回転系はすべてCHRIS KING のレッドで統一!

IMG_0803

IMG_0812

IMG_0805


ホイール組みについては任せてくださったので、VELOCITY のディープなわりに軽量な高級リムAILERON とDT SWISS COMPETITION スポークの組み合わせで。

IMG_0826

「かっこよく仕上がった」とお褒めの言葉をいただきました。

乗り心地も振動吸収性抜群で、良いですよ!



さらにF様はステムもCIELO製のものに!

IMG_0799

IMG_0801

CIELO RACER STEM

¥39,000 +tax

* 2017年4月に価格改定予定


決して軽くはありませんが、堅牢なつくりのオリジナルステム。

フレームやCHRIS KINGパーツとカラーを合わせられるというのは、F様のようなパーツチョイスをされた方には、かなりうれしいのではないでしょうか?

特にキャップが映えますよね。



先述しましたとおり、2017年度はカラーが改定される予定です。

racer_logo_2016

シルバーのベースカラーや、ロゴだとTARTAN などは無くなるようなので、こちらが御所望のお客様はよろしければ3月中にオーダーいただけると幸いです。



cielo_road_racer_disc_3

ディスクロードはCIELO でいかがでしょうか?

宜しくお願いします!



24 2月

(急ではありますが)CIELO SPORTIF 御所望の方は今月中にどうぞ

開店して少ししてから、当店で取り扱いを開始しました CIELO by CHRIS KING

cielo_1

ここ数年でCHRIS KING さん御本人に何回かお目にかかったり、思いがけずPORTLANDの本社工場にうかがわせてもらったりしまして、店主のブランドに対する思い入れもより一層高まってまいりました。

これからもじっくり腰をすえて、販売していきたいと考えております。



CIELOのラインナップの中でも、ジオメトリーや細部は変化しつつも、取り扱いを始めた当初から基本的な形が変わらないのが、SPORTIFというモデル。

unnamed (1)

ヨーロッパの伝統的なスタイルを残しつつも、現代的なスペックと性能を持つ、「ネオ・クラシカル」なロードバイク。

24223619696_2307f73ff1_z

24141678652_55f711950d_z

美しい部位の削り出しは、もちろんCHRIS KING の自社工場で行ったもの。

CIELO の原型といもいえるモデルだと思います。



ただし、このモデル、その美しさゆえに非常に手かががっており、製造コストは他のモデルと比較しても群を抜いているそうです。

unnamed

22046347014_175675b482_z

22047969323_3f6f001560_z

22643099716_1eb3764004_z

KINGさんの意向で、何とか値段をおさえて提供してきましたが、昨今の原材料の価格高騰などの影響で、このたび大幅に(!)値上げされることになりました。



3月1日(水)受注分より

現定価 ¥280,000 → 新定価 ¥385,000 (税抜)


急ではありますが、SPORTIF の購入を検討されているお客様がいらっしゃいましたら、お早目にどうぞ。



また、当店に在庫が1本のみございます。

こちらは¥280,000 税抜で提供できますので、御検討ください。

IMG_7317

CIELO SPORTIF

サイズ:53

カラー:ブルー



ROAD RACER と比較すると、少しマイルドですが柔らかいわけではなく、踏むと気持ちよくウィップする良質なクロモリの乗り味です。

ツーリング好きにはぴったりの自転車だと思います。

cielo_riding-22

宜しくお願い致します!



30 1月

CIELO ROAD RACER DISC でいろんなところに行きましょう

不定期で開催しておりますサンデーモーニングライド「おはよう荒川」。

先日の日曜日も開店前にお客様と軽く走ってまいりました。

IMG_20170129_084924

その日は真冬のこの時期としては、北風も寒さも緩くて、大変快適に走ることができました。

帰りにはスカイツリー近くのカフェに寄って、贅沢な日曜の朝の一時を過ごしました。




ここ一年くらいはロードではCIELO ROAD RACER DISC に乗っています。

IMG_20170102_100818

IMG_20170103_143155

IMG_20161218_143539

ERC RIDE春@三浦半島

2015/12/06 ERC RIDE@秦野林道

2015/12/06 ERC RIDE@秦野林道

CIELO ROAD RACER DISC  フレームセット(ENVE フォーク、CHRIS KING INSET7 ヘッドセット込)

¥332,000 税抜


いっしょにいろいろなところに行ったので、最近はかなり愛着がわいてきました。


これの前に乗っていたCIELO SPORTIF RACER に比べると、かなり硬質で最初はとまどいましたが、その分踏むとよく進み、振動吸収性能が非常に高いので、慣れるとこの硬さが快感になってきます。

ジオメトリーもリアセンターが短め、BBドロップも少なめなので反応が良く、まさに「ロードレーサー」といった感じ。

しばらくカーボンバイクには乗っていませんが、おそらくカーボンとクロモリのいいとこ取りなのではないかと思います。



このROAD RACER DISC が初めて登場した2014年頃には、あまりお客様から話題に上ることが少なかったですが、ここにきて問い合わせが多くなってきたロードバイクのディスクブレーキ。

IMG_8351

IMG_8360

プロのロードレースに採用されることになりそうだったり、グラベル(未舗装路)を走るアドベンチャーライド的なものが流行ったりと、何かと注目度が上がっています。

大きなメーカーからも、ディスクブレーキ仕様のロードの完成車やフレームセットが多く発売されるようになりました。

使い始めた当初は正直「ロードにここまで必要かな」と思っていましたが、油圧のディスクブレーキはやはり慣れると楽です。

MTBの油圧ディスクほど「ガツン!」ときくわけではなく、ロードの制動状況に合わせた性能になっていますので、適度に省力化できます。

ロングライドされる方にはお奨めしたいですね。




今年はこいつとまた遠出したい!

IMG_20170104_095518

CHRIS KING 社製の逸品、みなさまもいかがでしょうか?



10 1月

冬期 フレームセット セール!

冬本番といった感じの気候になってまいりました。

IMG_20170102_075741

こんな時期には自転車関連もろもろが安くなるので、ねらい目です。

当店でも在庫フレームをセールしちゃいます!




8838180391_959abdfa26_z

8838187939_9d49e317d3_z

8838197125_b1ba55bf35_z

CIELO CROSS CLASSIC

グレー

サイズ 54(水平換算トップチューブ長555ミリ)

定価 ¥230,000 → 特別価格 ¥184,000 (税抜)


現在生産中止になってしまったCIELO CROSS CLASSIC。

さらに現在は設定のないグレー。

さらに(!)初期型にだけあったフォーク肩のロゴと内側のデザインがあるタイプになります。

シクロクロスのレースだけでなく、ツーリングなどにも使えるコンフォート系のモデルです。

新品ですがフォークのサイドに小さいキズがありますので、御興味のある方はお問い合わせください。

この価格でCIELOに乗れるなんて、サイズの合う方はかなりお買い得では?



22979464686_77861200f8_z

22587150797_e83f690f1c_z

23016589091_f92bc13a71_z

ALL-CITY MACHO MAN DISC

サイズ 46(水平換算トップチューブ長520ミリ)

定価 ¥83,000 → 特別価格 ¥70,550 (税抜)


アメリカミネソタ州ミネアポリスのアーバン系サイクリングブランド、ALL-CITY。

最近人気のディスク・シクロクロスを1本のみ特別価格で御提供します。

まだまだシクロシーズン真っ只中ですから、これを早々に組んでレースに出たりしてもいいかも。

ちなみに昨年からモデルチェンジしてませんので、お買い得です!



23802162354_a769c81eb9_z

24062557339_428f412a7b_z

24134746370_384f30c5aa_z

ALL-CITY MACHO MAN

サイズ 49(水平換算トップチューブ長535ミリ)

定価 ¥80,000 → 特別価格 ¥68,000 (税抜)


こちらはカンチブレーキ仕様。

ラフなボカシ塗装が独特ですね。

昨年から継続モデルなので、お買い得です!



img_0412

img_0413

img_0416

BRUNO 700C SPEED TOURING DROP フレームセット パーツ外し品

サイズ 52(水平換算トップチューブ長 540ミリ)

ハンドル・ステム・シートポスト・ブレーキ付属

特別価格 ¥30,000 (税抜)


BRUNO といえば「旅」をコンセプトにした自転車ブランドですが、それを基に設計されたBRUNO式ロードバイクがこちら。

700X28 のタイヤをはいてフルフェンダーを装着することができる、ツーリングや通勤にぴったりな一台です。

本来完成車でしか販売されていませんが、コンポとホイールのない状態で、特別価格での御提供になります!

ばらし品なので、よくよく見ると組み付け跡があります。何卒御了承ください。




とりあえず手に入れておいてじっくり組むのもよし、店に頼んですぐに完成車にしてもらい乗るのもよし。

IMG_20161218_120134

ウェブショップはコチラ

お待ちしております!



5 1月

年明けは伊豆からのスタート

IMG_20170103_074816

新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお付き合いください!



みなさまは楽しい正月休みを過ごされましたでしょうか?


私は諸事情により一人で関東方面にいることになったので、バイクロアの運営をいっしょにやっているmon_jyaくんが毎年企画している「伊豆合宿」に初めて参加してきました。

15590400_1446136865404031_1072963471796493572_n

合宿といっても特にいっしょにトレーニングするわけではなく、ノープラン。

主に自転車つながりの方々がゲストハウスに集まって、自転車に乗ったり飲んだくれたりして楽しもうという企画。



大晦日と正月はさすがに実家で過ごし、年明けの2日より参加。

今回は混雑をさけ、かつなるべく安く済むように、東海道線と駿豆線を乗り継いで修善寺まで輪行してスタートしました。

IMG_20170102_052213

IMG_20170102_073336

IMG_20170102_083234

旅のお供は、お客様のFさんとマイ・シエロ(Cielo Roadracer)。

Fさんはオートバイで訪れたことはあるそうですが、自転車では初めてとのこと。



一日目のルートは、県道18号~西伊豆スカイライン~松崎~下田。

IMG_20170102_102720

IMG_20170102_111913

IMG_20170102_105645

御覧の通りの晴天に恵まれ、絶景につぐ絶景。

西伊豆は交通の便が良くありませんが、その分手つかずの自然や文化が残されていて、素晴らしいエリアです。

スカイラインはいつもそうらしいですが、この日も風が非常に強く、時に身の危険を感じるくらいでした。

IMG_20170102_141045

IMG_20170102_150535

IMG_20170102_165125

松崎は古い建物が残る趣のある町。

ゆっくりしてしまったため、下田には日が暮れるぎりぎりに到着。



二日目は下田から南房総をぐるっと周遊。

といっても、上りは結構きつかったですが・・・。

IMG_20170103_112133

IMG_20170103_113406

IMG_20170103_112716

IMG_20170103_123251

IMG_20170103_134558

IMG_20170103_143155

この日も絶景の連続。

特に伊豆半島最南端の石廊崎は、大迫力でした。

古代から岬は神の象徴らしく、伊豆でも社だらけでしたが、ここは断崖絶壁と相まって神々しかったですね。

高所恐怖症の方にはお奨めしません。



最終日はやはり帰省の混雑を避けて、伊東まで自走し、伊東線~東海道線で東京まで戻りました。

IMG_20170104_085854

IMG_20170104_095518

IMG_20170104_102144

東伊豆の海岸沿いのメインの通りは、さすがに車が多く、ゆっくり風景を見ている余裕はありませんが、途中から入れる旧道は素晴らしいルートでした。

斜面にはみかん畑が広がり、伊豆らしい風景を見ることができます。

そこかしこに咲いているアロエの花もきれいでした。



というわけで、数日間伊豆を満喫してまいりましたので、これから伊豆方面に旅をする計画がある方はよろしければ御相談ください。

今年もいろんなところに行きたいですね。



IMG_20170104_124549

宜しくお願い致します!



19 12月

ERC RIDE 年末@房総、無事終了

IMG_20161218_122144

今年の絞めにお客様とライドに行ってまいりました。

場所は店主が大好きな南房総。

この日は暖かい気温にも恵まれ、快適なライドとなりました。

参加していただいたお客様、誠にありがとうございました!



スタートは浜金谷から。

JRでも東京湾フェリーでもアプローチが可能です。

IMG_20161218_092741

天気が良くてまぶしい!



IMG_20161218_105304

IMG_20161218_115215

IMG_20161218_121446

浜金谷から海岸に沿って南下して、久々に嶺岡林道を走りました。

この林道はきつい上りもありますが、基本的になだらかな尾根道が続く素晴らしいルート。

それほど絶景というところはありませんが、時折見渡せる海や里山の風景は大変美しいです。



昼は「酪農のさと」でかき揚げと五目ごはん。

それから濃厚なソフトクリーム(写真なし)。

IMG_20161218_125541

IMG_20161218_123335



折り返しは、県道89号線と農道を結んだ比較的ゆったりとしたルート。

そして岩井海水浴場へ。

IMG_20161218_143501

冬の海はサーファーが一組いただけで、波の音しか聞こえません。

雲の隙間から漏れる日差しが、幻想的できれいでした。



日が短いのでライドは3時半くらいであがり、絞めは浜金谷駅前で名物のアジフライ。

IMG_20161218_155600

揚げたてをおいしくいただいて、最後は特急さざなみで帰路につきました。



IMG_20161218_161958

駅から見えた東京湾に沈む夕日。



浜金谷はアプローチするまで快速だと、なんだかんだで2時間くらいかかってしまうのですが、それくらいかけてでも行く価値がある素晴らしいルートです。

千葉はとにかく南に行くほど、いいですね。

やはり都心だけを走るのではなく、輪行して車のほとんどいない道をロードで流す気持ちよさを、みなさんにも味わってほしい!



IMG_20161218_143539

またやりますので、是非御参加ください!



1 4月

ERC RIDE 春 @ 三浦半島 に行ってまいりました

ERC RIDE春@三浦半島

少し時間が経ってしまいましたが、先月の初めにERC RIDE で三浦半島に行ってまいりました。

まだまだ寒さが残る中、無理せず80キロ弱を楽しく走ってきました。




ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島

IMG_20160313_120358

ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島




逗子駅をスタートして、ぐるっと半島を一周。

海岸沿いだけでなく、林道や農道の走行も織り込んだ面白いコースでした。

収穫真っ盛りのキャベツ畑の風景、圧巻です!

昼食は城ケ島の「しぶき亭」でマグロカツ定食、おやつには関口牧場で特大ソフトクリームとグルメも充実。

店主は少々食わず嫌いの三浦半島でしたが、すっかり魅了されてまいりました。

都内からの距離も近くていいですよね。




最近の愛車であるCIELO ROAD RACER DISC も快調でした。

IMG_20160313_110336

いわゆる「クロモリらしさ」とは少し異なる乗り味ですが、適度にレーシーな味付けが気持ち良いバイク。

御興味のあるお客様は、いつでも店で試乗できますので、お申し出ください。




それから今回のライドで初めて、新しく取扱いを開始した7mesh のウェアを試しました。

ERC RIDE春@三浦半島

なかなか素晴らしい着心地と機能性。

こちらの詳しい紹介はまた後日!



6 3月

CIELO  旧モデルのコンパクトサイズのものなどがお買い得です

先日、アメリカのサクラメントでNAHBS(NORTH AMERICA HANNDOMADE BIKE SHOW)が開催されました。

nahbs2016400trans

今年も全米や世界各地から、フレームビルダーやパーツメーカーが集結し、大いに盛り上がったようです。


毎年、CHRIS KING とCIELO がこのショーで新作や新しい限定カラーを発表するので、自分も含めそれを楽しみにしている方は多いと思います。

今年は創立から40周年ということで、限定カラーとしてオリーブグリーンのものが発表された模様。

chris-king-olive-crate-green-40th-anniversary-color03-600x450

画像については、コチラを御覧ください。

グリーンが生産中止になりましたから、うれしい方も多いのでは。

価格や入荷時期、CIELOの限定カラーモデルが発売されるか否かについては未定です。




新ラインナップについては、もちろん注目していきたいのですが、それに伴い旧ラインナップで生産中止になってしまうモデルもあります。

それらのコンパクトサイズが、かなりお買い得な価格でお求めいただけるようになっていますので、紹介致します。

s_classic_01

s_classic_02jpg-640x360

s_classic_03-640x360

Sportif Classic Cielo Blue
¥230,000(税抜) | Frame & Sportif Fork
Size: W43, W47, W49
フェンダー装着時に700X28C のスリックタイヤ装着可能。ロングアーチのキャリパーブレーキ仕様。


CX_classic_01

CX_classic_02-640x360

CX_classic_03-640x360

Cross Classic Night Blue
¥230,000(税抜) | Frame & Canti Fork
Size: W44, W47, W49
700X33のブロックタイヤを装着可能。カンチブレーキ仕様。


2機種ともよりクラシックなスタイルを踏襲したCIELO らしいモデル。

ツーリング用途に重きを置いた、しっかり走るクロモリバイクです。

今回は旧価格でトップチューブがスローピングのコンパクトサイズ(身長が165センチ以下の方向け)のみの御提供になります。

カラーは今回のみの限定になります(シエロブルーは初期型のみに採用されてたカラーです)。

サイズについては、コチラのページで現行モデルであるSPORTIF のコンパクトサイズのジオメトリー表を参考にしてください。

ページを御覧いただくとわかりますが、SPORTIF はかなり値上がりしてしまいましたので、今回御紹介する旧モデルはかなりお買い得です。

御興味のある方は是非!



さらに通常サイズのもので、もう一機種。

98149376

98149376_o1

CX_racer_02-640x360

Cross Racer Teal Blue
¥270,000(税抜) | Frame, Enve Fork & InSet7
Size: Small, Medium

CROSS RACER は44ミリのヘッドチューブとENVEのカーボンフォークを採用した、本格的なレーシングモデル。

シクロクロスバイクのディスクブレーキ化が世界的趨勢になってきていることに伴い生産中止になったと思われますが、日本ではまだまだカンチブレーキが主流だし、メンテナンス性から考えてカンチで十分という声も多く聞きます。

これも旧価格、そして限定カラーでの御提供になりますから、かなりお買い得ですね。

サイズについては、コチラのページで現行のCROSS RACER DISC のジオメトリーを参考になさってください。



それぞれかなり少数のみの御提供になりますので、御興味のあるお客様はお早目にどうぞ!

7400559902_10b7108182_o

新しいモデルを待つのも良いけど、旧モデルも要注目。



12 1月

CIELO SPORTIF 、1台を旧価格で!

先日、御紹介しましたCIELO SPORTIF

IMG_8531

太いタイヤも装着できるマルチユースなロードバイク。

ネオクラシックなルックスも含め、他メーカーではなかなか無いタイプの自転車だと思います。



2016年に入って少し(?)値上がりしましたが、当店の店頭に1本だけございます。

こちらは旧価格で御提供しますので、サイズの合う方がいらっしゃいましたら、是非。

IMG_7317

IMG_7323

IMG_7325

CIELO SPORTIF フレームセット 

サイズ: 53 (水平換算トップチューブ長 540ミリ)

販売価格 ¥240,000 税抜 (現在の定価は¥280,000 税抜)


独特な落ち着いたブルーが美しい1台。

IMG_7328

IMG_7329

IMG_7336

IMG_7333

IMG_7332

IMG_7337


部材の切削は、もちろんCHRIS KING の工場で手作業で職人さんが行っています。

IMG_5034

IMG_5032

L9538538

特にクラッシックタイプのSPORTIF のようなフレームでは、この削りの技術の見事さが際立ちます。


適合身長は175センチ前後です。


IMG_1462

まだまだ寒いですが、春に間に合うようにいかがですか?

お待ちしております!




9 1月

マルチに使えるロードバイク CIELO SPORTIF  

昨年の終わりにCIELO SPORTIF を1台納車させていただきました。

IMG_8539

IMG_8541

IMG_8544

CIELO SPORTIF フレームセット    ¥280,000 税抜


オーナーは5年前の当店の開店当初にtokyobike sport を御購入いただいた、江東区在住のT様。

その後、主に通勤で自転車を大いに活用してくださり、今回、常々気になり続けていたCIELO に乗り換えていただくことになりました。

乗り換えを検討された時点で大手メーカーのカーボンロードを選ばずに、質実剛健なCIELO SPORTIF を選んでくださったところに、T様のセンスの良さを感じます。

誠にありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します!


カラーは特にCIELO のオイスターホワイトがお好きということと、最近スタンダードカラーとしてラインナップされたCHRIS KING のターコイズを使いたいという御希望があり、多くのカラーラインナップの中からブルーロゴのOYASTER2をチョイスされました。

2014_classic_colors_2

IMG_8561

IMG_8556


せっかくなら回転部分は、末永く使えるCHRIS KING のパーツでかためていただきました。

IMG_8547

IMG_8551

IMG_8554

IMG_8555

オイスターホワイトにCHRIS KING のターコイズカラーが、かなり映えます。

この組み合わせはCLASSIC COLORのベストコンビネーションのひとつですね。


ホイールは少しディープなDT SWISS RR585 のリムとCOMPETITION のスポークで組みました。

通勤が主な用途ということで、比較的強度重視の組み合わせです。

IMG_8549

タイヤは定番のCONTINENTAL GRANPRIX 4SEASON 700 X25 で安定感抜群。


そして、コンポはあえて高級なコンポは使用せずほとんどがシマノ 105。

SPORTIF のブレーキはロングアーチのものを使用しなければならないのですが、あまり選択肢がないのでTRP RG957 を採用しました。

これ、かなり制動力高くてお奨めです。

IMG_8567


ハンドル・ステム・シートポストは、スチールフレームと相性の良いSIM WORKS by NITTO のものを。

IMG_8568

ハンドルは新しく発売された MARCELLA BAR。

コンパクトなラウンド形状が主流のドロップバーですが、あえてアナトミックというのがかっこいいかと。

IMG_8572



今年からSPORTIFのようなクラシックタイプのフレーム にも、RACER COLOR のデザインの塗装が可能になりました。

2014_racer_colors11



通勤バイクというとかなり贅沢ですが、SPORTIF は週末はロングライドにも使える太いタイヤも装着可能なマルチな自転車です。

ルックスもクラシックだけど現代的で、これこそCIELO といった趣。

L9538513

こんな自転車いかがでしょうか?