4 8月

GROWTAC EQUAL メカニカルディスクブレーキ


GROWTACは自転車関連の製品の開発・販売をしている東京大田区のメーカーです。

過去にとある用事で一度大森の事務所にうかがったことがあるのですが、メーカーというよりも研究所といった雰囲気で、ぴりっとした空気が漂っていたことを記憶しております。


そのときに社長さんが力強くお話しされていた「レースシーンの使用にも耐えうるメカニカルディスクブレーキ」が、最近発売されました。


GROWTAC EQUAL メカニカルディスクブレーキ キャリパー

前後セット(専用ケーブル・アダプター・取付ボルト付属)

カラー:グレー・レッド・ブルー・ゴールド・ピンク

¥33,220



先日ブログに書きましたが、イーストリバー店主はOMM白馬に参加するにあたり新たに組んだOne by ESU JFF #701Dに、早速このEQUAL メカニカルディスクブレーキキャリパーを装着しました。

油圧系のシマノパーツの供給が滞っており困っていましたが、ふとこのキャリパーのことが頭をよぎり、試してみたいと考えたわけです。

1

2

3

結論から言うと「よく効く!」です。

もちろん以前から知っているメカニカルディスクのタッチなのですが、よく完成車に装着されているメカニカルとは全然別物と言っていいでしょう。

白馬の道の急な下りでも、少しも不安になることはありませんでした。



「なぜ効くのか?」の理由についてですが、わかりやすいところで言うと、ケーブルが専用になっています。

IMG_1285

IMG_1287

付属の専用アウターケーブルはソフトとハードの二種類あって、ドロップハンドルに沿わせて曲げなければならない部分はソフトを、それより下方部分はハードを使い、それらはコネクターによって連結されます。

市場に出回っているメカニカルディスクブレーキは、ケーブルワイヤーでレバーを握った力の3割近くをロスしているとのこと。

そのデメリットを解消しています。



それ以外のEQUAL メカニカルディスクブレーキの特徴や開発に関する諸事については、私がここで解説するまでもなく、メーカーのホームページにかなり詳しく記載されていますので、参照ください。

簡易版(十分詳しいですが笑)はコチラ、詳細版がコチラ

お時間のある方は、詳細版を是非。

GROWTACさんにうかがったとき私が持った「研究所」という印象は、間違いではなかったようです。


詳細版の中で「作りたいモノは、”良い機械式ディスクブレーキ”ではありません。自分のスタイル、自分の楽しみにあったブレーキシステムを”選択する自由”を作りたいのです。」という一節にはぐっときました。

ロードやシクロクロスはディスクブレーキがほぼ主流になっています。

しかし、すべてがトレンドや大手メーカーの意向に流されてしまうのではなく、EQUALのブレーキキャリパーによって、手持ちのパーツをこれまで通り愛着を持って使い続けられることができれば、これほど理想的な自転車ライフはないのではないでしょうか。



IMG_1266

当店の試乗車でいつでもお試しいただけますので、興味がありましたらご来店ください。

常時追加生産はしているようですが、メーカー在庫は少なめな状態が続いていますので、注文はお早目にどうぞ。

よろしくお願い致します!



30 7月

OBS #701D 試乗車 組みました

先日アップしたOMMについての投稿の中にもチラチラ出ていましたが、OMM参加に合わせて、店主の新たな相棒&イーストリバーの試乗車として、One by ESU JFF #701D を1台組みました。


IMG_1254

IMG_1256

IMG_1260

One by ESU JFF #701D & OBS-RBD-TH カーボンフォーク フレームセット

¥201,300 (カーボンフォーク同色塗装 +¥14,850)

サイズ:455,490,510,530,550(ERC車体は530)

カラー:30色より選択可 (ERC車体はメタリックイエロー)


* 名前が長いので(笑)、以下OBS #701Dと記載します。

東京の自転車問屋の老舗、東京サンエスのオリジナルブランド One by ESU

そのOne by ESU が、これまで培ってきた経験と知識を集結させて、現代の遊び方に限りなく近づけた自転車がこの#701Dです。

イーストリバー店主も「やはり1台組んで、じっくり乗ってみたい」という結論に至り、こちらの自転車を組むことになりました。



IMG_1268

IMG_1274

IMG_1276

細かいテクニカルな話しについては、以前に書いたF様の#701Dについての投稿で触れましたので、ソチラを参照ください。

それまでのOne by ESUのモデルは、どちらかと言うとレース中心の考え方で設計されていましたが、#701Dについてはさらに様々なシーンの使い勝手に耐えうるオールラウンダーになっています。



試乗車を組むにあたってのパーツについてですが、ご存知の方も多いと思いますが、コロナの影響で現在自転車業界全体がパーツの供給不足に悩まされています。

コンポーネントではグラベルバイク用のシマノGRXシリーズにその影響が特に顕著で、納期が数ヶ月先というものもめずらしくありません。

かく言う私もGRXで組もうと計画していたのですが考えを改め、とりあえず手持ちのパーツ中心で組むことにしました。

そこで救世主となったのが、こちらのブレーキキャリパー。

IMG_1282

IMG_1284

GROWTAC

EQUAL メカニカル ブレーキキャリパーセット

前後セット ¥33,220 (専用ケーブルセット・マウントアダプター・取付ボルト付属)


もちろん油圧ブレーキは良いですが、レバーも変更しなければいけないのが悩ましいし、何より現在入手困難。

しかし、現状のパーツで済ませようとすると、メカニカル(機械式)のディスクブレーキは効きがもうひとつ。

その問題を解決してくれるのが、EQUALのメカニカル ブレーキキャリパーです。

こちらについては、長くなりそうなので別途ブログに書きます。


コックピットは、東京サンエスの別ブランドDIXNAのジェイフィットモンローFZハンドルとフォークステム、バーテープはBIKERIBBONのMAZEをチョイス。

ポップなルックスで、グラベルバイクっぽい感じ(?)になったかな、と。

IMG_1270


サドルはSELLE SAN MARCO GND DYNAMIC SUPERCOMFORT 。

店主のおしりがSSMの幅広系のものと相性が良いので、オフロード向けのGNDを使ってみることにしました。

IMG_1434



前回も書いた通り、この#701DでOMMをおおいに楽しむことができました。

IMG_1314

IMG_1327

IMG_1368

IMG_1363

IMG_1391


余裕のあるギア比(カセット11-34T)で700×36のタイヤを装着して走りましたので、適度に過酷なアップダウンやグラベルのある今回のライドにはちょうど良かったようです。

「シッティングで長時間乗って気持ちの良いフレーム」という印象をより強く受けました。

凝ったつくりのチェーンステーとシートステーのおかげで、リアがよくしなってくれることが大きいと思います。

IMG_1263



いつでも試乗できますので、ご興味のあるお客様は是非ご来店ください。

そんなに気張らずに乗ることのできるグラベルロードとしては、最高の1台だと思います。

IMG_1271

お待ちしております!