25 12月

年末年始の営業について

今年も残すところ、あとわずかとなりました。

年末年始の営業日時について、下記の通りお知らせします。

車体やパーツ等のご購入、メンテナンスや修理 等のご依頼をお待ちしております。


〜12月27日(月)    通常営業

12月28日(火)〜30日(木)   予約制営業  11:00〜17:00 (左記の時間帯内で御来店を希望される日時をメールにてお知らせください。)

12月31日(木)〜1月6日(木)    冬期休業

1月7日(金)〜   通常営業



24 12月

One by ESU 701D にお世話になった1年 ②

前投稿に引き続きOBS 701Dについて。


今年はイーストリバー店主自身も701Dを1台組んで、お客様といっしょにOMM BIKEというイベントに参加してきました。

20210717_100231

IMG_1314

2日間にわたり地図と包囲磁石を頼りに、白馬の自然の中に設置されたチェックポイントを自転車でめぐります。

まさに、オンロードとオフロードを股にかけて走破可能な701Dにぴったりのイベントでした。

キャンプ泊も楽しく、良い思い出ができました。



前回紹介したS様号の少し後に納車させていただいたのが、Y様の701D

同じスチールフォーク仕様です。

IMG_1737

IMG_1752

IMG_1754

One by ESU JFF #701D &  OBS-RBD-ST スチールフォーク 

フレームセット価格(ヘッドパーツ、スルーアクスル 等含む) ¥159,000+tax



サイズは550と、ラインナップ中最大のもの。

カラーは違うのでもちろんですが、アッセンブル内容はそんなに変わらないのに、別の方が組んだバイクだと全然違った雰囲気になって、これはまた良いですね。

ありがとうございます!



カラーはスタンダードのオレンジ。

IMG_1740

光沢のあるメタリックではなく、ソリッドな塗装のクロモリフレームだと少しレトロっぽい雰囲気がでます。



コンポはグラベルバイクの定番(といっても、コロナで希少価値になっている)シマノ GRX。

IMG_1764

IMG_1773

シマノの油圧のディスクブレーキは本当に素晴らしい。

供給量がなんとかなりませんかね・・・・



アッセンブルで特筆すべきは、このハンドル。

IMG_1746

IMG_1748

DIXNA ジェイフィット モンロー FZ

¥9,000 + tax

リーチの長さとドロップの浅さが機能的に支障のない範囲で最短におさられており、用途やポジションによっては絶対に欲しがる方はいるであろうハンドル。

IMG_1776

見た目もかなりかわいい。

トップがフラットな設計で、ロードのレバー装着時にスムーズなハンドリングが可能になっています(Fit Zone デザイン)。

しっくりくる方にはこれ以上しっくりくるハンドルはないと思うので、ご興味のある方は是非一度試されてください。

カーボン仕様(OBS ジェイカーボン グランモンローSL ¥30,000+tax)もあります。

ちなみにバーテープは、最近人気のCICLOVASION LEATHER TOUCH FUSION

快適性と高級感が魅力です。



サドルはSELLE SMPのコンフォートバージョンのHYBRID、シートポストはDIXNA アキレス

IMG_1742

このサドル9色から選べて、座り心地もなかなか良いです。



しつこいですが701D、決して派手ではないけど、優れたグラベルバイクだと思います。

490サイズは完売しましたが、その他のサイズはまだ在庫があります。

これが完売してしまうと、しばらく入手困難になります。

注文から納車までは、現状ですと塗装のリードタイムを含め約1.5ヶ月です。



IMG_1767

宜しくお願い致します!



21 12月

One by ESU 701D にお世話になった1年 ①

先日、店主が運営に携わっている「秋ヶ瀬の森バイクロア11」が無事終了しました。

今年は天気にもめぐまれ、多くの方にご来場いただきました。

例年通り、多くの自転車乗りの方々の遊び心に大いに刺激を受けた数日間でした。

誠にありがとうございました。

最近はみなさんがYouTubeで動画配信してくださるので、様子を知りたい方はそちらを見ていただくのがいいかもしれません。

YouTubeで「秋ヶ瀬の森バイクロア11」で検索してみてください。



その秋ヶ瀬の森バイクロアにも出展されていた東京サンエスOne by ESU JFF #701D(以下 701D)。

今年、当店が最も推したバイクですね。

One by ESUが長い歴史で培った技術とアイデアを注ぎ込んだ701Dは、レースでもツーリングでも、オンロードでもトレイルでも、幅広い遊びのシチュエーションで使えるグラベルバイク。

1

製品の詳細に関してはコチラをどうぞ。

開発秘話については、コチラコチラを是非ご一読ください。

開発における模索の過程はもちろんのこと、開発者の自転車への熱い想いが伝わってきます。



そんな想いが通じて(?)少し前にはなりますが、当店で購入していただいた701D 2台を紹介させてください。


先ずはS様の701Dから。

IMG_0639

IMG_0642

IMG_0647

One by ESU JFF #701D &  OBS-RBD-ST スチールフォーク 

フレームセット価格(ヘッドパーツ、スルーアクスル 等含む) ¥159,000+tax



購入後は、このバイクでオフロード(バイクロアを含む)やオンロードを大いに楽しんでくださっているようです。

誠にありがとうございます!



身長は170で、サイズは530をチョイス。

形状が特殊なリーチが長めのハンドルがお気に入りで、その分ステムは短めのものを装着されました。

これでポジションもばっちりになった様子。

IMG_0661



カラーはOBSカラー31色の中からライトグリーンをチョイス。

IMG_0649

IMG_0656

少しレトロっぽくもあり、良い感じです。



コンポはグラベルバイクでは定番のシマノGRX。

ここ数ヶ月はコロナの影響で、大変入手が困難となっておりますが・・・・。

IMG_0663

IMG_0651



IMG_0654

701Dの特徴といえば、しつこいようですが、このオリジナルのチェーンステーです。

BBに近い部分は縦方向につぶし加工が施されており、エンド側は横方向につぶし加工が施されています。

この加工により、なるべく短いチェーンステーの確保ができ、グラベルバイクとしては稀有な、ペダリング時 のロードバイク的な反応の良さをキープ。

さらには、オフロードを走った時の振動吸収性の向上に寄与しています。

少し難しいですが、詳しくは店頭で笑。

IMG_0639

横から見た時に、チェーンステーの特徴のある形状で、すぐに701Dだとわかりますね。



前述しました通り、昨今はコロナの影響で、新しいラインのシマノパーツの供給がかなり滞っております。

以前にブログでも紹介しましたGROWTAC EQUAL のディスクブレーキ&お手持ちのコンポで組み上げるといった選択肢もあります。

IMG_1284

そんな装備で701Dを組み立てて、冬場のオフロードを大いに楽しむというのはいかがでしょうか?



グラベルバイク/ロードを検討されているようでしたら、是非 One by ESU 701D を選択肢の1つに加えてください。

日本の自然の中での遊び方にぴったり合った、最高に楽しい自転車です。

IMG_0658

宜しくお願い致します!



1 12月

急で申し訳ございませんが、数日間の休業のお知らせ

急で誠に申し訳ございませんが、12/2(木)~12/6(月)は店主が運営に携わっているバイクロアの業務のため、休業させていただきます。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



秋ヶ瀬の森バイクロア11の詳細については、コチラをご覧ください。

お時間のある方は、是非秋ヶ瀬公園に遊びにいらしてください!



IMG_1363

東京サンエスのブースも出ていますので、One by ESU 701Dの試乗もできます。

宜しくお願い致します!



20 11月

VIVALO VFR 44ミリ ヘッドチューブ

先週は山梨の北杜市白州におりましたが、紅葉が美しかった。

関東の平地はこれからですが、空気も乾いているし、自転車に乗るには本当に良い季節です。



ちょっと間が空いてしましましたが、まだ暑い季節に納車したO様のVIVALO VFR をご紹介。

IMG_1575

IMG_1604

IMG_1608

VIVALO VFR は通常ヘッドチューブ内径のサイズが1-1/8インチ(オーバーサイズ)ですが、今回はO様のリクエストで44ミリ内径のヘッドチューブ&テーパードのENVEフォークという仕様で製作しました。

より現代的なルックスを意識されたことが大きな理由ですが、これでパワーライダーのO様に見合った剛性が確保できるはず。

誠にありがとうございます!



IMG_1601

IMG_1584

VIVALO のフレット溶接(蝋付)は相変わらず、きれいな仕上がり。

ラグドのものより軽くなり、さらに前三角のオーバーサイズのチューブにより、ノーマルサイズよりも硬質な乗り味になります。

チューブはECO STRONGLIGHT を採用しています。



IMG_1588

IMG_1587

IMG_1594

IMG_1599

ホイールは当店で組んだCHRIS KING R45の手組みホイール。

リムはDT SWISS RR411とロングライドやヒルクライムには最強の組み合わせ。

軽くて振動吸収性が高く、かなり快適な乗り味です。

フレームのソリッドグレーに、マットターコイズのカラーが映えますね。

当然、ヘッドセットもCHRIS KINGINSET8です。



IMG_1595

IMG_1579

ステムはTHOMSON X2 を同色塗装しました。

ステムのカラーがフレームと統一されるだけで、がらっと雰囲気が変わります。



IMG_1271

IMG_1287

こちらは先日はで乗鞍にツーリングに行かれたときの画像。

VIVALO VFR の登坂性能には、かなり満足していただいたようです。

天気にもめぐまれて、うらやましい限りです。



ご自分の体型・要望・乗り方 等に合わせた自転車を組むことができるのが、スチールのカスタムバイク。

昨今のカーボンバイクの完成車も素晴らしいですが、それらとはまた違った世界が広がっています。

IMG_1577

ご興味のある方は、是非一度イーストリバーサイクルズまでお問い合わせください!



11 11月

11月12日(金)ー14日(日) バイクロアで休業

今週末の12日(金)ー14日(日)は、店主が携わっているイベント運営業務(バイクロア)のため休業致します。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



そのイベントとは、山梨県北杜市で開催します「白州の森バイクロア7」です。

お時間のある方は、コロナも落ち着いてきたことですし、是非遊びにいらしてください。

詳細についてはコチラになります。

お待ちしております!



5 11月

reric ガレージセール @ERC 開催します!

今や日本の代表的なサイクリングアパレルブランドとなったreric

夏に当店にて展示即売会を開催しましたが(その時の投稿はコチラrericについてご存知ない方はご覧ください)、このたびメーカーのご好意により冬物のガレージセールを開催させていただくことになりました。



reric ウインター ガレージセール @ ERC 

開催期間: 11月6日(土)〜11月末日(11月12日-14日は臨時休業)



前回と同様にrericのサンプル品等を店内の一角に大量展示。

セール価格で、rericの高機能な冬物のジャージ・ジャケット・タイツ・グローブ等がお求めいただけます。

rericのウェアのクオリティを、かなりお手軽に体感できる絶好のチャンス。

一度足をお運びいただいても絶対損はないと思うので、是非お越しください。



注)
・メンズはいくつかサイズがありますが、レディースはMサイズ(海外メーカーのSサイズ)のみになります。
・ガレージセール品のお支払いについては、現金のみとなります。カードやスマホでの決済はできませんので、ご了承ください。
・ガレージセール品については、ノークレーム/ノーリターンでお願い致します。



冬もrericのウェアを身につけて、大いに自転車を楽しみましょう。

ご来店をお待ちしております!



19 10月

One by ESU JFF #701D 試乗会 <秋> 開催します!

IMG_1379

当店ではすっかりお馴染みになったOne by ESU 701D

日本の環境や道路状況に合ったグラベルバイクとして好評をいただいてまいりましたが、夏に続いて東京サンエスに協力のもと、今月も試乗会を開催します。

夏にやったときは期間中ずっと雨に降られてしまいましたが、前回気になっていたけど来店されなかったお客様は是非ご参加ください。



One by ESU JFF #701D 試乗会  <秋>

開催期間: 10月23日(土)〜30日(土) 
*27日(水)は定休日、31日(日)は臨時休業。

試乗可能な車体:
1. w/カーボンフォーク 530サイズ  カーキ
2. w/カーボンフォーク 455サイズ メタリックシルバー
3. w/カーボンフォーク 510サイズ メタリックCブルー
4. w/クロモリフォーク 550サイズ ブラック
5. w/カーボンフォーク 530サイズ メタリックイエロー(上写真の当店試乗車)
*1~4 の仕様については、コチラのページをご確認ください。



店主が701Dについて書いた投稿については、コチラコチラをご覧ください。

所謂「グラベルバイク」というと、700X43Cまでの極太タイヤも履けるようなアドベンチャーロードをイメージしますが、701Dはそれにくらべるとちょっとおとなしめの日本仕様。

装着できるタイヤはせいぜい700X38Cくらいですが、700X28くらいのロードタイヤを装着してもきびきび走ります。

設計者いわく、「欧米発信のグラベルロードよりも、伝統的なスポルティーフをベースにした」とのこと。

現代のディスクブレーキを装着したネオスポルティーフといえるでしょう。

IMG_1256

「少しオフロードも含むようなツーリングに出かけたい」というようなお客様には本当にぴったりな1台です。



ご存知の方は多いかと思いますが、昨今なシマノパーツは供給が追いついておらず、フレームからパーツをチョィスして組むことが非常に困難な状況にあります。

特にグラベルバイクコンポのGRXは入手が非常に難しい。

問題になるのがフラットマウントのブレーキですが、そんな方にはGROWTAC EQUALメカニカルディスクブレーキがおすすめです。

3

EQUAL ディスクブレーキを採用すれば、ホイール以外はメカニカルのロードのコンポを使用することができます。

詳しくはコチラを参照ください。



今回の試乗会では、東京サンエスの協力により、試乗してくださったお客様に先着順で、VIVA ビバンド(汗止めヘッドバンド)をプレゼントします。

さらに、フレームセットを成約され、One by ESU・DIXNA・GRUNGE といった東京サンエス オリジナルブランドのパーツで組みたいというお客様については、さらに特典あり!



とにかく色々な遊び方のできる楽しいクロモリ・グラベルバイク701D。

一度、試乗しにいらしてください。

IMG_1332

お待ちしております!


*490サイズは完売しておりますので、あらかじめご了承ください。



17 10月

BOMBTRACK 取り扱い 開始

イーストリバーサイクルズでは、このたび BOMBTRACKの取り扱いを開始することになりました。

今後ともお見知り置きください。




BOMBTRACKは、2001年創業のWE MAKE THIHGS社というドイツのメーカーのバイクブランド。

WE MAKE THINGS社では主にBMXを中心に事業を展開しているようですが、BOMBTRACKのラインナップはグラベルロードやツーリングバイクがメインです。

そして、そのほとんどがスチールバイクになります。



ホームページを読むと、もともとメーカーが持っている高い技術によって設計・製作されたバイクを、様々なハードなフィールドで試してブラッシュアップしてきたようです。

デザインは少し無骨なドイツ風(?)ですが、剛性や長距離走行性能は信頼のおけるブランドなのではないでしょうか。

完成車でもフレームセットでも提供することが可能で、値段がお手頃なのも非常にリーズナブルです。

ラインナップの詳細はコチラをご覧ください。



ご多分に漏れず、他メーカーと同様、BOMBTRACKも完成車・フレームセットともにほとんど輸入元に在庫がないのですが、当店にはグラベルバイクであるHOOK ESTのフレームセットが1本入荷してまいりました。

IMG_1460

IMG_1469

IMG_1475

BONMTRACK HOOK EST フレームセット

サイズ : Sサイズ(水平閑散トップチューブ長 533ミリ)

カラー: マットメタリックグレー

¥108,680



以前にご紹介したOnebyESU #701Dと比較すると、より本格的な欧米仕様のグラベルバイクといったたたずまい。

チューブはクロモリとは思えないほど極太で、フォークもテーパードでかなり肉厚です。

IMG_1462

IMG_1447

IMG_1471

チューブはCOLUMBUS CROMORが採用されています。

数日のアドベンチャーライドを想定して、ボトルケージやキャリア取付用の穴が多くあります。



BBは比較的最近登場してきた規格であるT47。

IMG_1467

PF30のシェルにネジを切ったものですが、かなり剛性が高そうです。

チェーンステーもごっついですね。



タイヤは700Cでしたらだいたい40の太さまで、650Bでしたらだいたい52まで装着可能です。

IMG_1477

アーチ型のシートステーは振動吸収性が高いので、トレイルで遊んだら面白そうですね。



グラベル系のパーツも不足気味ではありますが、ゆっくりとパーツを集めて組まれてはいかがでしょうか?

IMG_1473

ご興味のあるお客様は是非一度、現物を確認にいらしてください。

BOMBTRACK、今後とも宜しくお願い致します!



23 8月

縁 enishi cap 、久々に入荷しました

京都の手作りサイクルキャップ enishi。

イーストリバーサイクルズでは初期のころから取り扱いをさせていただいています。

和柄が中心ですが、オリジナルの様々なデザインのものもライナップされています。

製作者の河村氏がサイクリストということもあり、サイクルキャップの形状に合うデザインがチョイスされており、そのセンスが秀逸です。



そんなenishi のサイクルキャップがいくつか入荷しました。

IMG_1518

IMG_1516

enishi cycle cap

¥3,630 (藍染のものは¥3,960)

サイズ:フリーサイズ(頭周55~60cm)、Lサイズ(頭周59~64cm)


ウェブショップでも御購入いただけますので、よろしければコチラをどうぞ。

宜しくお願い致します!