19 9月

ピストバイク熱、高まっているか?

9月23日(土)24日(日)に日産スタジアムで開催される「CMWC 2023 YOKOHAMA」。

世界中のサイクルメッセンジャーが集い、最速のデリバリーを競うレースなどが催されるお祭りです。

メッセンジャーについてよく知らない方でも、その雑多な(?)エネルギーに満ちたカルチャーに触れるだけでも、結構面白いと思います。

詳細はコチラをご覧ください。

是非、足をお運びください!



日本でメッセンジャーのカルチャーが勃興してきたのが2000年前後。

同時期に起こったピストバイクのブームが大きく後押しをして、多くの若者が自転車に魅了された時代です。

VIVALOのピストバイクもその頃に再評価されて、現在に至ります。



CMWCの影響なのか、またピストバイク熱、高まってるかな?

このたびオーダーいただいてVIVALOのフレームを納車させていただいたO様も、若いお客様でした。

誠にありがとうございます!

ベーシックなスレッドフォークのピストフレーム、かっこいいですね。



VIVALOのピストフレームは、かっこいいだけでなく、シャープなクロモリらしい走りで定評があります。

当店では、街乗りだけでなく本格的に競輪場で走ったり、ロングツーリング に使っているお客様がいらっしゃいますが、みなさん一様に大変に喜んでおられます。

創業者の日下氏の溶接の早わざに因るものとか、因らないとか・・・・・。

その真相を科学的に証明したわけではありませんが、とにかく無駄のない溶接技術であることは本当で、凄い職人技です。



今回のO様号は街乗りメインなので、700X28のタイヤを装着可能にした以外は、競輪バイクに近いガチのピストフレーム。

よく走ると想像できます。

チューブはKAISEI019です。

ノーマルサイズのラグドのフレームは、普遍的なシュッとした美しさがあります。

「細部に神は宿る」ですね・・・・。



旧タイプのロゴも素敵です。

こじゃれてない、いなたい色使いがピストにはふさわしい。



完成車はリーズナブルでもちろん良いですが、ちょっと贅沢してVIVALOのピストフレームから組んでみるというチョィスはいかがでしょうか?

ご興味のある方は、イーストリバーサイクルズまでご相談ください!



18 9月

CINELLI KING ZYDECO FS Mサイズ、1本お買い得になっています

久々にカーボンフレームの紹介です。

店主が長年に渡って販売してきたバイクブランド CINELLIKING ZYDECO

グラベルロード乗りの方にはお馴染みのモデルで、CINELLIらしい個性的なグラフィックと快適性に重きを置いたフレーム構造に特徴があるカーボンフレームです。

カーボンフレーム独特のフォルムが魅力的ですね。



こちらのKING ZYDECO Mサイズ 1本を特別価格でご提供できることになりました。

CINELLI KING ZYDECO フレームセット

サイズ: M (適合身長 174〜182センチくらい)

カラー: ジャンバラヤ

定価 ¥319,000 ⇨ 特別価格  ¥2**,000 !!



代理店のモデル紹介ページにも掲載されていますが、フレームは「ダブルレスポンスシステム」の設計となっており、ダウンチューブが BBの先まで伸びているのが特徴的です。

そして、その先のチェーンステー〜シートステー〜トップチューブと、丸みを帯びた連続したつくりになっています。

これで剛性を保ちつつも、抜群の振動吸収性能を誇るとのこと。

確かにグラベルではその効力を発揮しそうです。



フォークはオフセットを選べる「デュアルレイク」になっています。

グラベルバイクなのでフレーム&フォークは700×47のタイヤまで装着可能ですが、オフセットを変えることにより、細いタイヤを装着してロードバイク的なシャープなハンドリングと直進安定性を維持できる機能を備えています。

つまり、オールラウンダーなバイクであるわけです。

オフセット(RAKE)とは、以前にワンバイエスの投稿で触れたことがありますが、自転車のジオメトリー数値の中でも、ハンドリングと直進安定性を決定する大事なものです。

好みもあるので、ざっくりとした基準ではありますが、700X32までは47、それ以上の太さのタイヤは52で使うと良いと思います。



ダインチューブの裏側には、石がはねてもフレームが損傷しないように、ケブラーでシールドされています。



グラフィックは相変わらず個性的。

ご存知の方も多いと思いますが、ジャンバラヤとは北アメリカ南部の料理ですが、なんでこのブルーがジャンバラなのか意味不明です(笑)。

とにかく、ファンキーで楽しいデザインにしたかったのでしょう。

ZYDECO とは、やはり北アメリカ南部発のオルガンで奏でられるソウルミュージックのカテゴリーなので、オルガンがシートチューブの裏に隠れています。



まだまだ暑い日々が続きますが、自転車の秋はもう目前。

シマノなどのパーツの供給も安定してきましたので、こちらのお買い得なCINELLI KING ZYDECOで、フレームの組み換え 等を検討されてはいかがでしょうか?



宜しくお願い致します!





18 9月

臨時休業のお知らせ

9月21日(木)〜24日(日)は臨時休業になります。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



この期間はCMWCのお手伝いで横浜におります。

お時間のある方は、是非遊びにいらしてください。

詳細はコチラをご覧ください。



31 8月

マットブラック単色 潔いVIVALO

8月後半でもまだまだ暑くて、自転車乗りには酷な季節が続きます。

しかし、先日やったモーニングライドには誰も来ないかと思ったら、数人のお客様が集まってくれました。

確かにみなさんと一緒にペダルを踏んでいたら、暑くても何となくつらさを忘れてしまう自分がいました。

みなさまも無理をしない範囲で、夏も自転車を楽しんでください。



少し前に納車させていただいたY様のVIVALOの紹介です。

比較的小柄な男性のY様は、某社のクロモリロードに乗っていましたが、なかなかポジションがしっくりこなくて、新しい自転車を探していらっしゃいました。

たまたま来店したイーストリバーでVIVALOを紹介させてもらったところ、「カスタム」という選択肢に非常に興味を持っていただき、今回のオーダーに至りました。

誠にありがとうございます!



マスプロメーカーの700Cホリゾンタルのラグドのフレームですと、シートチューブがC-Cで480ミリが最小です。

しかし、VIVALOではヘッドラグを加工して、さらに20ミリ程度小さくすることが可能です。

見た目も自然だと思います。



マットブラック単色で、ロゴはヘッドとシートステーのみというシンプルなデザイン。

ヘッドのVIVALOのロゴが映えて、逆に主張の強さを感じます。

カスタムフレームならではですね。



パーツについては、コンポをブラックのR7000の105にして、ホイールもご予算内に収まるようにシマノのエントリーグレードのものをチョイス。

ホイールは将来的にカスタムを検討していただけるとありがたいですね。



メーカーの完成車もいいですが、ハンドメイド・イン・ジャパンのVIVALOのクロモリフレームで、一からじっくり考えて組んでみるという選択肢はいかがでしょうか?

是非、イーストリバーサイクルズにご相談ください!



18 8月

またまた 墨田区のPayPayポイントキャンペーン!

前回もご好評いただきました墨田区のPayPayポイントのキャンペーンがあります。

今回は10%になりますが、それでもお得!

自転車のご購入やまとまった修理やメンテナンスを、この機会にいかがでしょうか?

キャンペーン期間は、8月19日(土)〜9月30日(土) になります。

キャンペーンの詳細はコチラをチェック。

是非、ご検討ください!



8 8月

お盆期間中の営業について

みなさま、暑中お見舞い申し上げます。
くれぐれも体調には気をつけて、ご自愛ください。

店主は冷房の当たり過ぎで、少々だるい状態が続いております(笑)


当店のお盆期間中の営業については、以下の通りとなります。
お時間のある方は、よろしければご来店ください。

8月11日(金) 通常営業
8月12日(土)13日(日) 臨時休業
8月14日(月)15日(火) 通常営業
8月16日(水)17日(木) 定休日・臨時休業
8月18日(金)〜 通常営業



30 7月

WHITE INDUSTRIES のハブで手組みホイールはいかが?

クロモリ好きの方を中心にご好評いただいておりますWHITE INDUSTRIESのパーツ類。

優れたCNC加工技術により削り出されたその美しさや性能の高さは、長年多くのサイクリストを魅了し続けています。



特におすすめしたいのは、WHITE INDUSTRIES ハブを使った手組みホイールです。

先日、CLD(Center Lock Disc hubs)を使ったホイールをオーダーいただきました。

リムはロープロファイルのものをご所望ということで、H PLUS SON の THE BOXをチョイス。

スポークは振動吸収性と耐久性を兼ね備えた高級スポーク、SAPIM CX-RAYで。


さらに、ニップルは同じくSAPIMのSECURE LOCK ニップルを採用しました。

緩みにくい構造になっている優れたニップルです。

こちらは6色からカラーを選べます。



今回のホイールはブラック基調で組みましたが、WHITE INDUSTRIESのハブは、ブラックとポリッシュ以外にも、レッド・ブルー・ゴールド・パープルからカラーを選ぶことができます。

* カラーハブは追加チャージがかかりますので、ご了承ください。


現在当店では、CLDハブのゴールドを在庫しております。

WHITE INDUSTRIES CLD HUBS GOLD

前後とも32H・シマノ 10/11Sフリーボディ・12mmスルーアクスル・リア142ミリ幅

¥78,700 + tax

* ウェブショップはコチラ

別のホール数や別のカラーもお時間をいただければ入手可能ですので、ご相談ください。



マスプロメーカーの完組みホイールもいいですが、メンテナンス性に優れ、振動吸収が良く体に優しい手組みホイールを、WHITE INDUSTRIESのハブでいかがでしょうか?

ご検討ください!



17 7月

夏のスチールフレーム セール!

ちょっとめずらしいスチールフレームをセール価格で販売致します。

ご興味のある方は、お問い合わせください。



SOMA FABRICATION SMOOTHIE

ステンレススチール フレーム(フォーク別売)

サイズ:54(シートチューブ長C-T 510、トップチューブ長C-C 540)

現販売価格 ¥150,000税別 → セール価格 ¥100,000税別   → 定価は不明ですが30万相当

ジオメトリーはコチラ、上以外の画像はコチラをご覧ください。

遊び心を忘れないSOMAのツーリングロード SMOOTHIEのステンレススチールバージョンです。

2010年代の前半にごく少数作られたもので、ステンレスチューブはKVA社製。

独特な美しさがあり、名前の通りスムースな乗り味が想像できます。

新品ですが、代理店のデッドストックになっていたものなので、補償の対象になりませんので、あらかじめご了承ください。



VIVALO ロード フレームセット  中古(ほぼ新品)

ヘッドパーツ・DTシフトアウター受け付き

サイズ:  トップチューブ(C-C) 535ミリ  シートチューブ(C-T) 525ミリ

定価 ¥188,000 税別(メッキラグ等カスタム料含む) → セール価格 ¥120,000 税別

上以外の画像はコチラをご覧ください。

しなやかな乗り味に定評のあるVIVALOのロード&フォーク、スチールフレームセットです。

中古ですが、1回組んで1回乗っただけのものなので、目立つキズやスレなどはほとんどなく、状態はほぼ新品。

チューブは焼き入れ処理が入っていないカイセイ4130Rで、比較的マイルドで軽い。

ジオメトリーはロングライド向きのスタンダードなロードのものですが、細かい数字を知りたい方はお問い合わせください。



VIVALO シクロクロスフレームセット  中古(キズやスレあり)

サイズ:  トップチューブ(C-C) 530ミリ  シートチューブ(C-T) 520ミリ

定価 ¥166,000税別 → セール価格 ¥70,000税別

上以外の画像はコチラをご覧ください。

VIVALO のカンチブレーキ仕様のシクロクロス フレーム&フォークで、チューブはカイセイ4130R。

キャリアーや泥除けのダボ穴が付いており、トップチューブの後部には、特徴のある「担ぎ棒」が付いておりますので、ツーリングや山サイクリングにいかがでしょうか。

使用感はありますが、お手頃な価格なので、がっつり使いたいクロモリフレームをお探しの方は、是非どうぞ。

シートチューブが少々立ち気味で、BBの位置高めのジオメトリー。細かい数字を知りたい方はお問い合わせください。



パーツがある程度余っていて、スチールフレームを試されたい方には、サイズが合えばお買い得なフレームばかりだと思います。

是非、ご検討ください。



25 6月

またまた、VIVALO ラグドロード Di2仕様

雨が降ったり晴れたりですが、じょじょに夏が近づきつつある昨今。

いかがお過ごしでしょうか?



半年ほど前にDi2仕様のVIVALOのラグドロードのフレームセットを納車させてもらいましたが(コチラです)、その投稿を見た別の方から新たに同様のオーダーをいただきました。

誠にありがとうございます!




Di2専用ということで、ワイヤーを内蔵するための穴を開け、シフトアウターのストッパーは最初から付けずに、すっきりとしたルックスに。

ダウンチューブ裏側にボトルケージの取り付け穴を追加しました。



カーボンフレームの乗り味に少し飽きて、ツーリング向きのクロモリフレームをご所望とのことだったので、チューブはKAISEI 4130Rをチョィス。



塗装については、ラグの塗り分けと、フォーク・チェーンステー・シートステーのグラデーションでの塗り分けをご依頼いただきました。

トップチューブには特徴のあるロゴを追加。



組み上がりが楽しみです!



VIVALOのスチールロードのカスタムフレームは、ルックスは地味ではありますが、比較的価格もリーズナブルで安定の走り心地。

フレームの乗せ替えを検討されている方は、是非ご検討ください。



宜しくお願い致します!



17 6月

TUBAGRA OPENER 中古車 

当店で販売したものではありませんが、常連のお客様からのご依頼で、お手持ちのTUBAGRA OPENER 完成車を中古車として販売することになりました。

TUBAGRA OPENER  完成車  中古

¥400,000 相当

店頭販売価格:  ¥200,000 税込 !

ご成約済み。誠にありがとうございました!


パーツ構成はコチラをご覧ください。

当店で撮影した全画像はコチラをご覧ください。



TUBAGRAといえば、小規模ながらも、ダートジャンプ系・トライアル系MTBのフレームやパーツの老舗ブランド。

しかし、実はイーストリバー店主はこの手のMTBについてはほとんど知識がないので、今回はバイクロアでいつもお世話になっているツバグラのボスであるサモさんに内容や価格について相談に乗ってもらい、諸々を決めました。

こんな感じのショーやスクールを、「秋ヶ瀬の森バイクロア」でいつも開催していただいています。



主なパーツのアップの画像は、以下のような感じ。

オーナー様が、このOPENERを組んだのは9年程前とのこと。

しかし、近所の公園で数回遊んだのみで、本格的なコースやトレイルでは一度も走っていません。

また、基本的に屋内で保管していたので、状態は非常に良いです。



本体はイーストリバーサイクルズにあって、店の営業時間中はいつでも現品を確認したり、試乗したりすることが可能です。

興味のあるお客様は、よろしければご来店ください。

トライアルに関する質問には、ほとんど答えられないとは思いますので、何卒ご容赦ください(笑)