14 10月

クラッシックなスタイルのVIVALO でツーリングなど

当店ではスチールだけでなく、アルミやカーボンのバイクの取り扱いもありますので、ライドをやると車種が様々です。

IMG_20170820_115343

EP5H9507

峠を訪れたりすると、やはり周りはカーボンバイクが多いですが、タイムだけを重視するのでなければ、 どんなバイクでも上れるし、性能にしてもルックスにしてもそれぞれに良いところがあると思います。

当店でご提供しているスチールバイクですとVIVALOが多いですが、VIVALOはクラシックなスタイルだけに止まらず、色々あるバイクの中の選択肢の一つとして挙げていただけるようなブランドにしていきたいと思っています。

実際に良質なクロモリは、踏み心地は軽いし、重さも軽く組むことが可能です。




今回組ませていただいたVIVALO のオーナーのS様にとっては、初めてのロードバイク。

やはりアルミやカーボンも検討されたようですが、様々ある中から、自分がバイクでやりたいこと・好きなスタイル・価格などを鑑みて、最終的にVIVALOを選んでいただきました。

IMG_1571

IMG_1573

IMG_1574

VIVALOの得意なクラシックスタイルなので、決して軽量ではありません。

しかし、適度に硬質で振動吸収性能の高いクロモリフレームは、S様をより快適に遠くに連れて行ってくれるパートナーとなることでしょう。

誠にありがとうございます!



IMG_1582

IMG_1579

IMG_1576

IMG_1577

フレームは基本仕様のKAISEI019。

カラーやロゴは比較的クラシックなものを選ばれましたが、地味になり過ぎず、S様らしく爽やかな印象。



コンポはシマノ105ですが、クランクのみはTRADOZIONEオリジナル の BELLO クランクを選ばれました。

細身のフレームには、やはり合いますね。

リムも軽量でコスパの良いTRADIZIONE ZERO で。

サドルは最近ブルベライダーなどに人気のSELLE ANATOMICA です。

IMG_1587

IMG_1589

IMG_1593

ツアラーやコミューターとしては、言うことのない内容です。

快適にしっかり使えますね。



VIVALO ではこのようなカスタムバイクを、だいたい25万円くらいから組めます。

もちろん完成車で、もっとコストパフォーマンスの良いもの(重量・パーツ構成の面で)はたくさんあります.

しかし、自分でカラーやロゴをチョイスできたり、フレームについては何十年も付き合えることを考慮すると、決して高い自転車ではないと思います。




IMG_20170910_122309

納期はだいたいオーダーしてから3ヶ月程度。

是非、VIVALOを選択肢の一つとして、ご検討ください!



8 8月

通勤用のVIVALO DRESSCODE

お盆の前後になると、当店のある東東京界隈はお祭りムードが高まってまいります。

週末には法被を着た方々が、どこでもちらほら。

IMG_20150816_123246のコピー

お盆を過ぎると「もう今年の夏も終わりだなあ」という気分になります。

ぼちぼち涼しくなって、自転車に乗りやすい季節になるでしょう。




先日はシングルギアの自転車に乗られていたO様から、「通勤用にギアのあるスチールのロードが欲しい」とのご依頼をいただきました。

ちょっとご予算オーバーでしたが、「大手メーカーの完成車なら、絶対VIVALO DRESSCODE で組んだ方がはるかに良い」とい店主の提案にご納得いただき、一台組ませていただきました。

誠にありがとうございます!

IMG_1337

IMG_1343

IMG_1344

VIVALO DRESSCODE フレーム&フォーク セット    ¥100,000+tax


街乗りメインなので、ロードのドロップハンドル&STIレバーだとちょっとオーバー過ぎる、というO様からのリクエスト。

予算も抑えたいということで、シンプルにブルホンバー&ダブルレバーというスペックで組ませていただきました。

IMG_1347

確かにこれで性能的には街乗りは十分だし、カジュアルな服装で乗るのなら、こっちの方がしっくりくるかもしれません。

もちろん神戸の工場で作られたKAISEI019のフレームなので、カスタムフレーム同様、ロングライドもしっかり走れます。

このスペックでだいたい税込19万くらいです。

O様の場合は一部パーツをお持込みでしたので、もっと安く上がりました。




VIVALO DRESSCODE はそのネーミングが表す通り、VIVALOのスチールフレームに親しんでいただくことを目的として、カスタム同様の走行性能をキープした上で、お値段を最低限に抑えることをコンセプトに企画したものです。

dresscode_flyer_hth

カラーは6色でジオメトリーは8種。

どれもVIVALOが厳選した、自信を持っておすすめできるカラーです。

今回O様はその中からMOONをチョイスしてくださいました。

IMG_1345


ジオメトリーについても、かなりの体型の範囲がカバーできていると思います(大柄な方のサイズはありませんが)。


前にも書きましたが、10万円前後のスチールフレームのセットというのはほとんど選択肢がなく、さらに国産でこのクオリティーとなると皆無です。


20万円前後で気持ちよく長く乗れるスチールロードを欲しい」と考えていらっしゃるお客様は、VIVALO DRESSCODE、是非お問い合わせください。


IMG_1346
お待ちしております!



17 6月

小柄な方でもホリゾンタルのVIVALO

クロスバイクでツーリングなどに行かれていたS様は、一台目のロードとして、VIVALO のカスタムフレームを選んでくださいました。

「絶対にホリゾンタル形状のフレームの自転車に乗りたい」という強い御希望お持ちでしたが、御身長が156センチでいらっしゃるので、メーカー品は無理。

いろいろと調べていただいた結果、ウェブ等でVIVALOの情報にたどり着かれ、これまで製作した完成車の画像も気に入っていただいたこともあり、オーダーしてくださるに至りました。



DSC_4656

DSC_4720

DSC_4714

DSC_4711

DSC_4710

150センチ台後半の御身長があるので、700cホイールを装着できる最小のホリゾンタルフレームをチョイス。

ラグを切削し、トップチューブを極力短くすることで、メーカー品よりも小さいホリゾンタル形状の製作が可能になっております。

もちろんヘッド角をある程度寝かせて、オフセット長をとることで、快適性もきちんと維持されたジオメトリーになっています。

DSC_4737

カラーはシックなブルーグレーに、派手すぎないメッキラグが女性らしく上品です。

ロゴは御自分でデザインされたもの。工場で御指定のカラーに塗装しました。



パーツは105ベースで、クランクのみ強い御希望でSUGINO MIGHTY TOUR に。

DSC_4718




小さいフレームサイズの目安としては、御身長が155センチ以上ある方は700c、155センチない方は650c対応のものをお奨めしております。

もちろんルックスのお好みなどもありますので、155以上でも650cを選択されるお客様もいらっしゃいます。


小柄な方は、是非VIVALO のカスタムフレームを御検討ください!



21 4月

K.K 様のVIVALO SINGLE SPEED BIKE

IMG_1039

IMG_1041

IMG_1044

IMG_1061

IMG_1059

ロード乗りでいらっしゃるK様ですが、当店のブログを見ていただいて、どうしても固定ギアでの登坂を試したくなられたそうで、今回のVIVALOのシングルスピードを御購入いただくことになりました。

長距離も乗られるということで、少しロード寄りのジオメトリーではありますが、きちんとピストらしいとんがった部分も残した、なかなか興味深いバイクになりました。

誠にありがとうございました!



パーツは大人のシングルギアならではの構成。

IMG_1050

IMG_1052

IMG_1056

IMG_1065

特にカシマックスはポイント高いですね。

クッションの具合もオーダーできるので、ぴんと来た方は是非!



最近なかなか行けていませんが、固定ギアの登坂もなかなか面白いです。

ロード乗りの方はペダリングの練習にもなるので、お試しいただきたいですね。



IMG_1066

シングルスピードなら実績のあるVIVALOで一台組んでみませんか?


このバイクの画像をもっと御覧になられたい方は、コチラをどうぞ。


16 4月

T.S 様のVIVALO ROAD

IMG_0936

IMG_0930

IMG_0933

IMG_0937

IMG_0946


クロモリフォークのFILLET-BRAZED (蝋付け溶接)のVIVALO のロードバイクです。

オーダーフレームにお詳しいS様が当店のブログを見たことがきっかけでオーダーしてくださいました。

フレームセットのみのオーダーで、写真は御自身で組立をされたもの。

フレームカラーのパーツ構成もシンプルでいいですね。

しなやかな乗り味に大変満足していただいているとのこと。

誠にありがとうございました!


その他の画像については、コチラを御覧ください。


1インチのラグドでもオーバーサイズのフレットでも、VIVALO はリーズナブルな価格で最高の性能。

クロモリバイクを御所望なら、是非御検討ください!



14 3月

VIVALO ランデブー @横浜 開催のお知らせ

VIVALO R Y

不定期で開催しております、VIVALOのユーザーやVIVALOに興味を持ってくださっている方々が集うイベント、VIVALO RENDEZ-VOUS (ビバロランデブー)。


前回は秋に東京の東側の名所を約半日かけてめぐり、参加者の方々と楽しい時間を過ごしました。

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS



御好評いただきましたので、このたび関東方面では2回目となるランデブーを開催することになりました。

場所は東京からほど近い横浜。

img20130321134150

開催日は3月26日(日)。

桜が咲き始めているだろう港町横浜の名所や郊外を自転車でめぐりたいと思います。

VIVALOに乗っていない方でも参加可能ですので、みなさま、お誘いあわせの上、御参加ください。



開催日:3月26日(日) 

集合時間・場所:10時 横浜駅近辺(予定)

解散時間・場所:16時頃 横浜駅近辺(予定)

参加費: 保険代として、一人500円

ルート: みなとみらい・中華街などの定番のエリアには行きますが、それ以外にも古い町並みが残る野毛界隈や本牧埠頭、さらには根岸方面まで足を伸ばす予定。

備考:
・VIVALOユーザーの方だけでなく、VIVALOに興味のある御家族や御友人も参加可能です。
・ライドにはロードバイクだけでなく、ピストバイクやクロスバイクなどでも御参加可能です。
・ライドと懇親会を含め、途中参加/離脱は可能です。あらかじめ御予定をお知らせください。
・当日の様子をカメラマンが撮影し、その画像をブログやSNSで使わせていただきます。顔出しに支障のある方はあらかじめお申し出ください。
・前日の19時の時点で降水確率が50%以上だった場合は開催を中止します。皆様にはメールでお知らせします。
・ライドに参加される方は、必ずヘルメットを着用してください。
・パンクなどに備えた補修部品や工具は、各自でお持ちください。
・懇親会でお酒を飲む可能性のある方は、必ず輪行袋をお持ちください。



店主は最近、横浜が舞台のストーリーであるということを全く知らずに、ジブリの「コクリコ坂から」という映画を初めて見ました。

main

さすがにこの時代には生まれていませんでしたが、東京の大田区で育ったもので、横浜方面に出かける機会がよくありました。

私が小さい頃の桜木町駅は、まだこの映画に登場するものと同じ建屋で、大変なつかしく感じました。

今回のライドでも、「コクリコ坂から」に出てくるような昭和の名残りが感じられるところを訪れられれば、と考えています。

未見でしたら、見てから参加されると、余計に楽しめるかもしれません。



当日はもちろん、VIVALOオーナーの末瀬も参加します!

29159652634_7e9c2a966f_n

質問があれば、熱くお答えしますので、どんどんきいてやってください。




VIVALO RENDEZ-VOUS

お申込みは下記のフォームからどうぞ。

宜しくお願い致します!!




7 3月

今週末はVFR の試乗車、きてます!

16587079551_ea8af114c5_z

イーストリバーサイクルズでは、今週末の3月10日(金)~12日(日)で「ENJOY CYCLING MARKET」が開催されますが(詳細はコチラ!)、それに合わせてVIVALO VFR の試乗車がきます。

サイズはトップチューブ長が540ミリになります。

まだ乗ったことがないという方がいらっしゃいましたら、是非御来店ください。

お待ちしております!



4 3月

春に向けて VIVALO VFR !

そろそろ春が近づき、ロードバイクの季節になってまいりました。


昨年のちょうど今頃は、三浦半島を走りに行ったようです。

ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島

ちょっと寒かったけど、楽しかったなあ。

また、マグロかつ、食べに行きたいです。



先日、昨年末に VFRVIVALO FILLET ROAD)をフレームセットで納車させていただいたA様が、「ようやく組み上がった」ということで、完成したばかりの愛車を見せにきてくださいました。

本格的に暖かくなる前に組めてよかったです。

IMG_0707

IMG_0709

IMG_0713

VIVALO VFR w/ ENVE ROAD FORK ¥210,000 税抜~


DE ROSA TEAM というアルミフレームに乗っていたA様は、TEAM も乗りやすいのだが、もう少し快適性の高いフレームに乗り換えたいということで、純クラッシックスタイルではないVIVALO VFRに御興味を持っていただき、何度か当店に通っていただき、御購入に至りました。

VFR で来店していただいた日は、ほぼシェイクダウンに近かったようですが、乗り味についてはかなりの高評価をいただき、安心致しましました。

誠にありがとうございます!



フレームカラーはソリッドグレー単色。

デカルもシンプルに。

IMG_0723

IMG_0717


ステムはフレームと同色に塗装しました。

IMG_0718


パーツはCHRIS KING のヘッドセットを除き、お手持ちのビンテージパーツで組まれました。

IMG_0720

IMG_0737

IMG_0734



VIVALO VFR w/ ENVE FORK は、VIVALO がこれまで自転車を提供させていただいたお客様の声をフィードバックした上で、自らの設計思想を重ねて製作している、VIVALOではめずらしいセミ・カスタム・モデルです。

IMG_0785

つきましては、トップチューブとシートチューブ長以外の数値については、ある程度こちらで決めさせていただいています。

また、チューブについては、台湾産のECO STRONG LIGHT を推奨しています。

我々が考える「快適な走行性能」になるべく近づけるためですが、その理由については、書くと長くなりますので御興味のあるお客様は店頭でお尋ねください。



ルックスはシンプルですが、いろいろなアイデアが盛り込まれている VFR。

IMG_6876

ニューフレームの御購入を検討されているお客様は、是非、御検討ください!



12 2月

久々にシクロクロス東京に行ってきました

先日の土曜日は昼過ぎで店を閉めて、日本一の規模であろうシクロクロス・レース「シクロクロス東京」に久々に観戦に行ってまいりました。

主な目的は、VIVALOでカテゴリー1を走ることになっている伊藤”ponchak”博彦選手の応援&サポート。

お陰様で天気にも恵まれ、楽しい時間を過ごすことができました。




カテゴリー1のレースが15時半ごろからなので、サポート用のスペアホイールを担いでバスと徒歩でお台場に着いたのが14時半くらい。

IMG_20170211_144035

IMG_20170211_144457

天気がよいこともあって、会場はすでにかなりにぎわっていました。

日曜はもっと人が来るんだろうなあ。

この会場に来ると、シクロクロスという競技が自転車乗り全般にかなり浸透してきていることを感じます。



会場の駐輪場の管理をまかされていたのは、バイクロアの実行委員を店主といっしょにやっている武井良祐a.k.a.もんじゃ。

IMG_20170211_143802

彼は個人で「CYCLE CLOAK」という屋号でラックを含めた駐輪場サービスを提供しておりますので、何かありましたら御用命くださいませ(詳細についてははコチラをどうぞ)。



会場を歩いていたら、声をかけてくれたのは、VIVALOのシクロクロスを当店でお世話させていただいたOさん。

IMG_0578

自分が到着するかしないかくらいに終わってしまったレディースに出場していました。

知ってたらもうちょっと早くきたのに~!

応援できなくて申し訳ないっ!



いろいろな知人に会って話している間にあっという間に時間は過ぎ、ポンチャック選手の出走の時間に。

IMG_0579

IMG_0585

スターティングエリアでジャケットを預かったりしている間に、こっちにも緊張感が伝わってきました。

スタート後は、すぐにスペアホイールを持ってピットエリアへ移動。



IMG_0589

シクロクロスでは車体を乗り換えたりするピットエリアが決められており、コースの途中でトラブルが発生して自転車が動かなくなっても、担いでここまで移動しなければならないルールになっています。



前回「シクロクロス東京」に来たのは2年前だったと思いますが、そのときよりもコースがハードになっているような気がしました。

とにかく選手は乗らないで、走って担ぐか押してばかりいる印象が強い!

IMG_0576



ポンチャック選手もとにかく大変そうなので、応援にも熱が入ります。

IMG_0602

IMG_0611

ポンさん、がんばれ!!



IMG_0657

IMG_0644

IMG_0691

こういうと申し訳ないけど、ポンチャック氏も普段は普通のサラリーマンのおっさんなわけでありますが、やっぱりC1のポジションを毎年維持し続けているだけあって、走っている姿はかなりの迫力です。

あらためて最高にかっこいいと思いました。

こういう人に乗ってもらってこそ、VIVALOも映えるというもの。

ありがたいことです。



無事ゴールした後は、自転車仲間からねぎらいの言葉を受けてうれしそうな様子。

IMG_20170211_165227

IMG_20170211_165055

C1を走っているライダーの中では、おそらく年齢がかなり上の方であろうポンチャック氏。

大変でしょうが、来年もVIVALOで頑張って欲しいなあ。

今シーズンの本番のレースはこれで終わりなようなので、とりあえずお疲れ様でした!



帰りしなの夕暮れ時のお台場。

IMG_20170211_170615

週末にここに来ること自体、かなり久し振りだったのですが、たくさんの家族連れや外国人観光客でにぎわっていて、いい雰囲気でした。

景気も少しずつは回復してるんでしょうか。


今回はスペアホイールを持っていかなければならなかったので、自転車を使わず都営バスでアクセスしました。

森下からですと「深川シャトル」という週末だけの路線があるので、30分かからず会場近くに着きます。

「シクロクロス東京」は来年もあるようなので、御興味のある方は是非足を運んでみてください!



シクロクロス東京のホームページはコチラ

伊藤”ponchak”博彦選手のFBページはコチラ

VIVALOの紹介ページはコチラ



9 2月

2月11日(土)は13時30分にて閉店します

2月11日(土)は、ちょっと早いですが13時30分にて閉店させていただきます。

御用のある方は、ちょっと早めに店を開けることもできますので、遠慮なくお申し出ください。

御不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



早じまいしてどこに出かけるかというと、お台場で開催されるシクロクロス東京に応援に行きます!

15927679554_c796a291b2

伊藤”ponchak”博彦選手が、その日最後のカテゴリー1のレースにVIVALOに乗って出場予定です。

足を運ばれる方は、是非声援をお願い致します!


イベントの詳細については、コチラを御覧ください。