15 5月

臨時休業のお知らせ

5月17日(金)〜19日(土)は臨時休業になります。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



店主はバイクロアの業務で山梨におります。

お時間のある方は、遊びにいらしてください!

詳細はコチラ



13 5月

WHITE INDUSTRIES 手組みホイール&One by ESU クランク カスタム①

当店で中古のEBSのフレームをご購入いただき、ブレーキだけはGROWTAC EQUALにして、その他はリーズナブルなパーツで組んで、通勤用の自転車で使われていたM様。

グレードアップの欲が出てきて、少し前に性能に直結するホイールを交換することになりました。


当店が最近一推しの、WHITE INDUSTRIES CLD ハブ& VELOCITY AILERON リムの手組みホイール。

派手さはありませんが、回転性能だけでなく振動吸収性やメンテナンス性が良く、比較的軽量です。

ハブはポリッシュとブラックの他に、4カラーから選べます(カラー チャージ有り)。

円安の影響でWHITE INDUSTRIESのハブの価格が上がっており、この仕様ですと総額で¥170,000税込くらいからになりますが、クロモリ系の細身のディスクフレームにはぴったりだと思います。



予算にもう少し余裕があるということだったので、クランクをOne by ESUジェイクランクに交換。

そして、カスタム後の画像は以下の通り。

通勤バイクとして、実用的で無駄のない1台。

こういう贅沢過ぎない自転車を、メンテナンスを重ねながら、長く乗っていくことが理想的です。


ホイール、クランク 等、各種カスタムのご依頼は大歓迎です。

ご相談をお待ちしております!



11 5月

One by ESU JFF TiV2 w/ Chris King

One by ESU の新作チタンフレーム、One by ESU TiV2

日本のフィールドに合わせて設計されたオールラウンダー・チタン・モデル。

チタン独特の美しいルックスだけでなく、オンロードでもオフロードでもしなやかな走りを保証します。

長きに渡りオリジナルバイクの製作を行ってきたOne by ESU (以下、OBS)の、豊富な経験や技術 の結集と言えるでしょう。


仕様・価格・ジオメトリーなどについては、コチラをご確認ください。



そんなOBS TiV2を、GW直前に1台、納車させていただきました。

長距離を走るにも近場を走るにも快適に乗れて、且つ派手過ぎない高級感のある自転車を探していたT様。

OBSのチタンフレームは、かなり理想形に近かったようです。

誠にありがとうございます!



落ち着いた重厚なルックスがチタンならでは。

ヘッドは削り出しのテーパードタイプ。

チェーンステーはBBに近い部分は縦に、中間から横に扁平させたオリジナル形状となっており、剛性を維持しつつ高い振動吸収性を実現しています。



ハブ・BBについては、T様のリクエストで、すべてCHRIS KINGのマットターコイズのパーツとなりました。

シートクランプは、KCNCでほぼ同色のものがあったので、そちらを装着。

チタンのフレームとのコントラストが映えます。

ホイールは、CK R45DISCVELOCITY AILERONリムの手組み。

チタンのしなやかさに、さらなるしなやかさを加えた仕様となっています。

タイヤは新型のパナレーサー グラベルキング SS をチョイスしました。



メインコンポはシマノの新しいDi2 105 R7100ですが、クランクセットのみはDIXNA ラクランクの12速仕様をチョイスしました。

新しいDi2 105 はアプリとの連携や充電のしやすさなど、非常に使い勝手が良く素晴らしいのですが、せっかくの美しい細身のチタンフレームなので、同じく細みのDIXNAクランクをおすすめし、同意していただきました。

ハンドル・ステム・シートポストは、フレーム同様にOBSのものを合わせました。

ハンドルはT様のお好みでフレアタイプでないジェイカーボン マホラ、シートポストはカーボン マガタマ シートポストと、振動吸収性をアップするためにカーボン製のものをチョィス。

サドルはRITCHEYのクラシックで、落ち着いた感じにまとめました。



お手持ちのカーボンフレームからの乗り換えを考えているお客様は、次はカーボンではなく、チタンという選択肢はいかがでしょうか?

レースに出場しないでファンライドメインであれば、かえってチタンの方がサイクリングが快適になると思います。

試乗をご希望の方は、メーカーから借りることができますので、ご相談ください。

One by ESU JFF TiV2、是非よろしくお願いします!



29 3月

CIELO SPORTIF 中古車、委託販売します

2017年に多くのファンに惜しまれつつ、生産中止となってしまったCIELO by CHRIS KING

クリスキングのバイクフレーム部門であるシエロサイクルズを、日本で販売が展開された当初から取り扱ってきたイーストリバーサイクルズにとっても、思い入れのあるブランドだったので、非常に残念な出来事でした。



CIELOの功績としては、伝統的なスチールフレームを再定義して、現代のパーツ仕様やスタイルに合った、新しいクロモリバイクの世界を押し広げたこと。

その流れが、現在もマスプロやハンドメイドのクロモリバイクに受け継がれて、カーボンフレームが主流の昨今でも多くのライダーに親しまれています。




そんなCIELOの中古車を、このたび当店で委託販売させていただくことになりました。

イーストリバーサイクルズで8年前に組み付けて提供させてもらった1台ですが、オーナー様が諸事情により手放さなくならねばなったものです。

状態が比較的良いので、ご興味のある方は是非どうぞ。

CIELO SPORTIF

サイズ : 54  (適合身長 173〜183センチ)
*ジオメトリーはコチラを参照ください。

カラー: オイスターホワイト

パーツ仕様 → コチラをご覧ください。

販売価格  ¥375,000 税込 (推定定価 ¥600,000)



8年前のフレームではありますが、古さを感じさせないところが、流石CIELO SPORTIF

カラーもデザインも、CHRIS KINGならではのセンスが光ます。

塗装はパウダーコーティングで、ロゴもデカルではなく塗装されたものになります。

部材はすべて、KING 自社工場での削り出しです。

SPORTIFというモデルは、その名の通り所謂「ロードレーサー」ではなく、700×30前後の太いタイヤも装着可能なロードバイクです。

泥除けの装着も可能(その際の装着タイヤは700×28まで)。

ゆえにキャリパーブレーキは、ロングアーチタイプが標準になります。

現車に着いているのは、TRP RG957です。



ハブ・ヘッドパーツ・BBは、すべてCHRIS KING製。

カラーは現在は生産中止となってしまった、艶ありのターコイズになります。

オーナー様が基本的に酷使はしておらず、且つ一昨年前に当店でオーバーホールを施したので、状態は非常に良いです。

コロナ禍で随分価格が上がり、手に入りにくくなったことを考えると、かなりお買い得だと思います。

* フロントハブの塗装のみ、少し劣化が見られますので、実物をご確認いただけると幸いです。



試乗可能ですので。ご興味のある方は、一度店頭に現車を見にいらしてください。

宜しくお願い致します!



11 3月

臨時休業と振替営業のお知らせ

3月15日(金)〜19日(火)はバイクロアの業務のため、臨時休業になります。

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。


翌日の20日(水)は本来定休日ですが、祝日により振替営業致します。

ご来店をお待ちしております。



3月16日(土)17日(日)は、土浦市の霞ヶ浦総合公園で、イーストリバー店主が運営に携わっている「土浦レイクサイドバイクロア4」が開催されます。

こちらもお時間のある方は、是非遊びにいらしてください。

詳細はコチラをご覧ください。



12 2月

昨年納車したK様 JFF Ti V2の紹介

当店ではOnebyESUニューモデルの試乗会を開催中ですが、その中の一台がフラッグシップのチタンモデル、JFF Ti V2

先日、試乗車に乗ってみましたが、舗装路でも土の上でも、非常にしなやかで快適に走ることができました。

価格・仕様 等、フレームの詳細はコチラをご覧ください。



TiV2はスチールやアルミのモデルよりも先行して発売されていたのですが、昨年の発売開始後、早速ご注文いただいたK様の一台を紹介させていただきます。

某メーカーのカーボンフレームのロードで頻繁にツーリングに出かけていたK様ですが、それとは別 に、よりグラベル寄りのバイクをご所望でした。

そんな折、縁があってTiV2を試乗する機会に遭遇し、乗り味はもちろんルックスにも満足されて、今回オーダーに至りました。

誠にありがとうございます!



チタン独特の質感が美しい質感。

チタンモデルながら、お値段が比較的にリーズナブルなのも魅力的です。



TiV2のフォークは、オンロード寄りのRBDとオフロード寄りのCBDの2種からの選択が可能ですが、K様は既にロードバイクを所有しており、試乗車がCBDを装着していたことから、CBDをチョイス。

リアは700X35程度のタイヤまで装着可能で、フロントはCBDフォークですとさらに太いタイヤの装着が可能なので、本格的なグラベルでも楽しむことができます。



コンポはシマノ アルテグラ R8100シリーズ

それに合わせて、クランクはDIXNAから新しく発売された12速のチェーンリングとラクランクを装着しました。

チェーンリングの歯数の組み合わせが3種類あって、さらにカラーがブラック・シルバー・パープルの3色から選べます。

パープルが、渋いカラーの車体のワンポイントになって、なかなか良い。



ハンドルはOnebyESUのジェイカーボンマホラスエヒロ、ステムは同じくOBSのスージーステム。

実はイーストリバー店主はフレアハンドルが苦手なのですが、例外的にこのマホラスエヒロは違和感なく身体にフィットします。

全体的に日本のグラベルを楽しむことに特化されて設計されていると思います。

フレアハンドルの名品です。



ホイールは最近当店一押しのWHITE INDUSTRIES ハブの手組みホイール。

ネオクラシックなグラベルバイクに仕上げるならこれしかない、ということでおすすめしました。

リムは少しハイトのあるものをご所望だったので、VELOCITY AILERONをチョイス。

見た目のわりに軽量で、チューブレスでも使える優秀なリムです。



TiV2のメーカーの在庫状況ですが、一時的に完売になったものの、最近一部サイズのみ入荷してきたとのこと。

昨今の円安の影響により、値上がりする可能性もありということなので、検討されている方はお早めにどうぞ。



宜しくお願いします!



8 2月

OnebyESUニューモデル、なかなか良いです

先日お知らせしました通り、東京サンエスの協力のもと、試乗車4台を貸し出していただき、「OnebyESUニューモデル試乗会」開催中です。

今週末まで開催しています。

連休中は天気が良いようですので、ご興味のあるお客様は是非ご来店ください。

OnebyESU ニューモデル試乗会

開催期間:  〜2月12日(月)



念の為、再度試乗車を紹介しておきます。


試乗車①JFF #703D w/RBD-TH カーボンフォーク
カラー:サファリイエロー
サイズ:530

フレームセットの詳細はコチラ


グラベルバイク701Dの後継のクロモリフレームモデル。

チューブが全面的に改良され、さらに乗り味がグレードアップしたとのこと。

エンドはRITCHEYのものが採用されています。


703Dの試乗車に装着されているハンドルは、やはりOnebyESUのニューモデル、グランベース(定価¥55,000)です。

これは軽さはもちろん、操作性も良さそう。



試乗車②JFF #703D w/RBD-TH カーボンフォーク
カラー:メタリックグリーン
サイズ:490


703Dは同じカーボンフォーク仕様でもう1台。

フレームサイズ小さめで、700×28のオンロードタイヤを装着しています。



試乗車③JFF Ti V2 w/RBD1.25TH カーボンフォーク
サイズ:510

フレームセットの詳細はコチラ


OBSのフラッグシップモデルであるチタンフレーム。

オンロード寄りの性能を重視したRBD1.25フォーク仕様の試乗車は、カーボンホイールと700X28のタイヤが装着されています。

チタンならではの質感が、自転車好きの所有欲をそそります(笑)



試乗車④:JFF #901 w/GBD1.5TH カーボンフォーク
カラー:サンドチタンブラウン
サイズ:M(510)

フレームセットの詳細はコチラ


シクロクロスレース用の#807zをベースに、ジオメトリーをよりツーリング向きに変更したアルミフレームモデル。

700×42までの太さのタイヤの装着が可能で、試乗車も42のブロックタイヤを装着しています。

アルミなのでアルマイト塗装の設定があって、試乗車はサンドチタンブラウンというカラー。

高級感があって、かなり良い感じです。




水曜の定休日は、月火の雪とうって変わって良い天気になったので、荒川の河川敷の芝生の広場に行って、オフロード走行を試してきました。

土の上を走るとやっぱり楽しさ倍増!

特に朝のうちは雪も残っていて、貴重な環境でのお試しライドになりました。


TiV2はRBDフォークで、700X28のオンロードタイヤを装着しているので、サイクリングロードでの走行も試してみました。


今のところの結論としては…

1. オフもオンでも遊び倒すには、三モデルの中では703Dが一番適している。
2. TiV2はオフだけで使うにはちょっともったいないくらいに、しなやかに走る。
3. アルミの901はツーリングだけでなく、シクロクロスレースでも十分使える性能がある。

といったところでしょうか。



店の周囲にはオフロードはほぼありませんが(笑)、舗装路で乗っても、OnebyESUフレームの性能の高さは実感できると思います。

お待ちしております!



28 1月

OnebyESU試乗会 @イーストリバーサイクルズ、開催します!

イーストリバーサイクルズにて久々にOnebyESUの試乗会を開催することになりました!

ご興味のあるお客様は、是非予定に入れておいていただけると幸いです。


OnebyESU 試乗会 @ イーストリバーサイクルズ

開催日:2月3日(土)〜12日(月)

*水曜日定休



あらためて、OnebyESUのブランドの紹介を少々。

東京の自転車問屋の老舗である東京サンエスのオリジナルブランドであるOnebyESU

長年、レースシーンを中心に数々のフレームやパーツの名品を提供してきましたが、近年は時代の変化に伴い、よりファンユーザー向けの製品の開発に注力してきました。

特に2020年に発表されたJFF #701D は、出色の出来でした。

「往年のスポルティーフ車をモデルにした」という開発担当の説明の通り、欧米メーカーのグラベルバイクとは異なる、国内のフィールドでの遊びに主眼を置いたネオクロモリフレーム

クラシック感を維持しつつ、現代的な走行性能やフレーム仕様(ジオメトリー・適応パーツ等)は、当店でも多くのお客様のご好評を得ました。


かく言うイーストリバー店主も701Dユーザー。

グラベルでもオンロードで乗っても、本格的に乗っても緩く乗っても楽しいOBSバイクは、長く付き合える相棒になると体験者は確信します(笑)。



コロナも明けて、ようやくOnebyESUのニューモデルが出揃いましたので、今回は以下の3モデルを試乗車として用意できることになりました。

JFF #703D  w/RBD-TH カーボンフォーク

フレームセット定価 ¥206,800

サイズ 490

グリーン

サイズ 530

サファリイエロー

先月販売が開始されたばかりの701Dの後継のクロモリモデル。

今回、最も注目のモデルです。

701Dからチューブが変更され、ジオメトリーや要所要所の部材もマイナーチェンジして快適性や走行性がパワーアップ。

一番ニーズが多い2サイズをご用意しましたので、是非OBSスチールフレームの素晴らしさをお試しいただきたく。

詳細はコチラをご覧ください。


JFF Ti V2 w/RBD1.25THカーボンフォーク

フレームセット定価 ¥424,600

サイズ 510

703Dに先行して発表・販売開始されたチタンフレーム。

OnebyESUの知恵と技術が集約されたフラッグシップモデルです。

チタンフレームとしてはリーズナブルな価格が魅力的なこともあり、すでに静かな人気を博しています。

しばらく欠品状態が続いていましたが、来週にはメーカーに入荷予定です。

詳細はコチラをご覧ください。


JFF #901  w/GBD1.5TH カーボンフォーク

フレームセット定価 ¥168,300

サイズ M (510)

サンドチタンブラウン

シクロクロスのレースシーンでは、アルミ製のフレームを主に供給してきたOBSですが、このたび初のアルミ製のツーリングモデルが発表されました。

クロモリとは異なる風合いが魅力の金属フレーム。

今回は店主が試乗したいこともあり(笑)、お借りすることになりました。

詳細はコチラをご覧ください。




もちろんOBSファンやクロモリフレーム好きの方には来ていただきたいのですが、例えば「現在カーボンロードに乗っていて十分楽しいが、これからさらに自転車の遊びの世界を広げたい」と考えているような方にも、OnebyESUのバイクはおすすめです。

この機会にイーストリバーサイクルズで、OnebyEsuを体験してみてください。

お待ちしております!



9 1月

BOMBTRACK AUDAX 試乗車、組みました!

先日、BOMBTRACK HOOK EXT フレームセットの紹介をしましたが、イーストリバーでもBOMBTRACKの試乗車、兼店主ライド用車(?)を1台用意することにしました。


チョイスしたのがHOOK EXTではなく、AUDAXというモデル。

Sサイズのフレームセットを手持ちのパーツで組んでみました。

BOMBTRACK AUDAX

サイズ: XS(完成車のみ)、S、M、L

カラー: メタリックダークブラウン

シマノGRX完成車(XS・S 650B、M・L 700) ¥360,000税別、フレームセット価格 ¥180,000税別


「AUDAX」という言葉について調べてみると、「果敢な」「大胆な」「勇敢な」といった意味のラテン語だそうですが、自転車乗りにとってはほぼ「ブルベ」という意味になります(ブルべについてはコチラを参照ください)。

BOMBTRACK AUDAXは、その名の通り、欧米でさかんなブルベ用に本国で考案されラインナップされたモデルだと思われます。
しかし、道路事情 などのブルベを行う環境が欧米と日本では大いに異なっているそうで、BOMBTRACK AUDAXが日本でブルベを走ることに最適化しているかというと、そうではないとのこと(代理店担当者談)。

それでは、AUDAXはどのような位置付けになるのか?
カテゴリーとしては、先日紹介したHOOK EXT に近い「グラベルロード」に入るモデルと考えて差し支えないと思います。
HOOK EXTとジオメトリーは若干異なりロード寄りにはなりますが、AUDAXのカラーの方が好みであれば、こちらを選んでいただいても全く問題ありません。
まさに、私が今回そうさせてもらいました(笑)。



このメタリックダークブラウンというカラーが、あまり他で見ないカラーで一目惚れしてしまいました。

チューブについては、HOOK EXT 同様、COLUMBUS CROMORになります。

フォークはHOOK EXTのSEIDO製のものではなく、ライトマウントなどがない、少しシンプルなつくりのタイプになっています。


タイヤはDONNELY X’PLOR MSO の700X36を装着して、フレームとのクリアランスは問題なし。

AUDAXの場合、700X38がぎりぎりで、700X40だとタイヤによっては装着が難しいかもしれません。

XS・Sサイズの完成車だと650BX42のタイヤを装着しています。


パーツ構成は、基本的にシマノ11速のメカニカル仕様。

一部パーツは買い足しましたが、手持ちのものを流用しました。

ディスクブレーキキャリパーは、もちろんGROWTAC EQUALで。

完成車は12速が標準になりつつありますが、壊れていなければ11速パーツを流用すると、 環境にもお財布にも優しいかもしれません。



早速、年明け早々に武蔵丘陵方面に、シェイクダウンに行ってまいりました。

グラベルがメインで60キロほど走りましたが、きびきびした走りが心地良かったです。

ルックスから剛性があり過ぎるのではないかと少し心配していたのですが、振動吸収性が高いからか、身体への負担も感じませんでした。

遊びの相棒としては、最高ではないでしょうか。



こちらのBOMBTRACK AUDAXは、もちろん、常時イーストリバーサイクルズで試乗が可能ですので、ご希望される方はご来店ください。

お待ちしております!



他の写真をご覧になられたい方はコチラへどうぞ。



6 1月

BOMBTRACK HOOK EXT 、新規組み上げ or 組み替え、いかがでしょうか?

2021年頃からイーストリバーで取り扱いを始めたドイツのグラベルバイクのブランド、BOMBTRACK

コロナ禍によりほとんど国内在庫がない状態が続いていましたが、ようやく昨年末から代理店への入荷が本格的になってきました。

グラベルバイクの完成車やフレームセットの購入されている方は、是非候補に加えていただけると幸いです。



早速、当店にも以前にオーダーしていたHOOK EXTのフレームセットが入荷してきました。

BOMBTRACK HOOK EXT フレームセット

サイズ: S、M

カラー: マットティール、マットブラック

¥198,000 税込



BOMBTRACKのライイナップ中では、「GRAVEL&ALLROAD」というカテゴリーに入り、その中でも一番アドベンチャー要素の高いモデルになります。


フレームのチューブは、老舗COLUMBUSのCROMORを採用。

ヘッドは1-1/8と1-1/2のテーパーのヘッドチューブ、BBはT47規格となっており、本格的なグラベル走行に耐えうる剛性が確保されていることが予想されます。

フォークはBOMBTRACKのオリジナルパーツブランドSEIDOのカーボンフォークです。


シートステーの独特のベント形状は、振動吸収性が高そう。

チェーンステーの形状が、アシンメトリーになっているのが遊び心が感じられますね。


以前に比べるとシンプルなグラフィックになり、どんなパーツやウェアのカラーにも合わせやすいかもしれません。



BOMBTRACKのラインナップには、世間一般で「グラベルロード」と呼ばれるジャンルに含まれるモデルがいくつかあって、どれを選べばよいか迷うのですが、特にカラーのこだわりが無ければ、どのフレームサイズでも太いタイヤが装着可能であるHOOK EXTを選んでおけば、間違いないと思います。

完成車は27.5(650B)のホイール/タイヤの仕様になっていますが、もちろん700Cでも組み上げ可能です。

タイヤの太さは、700X38までは問題ありませんが、700X40だとメーカーやモデルによっては装着できないものがあるかもしれません。


昨年当店に1本だけ入ってきて、W様に購入していただいたHOOK EXT Sサイズ フレームセットは、700Cのホイール/タイヤを装着して組みました。


お手持ちのロードバイクからの組み替えで、レバー・前後ギア・クランク 等は流用。

当店一押しのGROWTAC EQUAL のメカニカルディスクブレーキやシマノ WH-RX570 ホイール 等は、新規で併せてご購入いただきました。

タイヤはとりあえずオンロードで使用されるということで、700X32のスリックを装着しました。


2023年度までのグラフィックも悪くありませんが、こちらのフレームセットは完売。

完成車でしたら、数台のみ代理店に画像のマットメタリックグレーの在庫がありますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

フレーム&フォークの仕様は、変わり有りません。



何やら遊びの可能性が広がりそうな、BOMBTRACK HOOK EXT

新規組み上げ or 組み替え、いかがでしょうか?




すべての画像はコチラコチラよりご覧ください。