30 7月

WHITE INDUSTRIES のハブで手組みホイールはいかが?

クロモリ好きの方を中心にご好評いただいておりますWHITE INDUSTRIESのパーツ類。

優れたCNC加工技術により削り出されたその美しさや性能の高さは、長年多くのサイクリストを魅了し続けています。



特におすすめしたいのは、WHITE INDUSTRIES ハブを使った手組みホイールです。

先日、CLD(Center Lock Disc hubs)を使ったホイールをオーダーいただきました。

リムはロープロファイルのものをご所望ということで、H PLUS SON の THE BOXをチョイス。

スポークは振動吸収性と耐久性を兼ね備えた高級スポーク、SAPIM CX-RAYで。


さらに、ニップルは同じくSAPIMのSECURE LOCK ニップルを採用しました。

緩みにくい構造になっている優れたニップルです。

こちらは6色からカラーを選べます。



今回のホイールはブラック基調で組みましたが、WHITE INDUSTRIESのハブは、ブラックとポリッシュ以外にも、レッド・ブルー・ゴールド・パープルからカラーを選ぶことができます。

* カラーハブは追加チャージがかかりますので、ご了承ください。


現在当店では、CLDハブのゴールドを在庫しております。

WHITE INDUSTRIES CLD HUBS GOLD

前後とも32H・シマノ 10/11Sフリーボディ・12mmスルーアクスル・リア142ミリ幅

¥78,700 + tax

* ウェブショップはコチラ

別のホール数や別のカラーもお時間をいただければ入手可能ですので、ご相談ください。



マスプロメーカーの完組みホイールもいいですが、メンテナンス性に優れ、振動吸収が良く体に優しい手組みホイールを、WHITE INDUSTRIESのハブでいかがでしょうか?

ご検討ください!



17 7月

夏のスチールフレーム セール!

ちょっとめずらしいスチールフレームをセール価格で販売致します。

ご興味のある方は、お問い合わせください。



SOMA FABRICATION SMOOTHIE

ステンレススチール フレーム(フォーク別売)

サイズ:54(シートチューブ長C-T 510、トップチューブ長C-C 540)

現販売価格 ¥150,000税別 → セール価格 ¥100,000税別   → 定価は不明ですが30万相当

ジオメトリーはコチラ、上以外の画像はコチラをご覧ください。

遊び心を忘れないSOMAのツーリングロード SMOOTHIEのステンレススチールバージョンです。

2010年代の前半にごく少数作られたもので、ステンレスチューブはKVA社製。

独特な美しさがあり、名前の通りスムースな乗り味が想像できます。

新品ですが、代理店のデッドストックになっていたものなので、補償の対象になりませんので、あらかじめご了承ください。



VIVALO ロード フレームセット  中古(ほぼ新品)

ヘッドパーツ・DTシフトアウター受け付き

サイズ:  トップチューブ(C-C) 535ミリ  シートチューブ(C-T) 525ミリ

定価 ¥188,000 税別(メッキラグ等カスタム料含む) → セール価格 ¥120,000 税別

上以外の画像はコチラをご覧ください。

しなやかな乗り味に定評のあるVIVALOのロード&フォーク、スチールフレームセットです。

中古ですが、1回組んで1回乗っただけのものなので、目立つキズやスレなどはほとんどなく、状態はほぼ新品。

チューブは焼き入れ処理が入っていないカイセイ4130Rで、比較的マイルドで軽い。

ジオメトリーはロングライド向きのスタンダードなロードのものですが、細かい数字を知りたい方はお問い合わせください。



VIVALO シクロクロスフレームセット  中古(キズやスレあり)

サイズ:  トップチューブ(C-C) 530ミリ  シートチューブ(C-T) 520ミリ

定価 ¥166,000税別 → セール価格 ¥70,000税別

上以外の画像はコチラをご覧ください。

VIVALO のカンチブレーキ仕様のシクロクロス フレーム&フォークで、チューブはカイセイ4130R。

キャリアーや泥除けのダボ穴が付いており、トップチューブの後部には、特徴のある「担ぎ棒」が付いておりますので、ツーリングや山サイクリングにいかがでしょうか。

使用感はありますが、お手頃な価格なので、がっつり使いたいクロモリフレームをお探しの方は、是非どうぞ。

シートチューブが少々立ち気味で、BBの位置高めのジオメトリー。細かい数字を知りたい方はお問い合わせください。



パーツがある程度余っていて、スチールフレームを試されたい方には、サイズが合えばお買い得なフレームばかりだと思います。

是非、ご検討ください。



25 6月

またまた、VIVALO ラグドロード Di2仕様

雨が降ったり晴れたりですが、じょじょに夏が近づきつつある昨今。

いかがお過ごしでしょうか?



半年ほど前にDi2仕様のVIVALOのラグドロードのフレームセットを納車させてもらいましたが(コチラです)、その投稿を見た別の方から新たに同様のオーダーをいただきました。

誠にありがとうございます!




Di2専用ということで、ワイヤーを内蔵するための穴を開け、シフトアウターのストッパーは最初から付けずに、すっきりとしたルックスに。

ダウンチューブ裏側にボトルケージの取り付け穴を追加しました。



カーボンフレームの乗り味に少し飽きて、ツーリング向きのクロモリフレームをご所望とのことだったので、チューブはKAISEI 4130Rをチョィス。



塗装については、ラグの塗り分けと、フォーク・チェーンステー・シートステーのグラデーションでの塗り分けをご依頼いただきました。

トップチューブには特徴のあるロゴを追加。



組み上がりが楽しみです!



VIVALOのスチールロードのカスタムフレームは、ルックスは地味ではありますが、比較的価格もリーズナブルで安定の走り心地。

フレームの乗せ替えを検討されている方は、是非ご検討ください。



宜しくお願い致します!



17 6月

TUBAGRA OPENER 中古車 

当店で販売したものではありませんが、常連のお客様からのご依頼で、お手持ちのTUBAGRA OPENER 完成車を中古車として販売することになりました。

TUBAGRA OPENER  完成車  中古

¥400,000 相当

店頭販売価格:  ¥200,000 税込 !

ご成約済み。誠にありがとうございました!


パーツ構成はコチラをご覧ください。

当店で撮影した全画像はコチラをご覧ください。



TUBAGRAといえば、小規模ながらも、ダートジャンプ系・トライアル系MTBのフレームやパーツの老舗ブランド。

しかし、実はイーストリバー店主はこの手のMTBについてはほとんど知識がないので、今回はバイクロアでいつもお世話になっているツバグラのボスであるサモさんに内容や価格について相談に乗ってもらい、諸々を決めました。

こんな感じのショーやスクールを、「秋ヶ瀬の森バイクロア」でいつも開催していただいています。



主なパーツのアップの画像は、以下のような感じ。

オーナー様が、このOPENERを組んだのは9年程前とのこと。

しかし、近所の公園で数回遊んだのみで、本格的なコースやトレイルでは一度も走っていません。

また、基本的に屋内で保管していたので、状態は非常に良いです。



本体はイーストリバーサイクルズにあって、店の営業時間中はいつでも現品を確認したり、試乗したりすることが可能です。

興味のあるお客様は、よろしければご来店ください。

トライアルに関する質問には、ほとんど答えられないとは思いますので、何卒ご容赦ください(笑)



4 6月

最近組んだ手組みホイールをいくつか

雨の季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

雨降りの日には、ネットで諸々検索しながら、次回新調するフレームやパーツのことをあれこれ想像したりするのは楽しいですね。

あっという間に時間が経ってしまいます。



今回はここ数ヶ月で組んだ手組みホイールのいくつかをご紹介。


シマノ  HB-7600 & VELOCITY A23



トラディジオーネ  ZERO & VELOCITY A23



シマノ  HB・FH-M8000 & VELOCITY CLIFFHANGER



アルミリムのピストホイール、オールシルバーのロードホイール、26インチのQRのMTBホイール 等々。

大手メーカーの完組みホイールでは、既に生産中止になっていたり、ラインナップが限りなく少なくなってしまっている仕様ばかりです。

しかし、フレームはまだまだ十分使えたり、長年乗って愛着が湧いていたりすると、なかなか簡単に自転車本体の買い替えには踏み出せないもの。

そういう場合には、ホイールだけでも、修理やグレードアップされてはいかがでしょうか?

手組みホイールであれば、少し前の仕様でも対応可能です。



手組みホイールのご用命は、是非、イーストリバーサイクルズまで。

宜しくお願い致します!



18 5月

臨時休業のお知らせ

5月19日(金)〜21日(日)は臨時休業になります。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



店主はバイクロアの運営で山梨県北杜市におります。

よろしければ、遊びに来てください。

お待ちしております!

詳細はコチラ



8 5月

ERC VIVALO ロード 試乗車、塗り替えしました!

VIVALO のラグドロード、自家用車&店試乗車として乗り始めて、十数年になります。

このクロモリフレーム、そこまでハードに使っていないせいもありますが、相変わらずとっても良いです。

かっちりとした金属フレームらしい走り心地だけど、全然体に負担が来ない。

ジオメトリーは日下氏によるものなので、少々トラック寄りですが、モーニングライド等で河川敷を走っている分には全く気にならず、むしろ快調。

1回塗り替えしてイメージチェンジしましたが、試乗車であり且つ個人的にちょっと飽きてきたので、今回塗り替えすることにしました。



手持ちのCHRIS KINGパーツのカラーにに合わせて、スタンダードカラーのブルー(というか群青色?)とレッドのロゴにしてもらいました。




KING パーツは時が経っても古びないので、高いですけど、長い目で見るとお得です。

旧型のものでも補修パーツの供給体制がきちんとしてるし。フィロソフィーの問題ですね。

マスプロの完組ホイールは、売ることに懸命過ぎて、こうはいきません(笑)。

色も簡単に落ちないよ。



ロゴは自分の好みで、塗り替え前と同じタイプ。

旧型のロゴですが、過去にもあまり使われていないものです。

VIVALOのロゴタイプは管理がアバウトで、良いにつけ悪いにつけ、これまでなし崩し的に増えてきました。

便利な時代になって、画像データを容易にデカル化できるようになったので、コチラのページにあるものは、すべて製作可能です(一部、追加チャージあり)。



イーストリバーサイクルズでは、VIVALOはもちろん、どんなメーカーのフレーム&フォークでも、塗り替えを承っております。

クロモリだけでなく、アルミやカーボンの塗り替えも可能です。

参考価格については、クロモリ フレーム&フォークで36,000円税別〜(ばらし&再組立工賃 別途)になります。



塗り替えに興味がある方は、お見積りしますので、是非お問い合わせください。

宜しくお願い致します!



29 4月

GW期間中の営業について

GW期間中の営業日は、以下の通りになります。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。


4月30日(日)〜5月2日(火) 通常営業  11:00-19:00

5月3日(水) 休業

5月4日(木) 通常営業  11:00-19:00

5月5日(金)〜7日(日) 11:00-17:00 予約営業 
*ご来店を希望されるお客様は、前日までにメールでご予約ください。  
eastriver.cycles@gmail.com



29 4月

すぐに乗って帰れるBRUNO ミニベロ 数台あります

都内を走り回るには最適なBRUNO のミニベロ。

反応の良いフレーム、大きいギア比、ミニベロのわりには安定したハンドリング 等々。

そして、何よりも洒落たルックスが、乗る方の年齢を問わず喜ばれています。



現在、当店のBRUNOの在庫としては、以下の4台があります。

基本的にすべてきちんと組んでありますので、店主の手が空いていれば、すぐに納車することが可能です。


BRUNO MIXTE SILVER EDITION

メタリックスカイブルー

¥64,900


BRUNO MIXTE SILVER EDITION

メタリックグリーン

¥64,900


BRUNO MIXTE BLACK EDITION

サンド(ベージュ)

¥64,900


BRUNO MINIVELO FLAT

マットピンク

¥64,790



MIXTE SILVER EDITION メタリックスカイブルー以外は、代理店在庫が完売となっています。

気になるカラーのものがありましたら、お早めにどうぞ。



MIXTEについては、店頭に試乗車がありますので、是非乗り味を確認してみてください。



BRUNOについては、是非イーストリバーサイクルズで。

宜しくお願い致します!



25 4月

ポンチャック氏の新しいVIVALO 固定ギアSS

以前にイーストリバーでVIVALOのシクロクロスフレームのオーダーをいただいたことがある、店主の友人のポンチャック氏。

かつてはMTBのエリートライダーで、現在はシクロクロスのC2のライダーとして、シーズン中はレースに定期的に出場しています。

自分のフレームだけでなく、後にVIVALOから試作車として提供させてもらったディスクブレーキのCXでも走ってもらっており、VIVALOには大変ゆかりの深い方です。



そんな彼が一番最初にVIVALOに出会ったのは10年以上前で、中古で入手したピストフレームでした。

そのピストフレームを自分で組んで乗ってみたところ、性能の高さに魅了されたとのこと。

バンクを走るだけでなく、ロングツーリングや登坂も楽しんでいたようです。

しかし、そのフレームも長年酷使してきたことにより、若干反応がにぶくなってきました。

また、競輪専用フレームなので、長時間乗っていると体に負担がかかったり、ボトルケージの取り付け穴が無くて不便だったりするので、年齢に合わせてもう少し自分の用途に合った固定ギアのフレームが欲しいと考えるようになりました。



そして、このたび新たにVIVALOでピストフレームをオーダーいただきました!

ピストフレームというより、オリジナルカスタムの固定ギアSS(シングルスピード)と呼んだ方がいいかもしれません。

しかもほぼ同じロゴで、同じカラー! 誠にありがとうございます!



ジオメトリーは、ピストの反応の良さやシャープなルックスを残しつつ、少しロードに寄せて、年齢を重ねた(笑)ポンチャック氏の使いやすいものに。

ダウンチューブとシートチューブには、ボトルケージ取り付け穴を追加。

チューブはポンチャック氏のお気に入り、一番最初のシクロクロスと同様のオーバーサイズのKAISEI4130Rです。



便利な世の中になったので、旧タイプのロゴでもデータ化して再生可能です。

シートステーの彫金のロゴ入れ以外は、ほぼ古いフレームといっしょになりました。



ラグ部分の塗り分けは手間がかかるため、普通の塗り分けよりも高いチャージがかかりますが、非常に個性的な仕上がりになりますので、おすすめです。



思い入れのあるフレームと同色に塗装するだけでなく、クロモリフレームでしたら同様の形状で、より性能を高めて製作することも、VIVALOでしたら可能です。

ご興味のある方は、是非お問合せください!