11 9月

ワクチン接種で営業日時の変更

イーストリバー店主が二回目のワクチン接種を行うため、来週は以下の通り営業日時を変更します。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。

15日(水) 臨時営業  11:00〜19:00
16日(木) 臨時休業
17日(金) 臨時休業
18日(土) 体調不良の場合は臨時休業

18日(土)の営業については、前日までにお知らせ致します。

18日(土)は体調が回復しましたので営業しております。



23 8月

縁 enishi cap 、久々に入荷しました

京都の手作りサイクルキャップ enishi。

イーストリバーサイクルズでは初期のころから取り扱いをさせていただいています。

和柄が中心ですが、オリジナルの様々なデザインのものもライナップされています。

製作者の河村氏がサイクリストということもあり、サイクルキャップの形状に合うデザインがチョイスされており、そのセンスが秀逸です。



そんなenishi のサイクルキャップがいくつか入荷しました。

IMG_1518

IMG_1516

enishi cycle cap

¥3,630 (藍染のものは¥3,960)

サイズ:フリーサイズ(頭周55~60cm)、Lサイズ(頭周59~64cm)


ウェブショップでも御購入いただけますので、よろしければコチラをどうぞ。

宜しくお願い致します!



16 8月

夏期休業のお知らせ

急なお知らせで申し訳ございませんが、8月17日(火)〜19日(木)は夏期休業とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



 

10 8月

reric ポップアップ(展示販売会)開催

すっかり日本のサイクリストにはお馴染みとなったアパレルブランド reric

2012年にスタートしたrericは、母体である日本の女性下着メーカーの高い技術を応用して、海外のメーカーに負けない質の高い、且つ価格がリーズナブルなウェアを日本のサイクリストに提供し続けてきました。

日本のサイクリングアパレルブランドというと、やはりP社が最もポピュラーなのかもしれませんが、機能やデザインの現代的なセンスではrericも負けてはおらず、近年ではむしろコアなサイクリスト層には大いに好まれている印象を受けます。



そんなrericのポップアップ(展示販売会)が、イーストリバーサイクルズで開催されることになりました。


8月29日(日)までの期間は、店内の一部がreric コーナーとなっており、サイクリングジャージ・ビブショーツ・ウィンドブレーカー・アクセサリー類が大量展示。

今シーズンの新作の販売はもちろんのこと、前年度のモデルをお求めやすい価格でご提供しております。


こちらが前年度モデル。


さらには、サンプル等のガレージセールも有り。

*,000円からrericのクオリティをお試しいただけますので、この機会に是非!

注)
・申し訳ございませんが、新作と前年度セール品はすべてメンズになります。
・ガレージセール品については、メンズがMサイズ(海外メーカーのS)・XLサイズ(海外メーカーのL)、レディースはMサイズ(海外メーカーのS)になります。
・前年度セール品とガレージセール品については、現金でのお支払いでお願い致します。
・ガレージセール品については、ノークレーム/ノーリターンでお願い致します。




本格的なサイクリングウェアをそろえたり、買い足したいと考えていらっしゃるお客様は、きっと何か見つかると思いますので、お立ち寄りください。

先日お知らせしたOBS 701D の試乗会と併せて、reric のポップアップも宜しくお願い致します!



7 8月

お盆期間中、701D 試乗会 開催します

1

IMG_1254


お盆期間中はOne by ESU JFF #701D の試乗会を開催致します。

先日組んで紹介させてもらった530サイズの試乗車に加えて当店の試乗車に加えて、東京サンエスさんに4台の701Dをお借りします。

別サイズや様々な仕様の組立車をお試しいただけますので、ご興味のあるお客様は是非ご来店ください。



開催日:8月12日(木)~16日(月) 11:00~19:00
*12日は13:00頃から試乗が可能になります。

試乗車:
1. w/カーボンフォーク 530サイズ カーキ(上写真)
2. w/カーボンフォーク 455サイズ メタリックシルバー
3. w/カーボンフォーク 510サイズ メタリックCブルー
4. w/クロモリフォーク 550サイズ ブラック
5. w/カーボンフォーク 530サイズ メタリックイエロー(上写真の当店試乗車
*1~4 の仕様については、コチラのページをご確認ください。



今回試乗会を通じてご成約いただいたお客様に対しては、東京サンエスさんより特典をご用意させていただく予定 !



unnamed

お待ちしております!



* 490サイズはメーカーで一時完売となっており、次回入荷は未定です。


4 8月

GROWTAC EQUAL メカニカルディスクブレーキ


GROWTACは自転車関連の製品の開発・販売をしている東京大田区のメーカーです。

過去にとある用事で一度大森の事務所にうかがったことがあるのですが、メーカーというよりも研究所といった雰囲気で、ぴりっとした空気が漂っていたことを記憶しております。


そのときに社長さんが力強くお話しされていた「レースシーンの使用にも耐えうるメカニカルディスクブレーキ」が、最近発売されました。


GROWTAC EQUAL メカニカルディスクブレーキ キャリパー

前後セット(専用ケーブル・アダプター・取付ボルト付属)

カラー:グレー・レッド・ブルー・ゴールド・ピンク

¥33,220



先日ブログに書きましたが、イーストリバー店主はOMM白馬に参加するにあたり新たに組んだOne by ESU JFF #701Dに、早速このEQUAL メカニカルディスクブレーキキャリパーを装着しました。

油圧系のシマノパーツの供給が滞っており困っていましたが、ふとこのキャリパーのことが頭をよぎり、試してみたいと考えたわけです。

1

2

3

結論から言うと「よく効く!」です。

もちろん以前から知っているメカニカルディスクのタッチなのですが、よく完成車に装着されているメカニカルとは全然別物と言っていいでしょう。

白馬の道の急な下りでも、少しも不安になることはありませんでした。



「なぜ効くのか?」の理由についてですが、わかりやすいところで言うと、ケーブルが専用になっています。

IMG_1285

IMG_1287

付属の専用アウターケーブルはソフトとハードの二種類あって、ドロップハンドルに沿わせて曲げなければならない部分はソフトを、それより下方部分はハードを使い、それらはコネクターによって連結されます。

市場に出回っているメカニカルディスクブレーキは、ケーブルワイヤーでレバーを握った力の3割近くをロスしているとのこと。

そのデメリットを解消しています。



それ以外のEQUAL メカニカルディスクブレーキの特徴や開発に関する諸事については、私がここで解説するまでもなく、メーカーのホームページにかなり詳しく記載されていますので、参照ください。

簡易版(十分詳しいですが笑)はコチラ、詳細版がコチラ

お時間のある方は、詳細版を是非。

GROWTACさんにうかがったとき私が持った「研究所」という印象は、間違いではなかったようです。


詳細版の中で「作りたいモノは、”良い機械式ディスクブレーキ”ではありません。自分のスタイル、自分の楽しみにあったブレーキシステムを”選択する自由”を作りたいのです。」という一節にはぐっときました。

ロードやシクロクロスはディスクブレーキがほぼ主流になっています。

しかし、すべてがトレンドや大手メーカーの意向に流されてしまうのではなく、EQUALのブレーキキャリパーによって、手持ちのパーツをこれまで通り愛着を持って使い続けられることができれば、これほど理想的な自転車ライフはないのではないでしょうか。



IMG_1266

当店の試乗車でいつでもお試しいただけますので、興味がありましたらご来店ください。

常時追加生産はしているようですが、メーカー在庫は少なめな状態が続いていますので、注文はお早目にどうぞ。

よろしくお願い致します!



30 7月

OBS #701D 試乗車 組みました

先日アップしたOMMについての投稿の中にもチラチラ出ていましたが、OMM参加に合わせて、店主の新たな相棒&イーストリバーの試乗車として、One by ESU JFF #701D を1台組みました。


IMG_1254

IMG_1256

IMG_1260

One by ESU JFF #701D & OBS-RBD-TH カーボンフォーク フレームセット

¥201,300 (カーボンフォーク同色塗装 +¥14,850)

サイズ:455,490,510,530,550(ERC車体は530)

カラー:30色より選択可 (ERC車体はメタリックイエロー)


* 名前が長いので(笑)、以下OBS #701Dと記載します。

東京の自転車問屋の老舗、東京サンエスのオリジナルブランド One by ESU

そのOne by ESU が、これまで培ってきた経験と知識を集結させて、現代の遊び方に限りなく近づけた自転車がこの#701Dです。

イーストリバー店主も「やはり1台組んで、じっくり乗ってみたい」という結論に至り、こちらの自転車を組むことになりました。



IMG_1268

IMG_1274

IMG_1276

細かいテクニカルな話しについては、以前に書いたF様の#701Dについての投稿で触れましたので、ソチラを参照ください。

それまでのOne by ESUのモデルは、どちらかと言うとレース中心の考え方で設計されていましたが、#701Dについてはさらに様々なシーンの使い勝手に耐えうるオールラウンダーになっています。



試乗車を組むにあたってのパーツについてですが、ご存知の方も多いと思いますが、コロナの影響で現在自転車業界全体がパーツの供給不足に悩まされています。

コンポーネントではグラベルバイク用のシマノGRXシリーズにその影響が特に顕著で、納期が数ヶ月先というものもめずらしくありません。

かく言う私もGRXで組もうと計画していたのですが考えを改め、とりあえず手持ちのパーツ中心で組むことにしました。

そこで救世主となったのが、こちらのブレーキキャリパー。

IMG_1282

IMG_1284

GROWTAC

EQUAL メカニカル ブレーキキャリパーセット

前後セット ¥33,220 (専用ケーブルセット・マウントアダプター・取付ボルト付属)


もちろん油圧ブレーキは良いですが、レバーも変更しなければいけないのが悩ましいし、何より現在入手困難。

しかし、現状のパーツで済ませようとすると、メカニカル(機械式)のディスクブレーキは効きがもうひとつ。

その問題を解決してくれるのが、EQUALのメカニカル ブレーキキャリパーです。

こちらについては、長くなりそうなので別途ブログに書きます。


コックピットは、東京サンエスの別ブランドDIXNAのジェイフィットモンローFZハンドルとフォークステム、バーテープはBIKERIBBONのMAZEをチョイス。

ポップなルックスで、グラベルバイクっぽい感じ(?)になったかな、と。

IMG_1270


サドルはSELLE SAN MARCO GND DYNAMIC SUPERCOMFORT 。

店主のおしりがSSMの幅広系のものと相性が良いので、オフロード向けのGNDを使ってみることにしました。

IMG_1434



前回も書いた通り、この#701DでOMMをおおいに楽しむことができました。

IMG_1314

IMG_1327

IMG_1368

IMG_1363

IMG_1391


余裕のあるギア比(カセット11-34T)で700×36のタイヤを装着して走りましたので、適度に過酷なアップダウンやグラベルのある今回のライドにはちょうど良かったようです。

「シッティングで長時間乗って気持ちの良いフレーム」という印象をより強く受けました。

凝ったつくりのチェーンステーとシートステーのおかげで、リアがよくしなってくれることが大きいと思います。

IMG_1263



いつでも試乗できますので、ご興味のあるお客様は是非ご来店ください。

そんなに気張らずに乗ることのできるグラベルロードとしては、最高の1台だと思います。

IMG_1271

お待ちしております!



24 7月

OMM BIKE に参加してきました!

本当に久しぶりに、店のお客様と既存の自転車イベントに参加してきました。

OMM BIKEです。

OMMとはマウンテンマラソンとある通り、イギリス発祥の本格的なロゲイニングスタイルの山岳マラソンレースなのですが、数年前より基本的なスタイルを踏襲しつつ、初心者も参加できるLITEと、自転車を対象としたBIKEが開催されるようになりました。

2日間にわたり開かれ、配布された地図にあるチェックポイントを回って合計ポイントを競います。

もちろん、通信機器の使用は禁止で、コンパスを使って地図を読んで、ポイントを探さなければなりません。

IMG_1395

そして夜は、参加者の大半が専用のキャンプサイトに泊まります。

仲間の自転車乗りから大変評判が良く、お客様からも「行きたい!」という声があったので、微妙な状況ではありますが、今年は満を持して参加することにしました。



金曜日は休みが取れなかったので(金曜の夜からテント泊が可能)、金曜の夜中に出て、早朝に白馬に到着。

ちょうど梅雨が明けて、2日間とも晴天の予報で、大変ラッキーでした。


会場の様子はこんな感じ。

IMG_1295

IMG_1302

私が運営に携わっているバイクロアと比較すると、少し参加者の年齢層が若くて、家族連れよりも仲間同士で来ている方々が多い印象。


到着後、我々も早速キャンプとバイクのセッティングしました。

IMG_1291

20210717_081846


そして、いよいよスタート。

9時過ぎですでに30度を超えていました。

IMG_1298

IMG_1353


結局、両日の白馬の最高気温は約38度。

それでも湿度が東京に比べるとかなり低いのでだいぶ楽だし、とにかく空気がきれいで景色が美しいので、走っていてとにかく楽しいです。

IMG_1312

IMG_1319

IMG_1360

IMG_1323

IMG_1370


チーム内で地図を読み合いながらチェックポイントを探して、辿り着いたら専用の機器でチェックインします。

ポイントはだいたい奥まったところにあるので、迷うこともたびたび。

ただ、それも含めてかなり面白いレースです。

IMG_1373

IMG_1322

IMG_1330


川に入れるポイントもあります。

水が冷たくて気持ちいい!

IMG_1388

IMG_1389


午後3時過ぎにはレースが終わり、風呂に行った後は食事タイム。

夕方の美しい稜線を眺めながらのビールと焼肉は、至福の時間でした。

準備に勤しんでくださったFさんには、感謝しかありません。ありがとうございます!

夜は涼しく短パンで過ごせる、ちょうど良い気候。

星も月もきれいでした。

IMG_1339

20210717_173207

IMG_1337

20210717_220527



ロゲイニング式のレースに出場するのは初めてだったのですが、大変新鮮で楽しい体験でした。

レースの結果については、メカトラブルで残念ながらDNFとなってしまいましたので、イーストリバー組は来年も再挑戦することで決定(笑)。

ご興味が湧いた方がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。

よかったら、いっしょに行きましょう!


unnamed



15 7月

あえて古典的なツーリング系のVIVALO

そろそろ梅雨が明けるみたいですね。

この時期はまだまだ涼しい日もありますが、いよいよ本格的な夏がやってきます。

熱中症にはくれぐれも気をつけて、自転車を楽しみましょう!



というわけで、今回は少し前に納車させていただいたクラシックタイプのVIVALOの紹介です。

IMG_3948

IMG_3961

IMG_0775

オーナーのA様は、前職からの長年のお付き合い。

サイクリスト歴が長く色々な自転車に乗っていらっしゃいましたが、ゆったり近場を走ったり、時々ロングライドができるようなクロモリロードを御所望で、久しぶりに店をたずねてくださいました。

完成したのは、お手持ちの旧パーツと新しいパーツで組まれたクラシックタイプのVIVALO

モーニンングライドにも定期的にご参加いただき、ルックスも乗り味も大変ご満足いただいています。

誠にありがとうございます!



カラーはオリジナルの落ち着きのあるシルバー単色で、フォーククラウンのみメッキ出ししました。

イエローのシンプルなクラシックタイプのロゴが、映えます。

IMG_0770

IMG_3950

IMG_0761

チューブはツーリング向きのカイセイ4130Rを採用。

ジオメトリーは少しチェーンステーを短めに、BBドロップを少なめにして、きびきび走る仕様にしました。



パーツはオールドツーリングロード系のもので統一。

ギアはダイアコンペのダブルレバー。

IMG_3952

ブレーキレバーは上部にケーブルが出る同じくダイアコンペのGC202H。

IMG_3969

クランクはスギノ マイティーツアー。

IMG_0765

サドルとバーテープはもちろん定番のBROOKS レザー。

IMG_3957

IMG_3954

決して古くならない普遍的なスタイルですね。



納車の翌日には早速モーニングご参加いただき、快晴のもとのシェイクダウンになりました。

IMG_0788

IMG_0784



現在のロードバイクのトレンドとは対局にあるスタイルですが、VIVALOであればお客様それぞれのご希望に応じた自転車をご提供することが可能です。

完組みホイールはリムブレーキ仕様が少なくなってきていますが、イーストリバーサイクルズでしたらご希望に応じて手組みホイールを組ませていただきます。


IMG_3970

優れたクラフトマンシップに裏打ちされた、美しく優れたスチールバイクはいかがでしょうか?



14 7月

今週末は臨時休業になります

7月16日(金)・17日(土)・18日(日)は臨時休業になります。

ご不便をおかけしまして申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。



お休みをいただく理由がこちら。

お客様数名とOMM BIKE Hakuba / Otari 2021 に参加するため。

初参加なので少し緊張しておりますが(笑)、楽しんできたいと思います。

戻りましたら、ブログ等で報告させていただきます!