15 1月

今年もVIVALO PALU を宜しくお願いします

年末にVIVALOライダーのMATUDO氏が、RAPHAのfestive500大阪〜東京キャノンボールを併せて見事達成しました。

お疲れ様でした!


24時間で500キロって普通の自転車乗りには想像がつきませんが、彼のようなメッセンジャーは1日で100キロくらいは走るそうなので、時間配分とか装備などの問題をクリアすれば、距離的には余裕だそうです。

VIVALO PALU も調子が良いみたいで、うれしい限りです!

走った際の準備や当日のレポートは、コチラをご覧ください。




そんなMATUDO氏も乗っているVIVALO PALUですが、夏頃にオーダーしていただいたF様の新車を、昨年末に納車しました。

IMG_2666

IMG_2669

IMG_2674

VIVALO PALU & COLUMBUS CARBON FORK フレームセット

¥250,000 税別 〜


以前に当店でシクロクロスの完成車を購入していただき、それでツーリングだけでなく、ヒルクライムやシクロクロスのレースに参加されていたF様ですが、やはりオンロードの走行性が物足りず、ロードの購入を検討されていました。

最近は主流になりつつあるディスクブレーキ仕様で、かつ美しいクロモリのフォルムをご所望でいらしたので、やはりカスタムで作ってしまうのがよかろうということで、身近なブランドで性能も定評のあるVIVALO PALU をチョイスしてくださいました。

誠にありがとうございます!



ECO STRONG LIGHT のチューブ、44ミリのヘッドチューブ、COLUMBUSのカーボンフォークなどが、力強くしなやかな走りを実現します。

IMG_2688

IMG_2692

IMG_2705

フレーム寸法については、旅をする際にリアに大型のサドルバッグを装着するということで、シートチューブを少し短めにしました。

リアのエンド幅は、ディスクロードのスタンダードである142ミリです。



ブレーキホースについては、なるべく目立たせたくないということで、内蔵できるように加工しました。

IMG_2720

IMG_2722



ホイールは振動吸収性のよく比較的軽量な、VELOCITY AILERON&ULTEGRAの手組みホイール。

コンポーネントは、新型のR7020のディスクブレーキシリーズを含めたシマノ105で。

IMG_2719

IMG_2711

IMG_2699

もちろん前後ともスルーアクスル仕様です。



カラーは紺とピンクの塗り分けで、ワンポイントで白を入れました。

想像してた以上にいい感じ!

IMG_2675

IMG_2695



これでゴールデンウィークの大型連休は、北海道に行かれる予定とのこと。

夢が広がりますね!



長距離ライドには最適な、優れた快適性を実現するディスク・ロード、VIVALO PALU

最新鋭のクロモリフレームをいかがでしょうか?

IMG_20190106_090405



8 1月

クリスマスプレゼントのVIVALO

メンテナンスなどでお世話になっているI様より、お嬢様へのクリスマスプレゼントの自転車についてご相談をいただきました。

I様のご希望は、

・ 大人になっても乗れる自転車(現在のお嬢様の身長が145センチ)。

・ 700Cホイール対応。

・ シングルスピード仕様。

の3つ。

フレーム形状については任せていただけるということでした。



いろいろ探してみましたが、さすがにメーカー品でこのスペックの自転車はありません。

そこで VIVALOのカスタムフレームをご提案したところ、快諾していただき、製作に入りました。



そこで昨年末のクリスマス前に完成したVIVALOがこちら。

IMG_2616

IMG_2618

IMG_2622

VIVALOで初めて製作させてもらった700C&シングルスピードのミキストフレームです。

これでしたら身長が伸びてからも乗れますね。

全体的にソフトな印象で、きれいに仕上がりました。



トップチューブはヨーロッパのクラシックバイクで見られるような分割タイプ。

ラグはミキストフレーム専用のものが使われています。

リアのブレーキケーブルの取り回しは悩みましたが、結局シンプルにガイドで専用カンチブレーキケーブル受けに促すような形になりました。

IMG_2637

IMG_2630

IMG_2640

IMG_2651



ESGEのセンタースタンドが装着できるように、専用取り付け台座を溶接。

IMG_2657



街乗り専自転車なので、太いタイヤを装着できるように、ブレーキはカンチブレーキをチョイス。

ハンドルバーは日東のB302AAというノースロードバー(大昔の英国自転車によく装着されているものらしい)、グリップはERGON GP1 BIO KORK というサイズが選べてルックスも快適性も優れたもの。

楽チンに乗れる仕様にしました。

IMG_2655

IMG_2636



ダウンチューブのロゴは、お嬢様ご本人に選んでいただいたDRESSCODEに使われているポップなタイプで。

IMG_2631



バスケットを付けるとこんな感じ。

IMG_2662

かわいいですね。

このVIVALOと長く付き合って、楽しい自転車生活を送っていただきたいものです。

誠にありがとうございます!



クリスマスプレゼントは初めてでしたが、入学のお祝いなどに自転車を組ませていただいたことは何度かあります。

せっかく新しい自転車を購入されるなら、一生ものになるであろうVIVALOのスチールバイクを贈られてはいかがでしょうか?


季節外れではありますが、一曲・・・・



8 1月

自転車旅のVIVALO

昨年も自転車でお客様といろいろな場所を訪れました。

特にバイクパッキングイベント「ATT(ALL-TERRAIN TIMES) in Kamogawa」で走ったのは、印象深かったです。

「自転車に着替えや寝袋などを積んで移動して泊まる」という行為は、「旅」の要素が入ることで、より思考回路を駆使しなければならず大変ではありますが、その分自転車を使った遊びの幅が広がり大変楽しい。
「ランドヌール」という言葉があるほど昔からある遊びではありますが、最近はテントやシュラフがキャンプブームの追い風に乗り素材の面で飛躍的な発達を遂げており(ウルトラライトというやつですね)、そんなところの知識を掘っていくのも、これまた一興(それなりに散財することにはなりますが・・・)。
野営というとかなりハードルが高いので、先ずは「宿をとってバッグを装着した自転車で旅をする」くらいなところから始めるといいかもしれません。




店主の昔からのお客様で、長年旅の道具として自転車を大いに活用されてきたK様が、新しいパートナーとしてVIVALOを注文してくださり、昨年末に納車させていただきました。

誠にありがとうございます!

IMG_2584

IMG_2585

IMG_2588



キャリアーなどが装着されておりませんので、この画像ですとシンプルなロードではありますが、エンドにはリアキャリアーのアイレット付き。

大柄のK様が荷物を積載して走るということで、前三角はオーバーサイズ規格のチューブを採用しています。

タイヤは 700×28 まで入るクリアランスをとっています。

IMG_2590



イタリアンクラシック風にされたいということで、パイプはCOLUMBUS ZONAを採用。

ラグやステーのメッキ出しは多めに。

IMG_2601

IMG_2596

IMG_2598



フロントギアはツアラーということで、トリプルに。

現在トリプルのクランクセットはほとんどのメーカーのラインナップに存在せず、シマノのTIAGRAをチョイス。

IMG_2608



ヘッドパーツ・BBはCHRIS KING のネイビーで。

ホイールは以前のバイク用に組ませていただいたものを流用しました。

ロゴは近いネイビーで色を作って、塗装で対応させていただきました。

IMG_2593

IMG_2595

IMG_2602



今からVIVALOをオーダーしていただくと、ちょうど春頃の自転車にはちょうど良い季節に、工場からあがってまいります。

自分の遊び方に必要なオプションやを盛り込んだ、世界に1台のカスタムのスチールバイクで旅に出てみては、いかがでしょうか?

是非、ご相談にいらしてください!

IMG_20181027_123252



8 12月

久々に女性のお客様にVIVALO

やはり小柄な体型のお客様で「ホリゾンタル(トップチューブが水平形状)のフレームに乗りたい!」という方は一定数いらっしゃるようで、当店でも男性・女性問わず、ちょくちょくご相談を受けます。

既存のクロモリフレームですと、シートチューブが480ミリCーCくらい、トップチューブが510ミリくらいになりますが、これだと身長が160センチくらいでぎりぎり乗れるくらいだと思います。


そこで VIVALO

というわけで、今回も身長が158センチのO様より、700C&ホリゾンタル形状のロードのオーダーをいただきました。

IMG_2562

IMG_2564

IMG_2566

これまではクロスバイクで100キロくらいの距離を結構な頻度で走られていて、さすがにロードへの買い替えを検討されていましたが、なかなか気に入ったものが見つからなかったり、見つかったと思ったらサイズがなかったり。

そんなときに、VIVALOと出会い、今回のカスタムオーダーに至りました。

誠にありがとうございます!



ベーシックなラグドのロードですが、特にクラシックなスタイルへのこだわりはないので、アヘッドのヘッドで。

カラーやロゴもシンプルに。

IMG_2578

IMG_2582

IMG_20181118_085142

IMG_2577



コンポは新型がちょうど出たタイミングでR7000のシマノ105。

ホイールもR7000のハブで、当店の得意とする長距離を乗っても疲れない手組みホイールを提供させていただきました。

パーツ類はO様の好みでSIM WORKSのものなど。

IMG_2570

IMG_2573

IMG_2567

IMG_2580



江戸川区にお住まいなので、当店のモーニングライドにも何回かご参加いただき、とても調子よく乗っていただいているご様子。

うれしい限りです。



気に入った自転車のサイズがなくて困っているお客様には、クロモリのカスタムオーダーという選択肢があります。

妥協せずに、是非当店にご相談ください。



IMG_20181118_085157

お待ちしております!



8 12月

VIVALO で今度は公道練習用のピストバイク

以前にバンク走行用にVIVALOでピストバイクを作らせてもらったS様に、大層VIVALOの性能を気に入っていただき、今度は公道練習用のピストバイクのオーダーをいただきました。



IMG_2536

IMG_2539

IMG_2541



チューブはS様のご指定でKAISEI022を使用。

かなりしっかりとした乗り味になったようです。

ありがとうございます!



塗装はブラックにレインボーのラメ、ロゴはすべてメッキで力強い雰囲気に仕上げました。

IMG_2559

IMG_2556

IMG_2544

IMG_2548



パーツはほとんがお手持ちのピストパーツを、当店にて組み付け。

IMG_2551

IMG_2553

クランクは独特なつくりなので、これに合わせてチェーンステーのへこみを深く入れました。



イーストリバーでは、やはりロードバイクがメインですが、ピストバイクも相変わらずオーダーを受けており、年に何本かは必ずご注文をいただいております。

S様のようなバンク用でも、ツーリングや街乗りでもご好評いただいておりますので、検討されている方は是非ご相談ください。

お待ちしております!



15 10月

VIVALOのミニベロでどこに行こう

まだ都内は紅葉にはちょっと早いですが、すっかり秋の空気になってしまいました。

IMG_20151205_100335

変わりやすい天気ですが、降っていなければとても自転車に乗るには気持ちの良い季節。

ちょっとした距離でも自転車で出かけたくなってしまいます。



VIVALOというとロードバイクが多いですが、少し前にミニベロのオーダーをいただきました。

そして良い季節になって、ようやく完成しました。

IMG_2488

IMG_2493

IMG_2495


オーナーのM様は、メインは休日の街乗りですが、たまに輪行したり車に載せたりして、遠出して旅先を自転車でまわったりされるとのこと。

よって反応が良いだけではなくて、長く乗っていても疲れない安定感のある20インチ(451)のミニベロをご所望でした。

ミニベロ独特のきびきびした感じも残しつつ、リアセンターを長くして安定感のあるジオメトリーに。

数日間乗られた後お話しをうかがいましたが、想像していた通りの乗り味になって大変満足とのこと。

誠にありがとうございます!



フレームの形はホリゾンタルではなく、ちょっとスローピングしたBMXっぽいフォルムをご希望。

IMG_2496

これもほぼ理想どおりに出来上がりました。


ギアはシマノ ALFINE の内装11スピード。

エンドは正爪タイプで、チェーンを引っ張って張れるようにしました。

IMG_2471

シフトケーブルのルーティングも独特なので、それに合わせてフレームにそれ用の穴を開けたり、ガイドを付けたりしました。

IMG_2499

お陰ですっきりとしたルックスに。


ホイールは20インチの451で、さらに内装ギアということで、必然的に手組みになりました。

IMG_2475

IMG_2483

ロードバイクの手組みホイールでよく使う軽量リム VELOCITY A23 で、451の20インチがあったので、あらかじめ本国から取り寄せ。

フロントハブは、輪行で簡単に外せるように105のものを採用。


カラーやロゴは飽きのこなさそうな、落ち着いた雰囲気に。

当店のロゴを目立つところに入れていただいて、うれしい限りです。

IMG_2480

IMG_2467



ミニベロのフレームセットというのは、以前に比べると随分少なくなりました。

特殊な自転車ではありますが、そんなタイプをご所望でいらしたら、是非イーストリバーサイクルズにご相談ください

ノウハウの蓄積のあるVIVALOでしたら、だいたいどんなタイプのスチールバイクでも製作可能です。

宜しくお願いします!



9 10月

シクロクロスをよりオフロード仕様に

先日、お知らせしたバイクパッキングのイベントATT-BIKEPACKING

42465263_164440704480645_5057722100148600832_n

今回はこのイベントにぴったりのギアをご紹介。



IMG_2296

こちらの車体は、以前に製作・組み付けをさせていただいたK様のVIVALO VFCX DISC。

よりMTBに近い乗り方にシフトしてきたということで、パーツ交換のご依頼をいただきました。



IMG_2298

IMG_2306

SHIMANO ST-R8020 & BR-RS785


これから定番になるであろうアルテグラの油圧レバー(シフトはメカニカル)。

フレームがディスクCXの初期型なので、フラットマウントではなくポストマウントの油圧ブレーキです。

メカニカルのブレーキと比較すると、やはり格段に制動力が向上。

オフロードの下りはやはりこれでないと。




IMG_2299

SHIMANO RD-RX805-GS     ¥10,911 税別       

WOLF TOOTH ROADLINK DM     ¥3,958 税別


RD-RX805-GSはシマノ のロードコンポーネント初のスタビライザー付きリアディレーラー。

MTBのRDでは付いているのが普通ですが、要は振動した時にチェーンが激しく暴れないようにする機能です。

これによってオフロードでの変速機能の低下やチェーン落ちなどを防ぐことができます。

さらにRDの一部を、WOLF TOOTHというチェーンリング等で有名なアメリカのメーカーから出ているロードリンクDMというパーツに交換。

これでより大きいギアに対応することができるようになります。


IMG_2302

K様が今回採用したカセットはシマノ CS-M7000の42T。

MTBコンポですが、CX車でもこれが使うことが可能になります。



シクロクロスの自転車はレースに使うだけじゃなくて、それで砂利道やグラベル中心のライドを楽しむというライダーも、徐々に増えてきている模様。

よろしければ、早速改造を施していただいてATTへご参加ください!



8 10月

VFR 1inch も素晴らしい

VIVALOの主力モデルとして、すっかり定着しましたVFR

43463620801_11acfe970e_z

快適性を残しながらも、クロモリフレームらしからぬ軽さやレーシーな乗り味に、多くのユーザー様から称賛をいただいております。




基本的にVFRのヘッドはオーバーサイズ(1 1/8インチ)の規格を採用しておりますが、ノーマルサイズ(1インチ)でもしばしば製作致します。

今回紹介しますのは、I様にオーダーいただいたVFR 1inch を紹介致します。

IMG_2427

IMG_2428

IMG_2431

VFR 1inch w/ One by Esu Carbon Fork Frame Set

フレームセット価格 ¥190,000 税別〜


ヘッドが1インチ規格になるに伴い、前三角のチューブも細くなります。

それによって全体的に少し乗り味が柔らかくなり、カーボンフォークの特性と相まって、快適性が高くなります。

I様は小柄な女性で、使用用途が通勤とロングライドということでしたので、こちらの仕様をおすすめしました。

誠にありがとうございます!



1インチのフィレットは、ルックスもオーバーサイズとは違った独特な魅力があります。

特殊塗装の淡いオレンジとの相性もいいですね。

ダウンチューブのロゴは、別のお客様が作ったオリジナルを、ご本人の許可をいただいて採用しました。

IMG_2432

IMG_2438

IMG_2441

IMG_2437



コンポーネントはULTEGRA、ヘッドパーツはCHRIS KING のマンゴーの同色ロゴを。

ホイールは「見た目よりも丈夫で乗り心地の良いもの」というリクエストに応えて、TNIのリムとハブと2.0のスポークで手組みのホイールをご用意しました。

IMG_2450

IMG_2434

IMG_2440



お仕事で荷物を積む機会もあるということで、中古ですがtubuのキャリアーを装着させてもらいました。

想像していた以上に、しっくりきました。

IMG_2448



スチールのロードバイクといっても、用途によって色々なフレームのタイプやオプションを選択できますので、ご興味のあるお客様は一度ご相談ください。

宜しくお願い致します!



2 9月

灼熱の遠征もVIVALOで

約1ヶ月振りの投稿です。

酷暑が続きましたが、いかがお過ごしでしょうか?

8月が過ぎ去って、ようやく少し夜は過ごしやすくなってきました。

IMG_5379

写真は先日のサンデーモーニングライドで荒川左岸を走っている時の様子。

8時の時点で気温が30度を超えておりましたが、左岸の一部は高速道路のおかげで大きな影ができており、かなり消耗を防げました。

まだまだ暑いようですので、午前中に荒サイを走られる方は、是非ご利用ください。




先月に VIVALOを納車させていただいたY様は、VIVALOの故郷である神戸で学生時代を過ごされ、直営店にも訪れたこともあり、ずっと欲しかったとのこと。

就職され東京勤務になったことを機に、今回オーダーしてくださいました。

誠にありがとうございます!


IMG_2361

IMG_2364

IMG_2367


納車後すぐに訪れた夏休みには、早速、ご友人がお住まいの静岡へロングツーリングに出かけられたようです。

自転車は快調で喜んでいただきましたが、灼熱の太陽の下、長時間走って少々まいったとのこと(笑)

お疲れ様でした!



IMG_2369

IMG_2342

IMG_2347

カラーやロゴはシンプルにまとめたクラシックスタイル。

チューブはスタンダードなKAISEI019を採用。

IMG_2356



ちょうど新しいR7000シリーズの105がリリースされたばかりだったので、コンポーネントは迷わずそちらを採用。

その他もクロモリバイクと相性のいい、パーツ類でまとめました。

IMG_2352

IMG_2353

IMG_2349



クラシックなスタイルでも、ジオメトリーなどは現代的な要素を盛り込み、快適に長時間走ることのできるVIVALOのハンドメイドのスチールロード。

ツーリングや街乗りなど、長く付き合えるパートナーをあなたもいかがでしょうか?

ご検討ください!



5 8月

鮮やかなツアラー、素敵です

危険な暑さが続いておりますが、みなさま無事にお過ごしでしょうか。

fbt

先日、江戸川沿いを含めたルートをモーニングライドで走りましたが、調子に乗って9時過ぎまで走ってたら、その後軽くフラフラしてしまいました。

先月のホリデーライドは諸事情により延期になってしまったのですが、山の上の涼しいところ走りたいですね。




先日は自転車旅が趣味のN様に、VIVALOのツアラーを納車させていただきました。

IMG_2309

IMG_2311

IMG_2313

IMG_2315

ツアラーといってもクラシックなランドナーではなく、現代的NAスタイルをお好みなので、フレット溶接&前三角オーバーサイズでより軽量に。

特徴のあるカラーについては、「上から徐々にオレンジからイエローになるように」というリクエストをいただいたので、4色を使ったぼかしで塗装させていただきました。


フォークにはお手持ちのTUBES DUO フロントキャリアー専用のダボ穴を。

IMG_2321

工場にお借りしたキャリアーを送って、現物合わせで加工させてもらったので、見た目もスッキリ。


見た目はもちろんきれいですが、フレット溶接+前三角オーバーサイズをkaisei4130Rで製作したことで、適度な剛性感が保たれ、おそらくN様の乗り方に合っている1台になっているはず。

IMG_2323

IMG_2329

IMG_2319

納車直後に早速日帰りツーリングに出られたそうですが、シャキッとした乗り味に満足されたご様子でした。

IMG_2317

当店のロゴも加えてくださいました。

誠にありがとうございます!




イーストリバーサイクルズでは、お客様お一人お一人の体型や使い方に合ったVIVALOの自転車を提供しております。

ご興味のあるお客様は、是非一度ご相談ください。

お待ちしております!