14 3月

VIVALO ランデブー @横浜 開催のお知らせ

VIVALO R Y

不定期で開催しております、VIVALOのユーザーやVIVALOに興味を持ってくださっている方々が集うイベント、VIVALO RENDEZ-VOUS (ビバロランデブー)。


前回は秋に東京の東側の名所を約半日かけてめぐり、参加者の方々と楽しい時間を過ごしました。

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS

VIVALO RENDEZ-VOUS



御好評いただきましたので、このたび関東方面では2回目となるランデブーを開催することになりました。

場所は東京からほど近い横浜。

img20130321134150

開催日は3月26日(日)。

桜が咲き始めているだろう港町横浜の名所や郊外を自転車でめぐりたいと思います。

VIVALOに乗っていない方でも参加可能ですので、みなさま、お誘いあわせの上、御参加ください。



開催日:3月26日(日) 

集合時間・場所:10時 横浜駅近辺(予定)

解散時間・場所:16時頃 横浜駅近辺(予定)

参加費: 保険代として、一人500円

ルート: みなとみらい・中華街などの定番のエリアには行きますが、それ以外にも古い町並みが残る野毛界隈や本牧埠頭、さらには根岸方面まで足を伸ばす予定。

備考:
・VIVALOユーザーの方だけでなく、VIVALOに興味のある御家族や御友人も参加可能です。
・ライドにはロードバイクだけでなく、ピストバイクやクロスバイクなどでも御参加可能です。
・ライドと懇親会を含め、途中参加/離脱は可能です。あらかじめ御予定をお知らせください。
・当日の様子をカメラマンが撮影し、その画像をブログやSNSで使わせていただきます。顔出しに支障のある方はあらかじめお申し出ください。
・前日の19時の時点で降水確率が50%以上だった場合は開催を中止します。皆様にはメールでお知らせします。
・ライドに参加される方は、必ずヘルメットを着用してください。
・パンクなどに備えた補修部品や工具は、各自でお持ちください。
・懇親会でお酒を飲む可能性のある方は、必ず輪行袋をお持ちください。



店主は最近、横浜が舞台のストーリーであるということを全く知らずに、ジブリの「コクリコ坂から」という映画を初めて見ました。

main

さすがにこの時代には生まれていませんでしたが、東京の大田区で育ったもので、横浜方面に出かける機会がよくありました。

私が小さい頃の桜木町駅は、まだこの映画に登場するものと同じ建屋で、大変なつかしく感じました。

今回のライドでも、「コクリコ坂から」に出てくるような昭和の名残りが感じられるところを訪れられれば、と考えています。

未見でしたら、見てから参加されると、余計に楽しめるかもしれません。



当日はもちろん、VIVALOオーナーの末瀬も参加します!

29159652634_7e9c2a966f_n

質問があれば、熱くお答えしますので、どんどんきいてやってください。




VIVALO RENDEZ-VOUS

お申込みは下記のフォームからどうぞ。

宜しくお願い致します!!












7 3月

今週末はVFR の試乗車、きてます!

16587079551_ea8af114c5_z

イーストリバーサイクルズでは、今週末の3月10日(金)~12日(日)で「ENJOY CYCLING MARKET」が開催されますが(詳細はコチラ!)、それに合わせてVIVALO VFR の試乗車がきます。

サイズはトップチューブ長が540ミリになります。

まだ乗ったことがないという方がいらっしゃいましたら、是非御来店ください。

お待ちしております!



4 3月

春に向けて VIVALO VFR !

そろそろ春が近づき、ロードバイクの季節になってまいりました。


昨年のちょうど今頃は、三浦半島を走りに行ったようです。

ERC RIDE春@三浦半島

ERC RIDE春@三浦半島

ちょっと寒かったけど、楽しかったなあ。

また、マグロかつ、食べに行きたいです。



先日、昨年末に VFRVIVALO FILLET ROAD)をフレームセットで納車させていただいたA様が、「ようやく組み上がった」ということで、完成したばかりの愛車を見せにきてくださいました。

本格的に暖かくなる前に組めてよかったです。

IMG_0707

IMG_0709

IMG_0713

VIVALO VFR w/ ENVE ROAD FORK ¥210,000 税抜~


DE ROSA TEAM というアルミフレームに乗っていたA様は、TEAM も乗りやすいのだが、もう少し快適性の高いフレームに乗り換えたいということで、純クラッシックスタイルではないVIVALO VFRに御興味を持っていただき、何度か当店に通っていただき、御購入に至りました。

VFR で来店していただいた日は、ほぼシェイクダウンに近かったようですが、乗り味についてはかなりの高評価をいただき、安心致しましました。

誠にありがとうございます!



フレームカラーはソリッドグレー単色。

デカルもシンプルに。

IMG_0723

IMG_0717


ステムはフレームと同色に塗装しました。

IMG_0718


パーツはCHRIS KING のヘッドセットを除き、お手持ちのビンテージパーツで組まれました。

IMG_0720

IMG_0737

IMG_0734



VIVALO VFR w/ ENVE FORK は、VIVALO がこれまで自転車を提供させていただいたお客様の声をフィードバックした上で、自らの設計思想を重ねて製作している、VIVALOではめずらしいセミ・カスタム・モデルです。

IMG_0785

つきましては、トップチューブとシートチューブ長以外の数値については、ある程度こちらで決めさせていただいています。

また、チューブについては、台湾産のECO STRONG LIGHT を推奨しています。

我々が考える「快適な走行性能」になるべく近づけるためですが、その理由については、書くと長くなりますので御興味のあるお客様は店頭でお尋ねください。



ルックスはシンプルですが、いろいろなアイデアが盛り込まれている VFR。

IMG_6876

ニューフレームの御購入を検討されているお客様は、是非、御検討ください!



12 2月

久々にシクロクロス東京に行ってきました

先日の土曜日は昼過ぎで店を閉めて、日本一の規模であろうシクロクロス・レース「シクロクロス東京」に久々に観戦に行ってまいりました。

主な目的は、VIVALOでカテゴリー1を走ることになっている伊藤”ponchak”博彦選手の応援&サポート。

お陰様で天気にも恵まれ、楽しい時間を過ごすことができました。




カテゴリー1のレースが15時半ごろからなので、サポート用のスペアホイールを担いでバスと徒歩でお台場に着いたのが14時半くらい。

IMG_20170211_144035

IMG_20170211_144457

天気がよいこともあって、会場はすでにかなりにぎわっていました。

日曜はもっと人が来るんだろうなあ。

この会場に来ると、シクロクロスという競技が自転車乗り全般にかなり浸透してきていることを感じます。



会場の駐輪場の管理をまかされていたのは、バイクロアの実行委員を店主といっしょにやっている武井良祐a.k.a.もんじゃ。

IMG_20170211_143802

彼は個人で「CYCLE CLOAK」という屋号でラックを含めた駐輪場サービスを提供しておりますので、何かありましたら御用命くださいませ(詳細についてははコチラをどうぞ)。



会場を歩いていたら、声をかけてくれたのは、VIVALOのシクロクロスを当店でお世話させていただいたOさん。

IMG_0578

自分が到着するかしないかくらいに終わってしまったレディースに出場していました。

知ってたらもうちょっと早くきたのに~!

応援できなくて申し訳ないっ!



いろいろな知人に会って話している間にあっという間に時間は過ぎ、ポンチャック選手の出走の時間に。

IMG_0579

IMG_0585

スターティングエリアでジャケットを預かったりしている間に、こっちにも緊張感が伝わってきました。

スタート後は、すぐにスペアホイールを持ってピットエリアへ移動。



IMG_0589

シクロクロスでは車体を乗り換えたりするピットエリアが決められており、コースの途中でトラブルが発生して自転車が動かなくなっても、担いでここまで移動しなければならないルールになっています。



前回「シクロクロス東京」に来たのは2年前だったと思いますが、そのときよりもコースがハードになっているような気がしました。

とにかく選手は乗らないで、走って担ぐか押してばかりいる印象が強い!

IMG_0576



ポンチャック選手もとにかく大変そうなので、応援にも熱が入ります。

IMG_0602

IMG_0611

ポンさん、がんばれ!!



IMG_0657

IMG_0644

IMG_0691

こういうと申し訳ないけど、ポンチャック氏も普段は普通のサラリーマンのおっさんなわけでありますが、やっぱりC1のポジションを毎年維持し続けているだけあって、走っている姿はかなりの迫力です。

あらためて最高にかっこいいと思いました。

こういう人に乗ってもらってこそ、VIVALOも映えるというもの。

ありがたいことです。



無事ゴールした後は、自転車仲間からねぎらいの言葉を受けてうれしそうな様子。

IMG_20170211_165227

IMG_20170211_165055

C1を走っているライダーの中では、おそらく年齢がかなり上の方であろうポンチャック氏。

大変でしょうが、来年もVIVALOで頑張って欲しいなあ。

今シーズンの本番のレースはこれで終わりなようなので、とりあえずお疲れ様でした!



帰りしなの夕暮れ時のお台場。

IMG_20170211_170615

週末にここに来ること自体、かなり久し振りだったのですが、たくさんの家族連れや外国人観光客でにぎわっていて、いい雰囲気でした。

景気も少しずつは回復してるんでしょうか。


今回はスペアホイールを持っていかなければならなかったので、自転車を使わず都営バスでアクセスしました。

森下からですと「深川シャトル」という週末だけの路線があるので、30分かからず会場近くに着きます。

「シクロクロス東京」は来年もあるようなので、御興味のある方は是非足を運んでみてください!



シクロクロス東京のホームページはコチラ

伊藤”ponchak”博彦選手のFBページはコチラ

VIVALOの紹介ページはコチラ



9 2月

2月11日(土)は13時30分にて閉店します

2月11日(土)は、ちょっと早いですが13時30分にて閉店させていただきます。

御用のある方は、ちょっと早めに店を開けることもできますので、遠慮なくお申し出ください。

御不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。



早じまいしてどこに出かけるかというと、お台場で開催されるシクロクロス東京に応援に行きます!

15927679554_c796a291b2

伊藤”ponchak”博彦選手が、その日最後のカテゴリー1のレースにVIVALOに乗って出場予定です。

足を運ばれる方は、是非声援をお願い致します!


イベントの詳細については、コチラを御覧ください。


21 1月

今週末はVFR 試乗車、きてます!

IMG_20170121_122927

急な話しで申し訳ございませんが今週末はVIVALO VFR 試乗車が店頭にきております。

神戸から末瀬オーナーも来店し、ほぼ常駐しておりますので、御興味のあるお客様は、実際に乗って、じっくり話しを聞きにいらしてください!



九段下では毎年恒例の「ハンドメイドバイシクル展」が開催されております。

IMG_20170121_124749

こちらにも足を運んでいただいて、その足でイーストリバーサイクルズにお立ち寄りいただけると幸いです。

お待ちしております!




以前VFR について書かせてもらった記事はコチラになります。

ハンドメイドバイシクル展の詳細はコチラです。



17 1月

VIVALO in NEW ZEALAND

VIVALOユーザーの K様が、冬休みにVIVALOを連れてNEW ZEALAND にキャンプ旅行に出かけたそうです。

道も想像していた以上に悪くなく、人も親切で大変楽しい旅だったとのこと。

31980297381_29567429dc_o

32059287616_7631dfd163_o

31257045534_4c9feac1fd_o

32059288466_5dd77fce94_o



今回、旅行に出られるにあたり、キャリアの取り付けを御希望されましたが、製作時に取り付け用の台座を追加しなかったので、tubus クイックリリースアダプターを使って台座を作りました。

50c960394357c


さらに海外は未舗装路が多いだろうことを予想して、ロードのキャリパーブレーキでも装着可能なオフロードタイヤ、パナレーサー クラベルキングSK 700X26 にタイヤを交換。

item_img02

このタイヤは最近人気で、当店でも欠品しておりますが・・・・。



年々、新しいパーツが出て便利になってますね。

遊びの幅も広がるというものです。



旅に持っていくには、飛行機輪行したり、荷物を積んだりしますから、比較的強いクロモリフレームが一番だと思います。

32059288616_5724c57220_o

暖かくなったら旅に出ようと考えていらっしゃる方は、VIVALOで一台いかがですか?

パーツのチョイスや、運び方の御相談にも乗ります。

御検討ください!



22 12月

カンパ組みのVIVALO もいいね

最近スチール系のロードというと、北米発の話題が多いですが、「やはり細身のスチールのロードのコンポはイタリアのカンパニョーロのコンポーネントで!」という方も少なからずいらっしゃいます。

campagnolo-logo



VIVALO のラグドのタイプは、そんなカンパのコンポがぴったりなのですが、オーダーいただいた一台を先日組みましたので、紹介致します。


IMG_0328

IMG_0330

IMG_0302



オーナーのM様にとっては一台目のロードバイク。

細身のスチールをベースに検討されていらっしゃいましたが、それほどクラシック寄りに降ることをさけ、すっきりとした自転車に組み上がりました。

単色のグロスブラックもいいですね。

誠にありがとうございます!



コンポはカンパニョーロのニューシリーズ、POTENZA 。

IMG_0314

少し見た目がごつい4アームのクランクも、この黒のフレームだと違和感ありません。



その他CHRIS KING 他、定番パーツで。

IMG_0306

IMG_0316

IMG_0322


ホイールはDT SWISS RR440 リム+TNI エボリューションライト ハブ

IMG_0324

神戸のトライスポーツのオリジナルですが、値段のわりに、これかなりいいです。




VIVALO ではロードバイクのカスタムフレーム&フォークのセットが、120,000円税抜~ になります。

img133

下地メッキ&ヘッドパーツ(ダイアコンペ製)込み。


完成車にすると25万くらいからになります。


最近、VIVALOのオーナー末瀬が、ブログにブランドのコンセプトについてざっくり書きましたので、よろしければコチラを御覧ください。

こちらに書いてありますが、適正な価格で、奇をてらわず、安心して乗ることのできる自転車を製作するのがVIVALOだと、私も思います。



IMG_0304

いろいろな選択肢のひとつとして、VIVALO を覚えていただけるとうれしいです。

宜しくお願い致します!



 

17 12月

初めてのロードは国産のクロモリで

自転車メーカーの数が数年前と比べると、さらに増えている昨今。

ERC pdx - 7 (1)

初めて購入される方は、何を選んでいいか迷いますよね。

当店でも御相談をよく受けます。



そのような初心者のお客様の中でも、「どうしてもホリゾンタルの形(トップチューブが水平)でパイプが細いスチールのロードが欲しい!」という方が少なからずいらっしゃいます。

スチールのロードの完成車は大手メーカーでも売っていますが、アルミやカーボンと比較すると鉄は大量生産しにくい素材なので種類が圧倒的に少ない。



そこでVIVALOからの御提案。

IMG_0211

IMG_0225

VIVALO DRESSCODE フレームセット  ¥100,000 税抜



VIVALO DRESSCODE は、スチールのカスタムフレームを得意しているVIVALO のサイズが決まっているシリーズ。

8サイズ・6色と比較的幅広く展開しております。

dresscode_flyer_hth

仕様は下地メッキなしなどグレードが少し落ちますが、生産はカスタムのものと同様神戸の自社工場で生産しております。

パイプはスタンダードのKAISEI019です。


10万円というのは、何とか20万円以内で組めるようにと設定した価格。

大手メーカーの海外製のよりもワンランク上の乗り味をこの価格で味わえるのは、かなりお得です。



先日、オーダーいただいたM様は、初めてのロードということで、VIVALOのお奨めの通り20万以内のパーツ構成で組ませていただきました。

IMG_0214

IMG_0219

IMG_0215

IMG_0221

IMG_0216

今年リリースされた新型の SHIMANO SORA + RS11ホイール、ハンドルなどは地元の自転車問屋、東京サンエスのブランドDIXNAのものをチョイスしました。

新型のSORAはレバーやクランクなど形状が上級グレードといっしょになり、性能もかなりよくなりました。


初ロードとしては、言うことのない一台ですね。



スチールで一台目のロードを考えているお客様には、VIVALO のDRESSCODE かなりお奨めです!

IMG_0212

御検討ください!



12 12月

今週末は「輪行ワークショップ w/ coffee」 と「ERC RIDE 年末@ 房総」!!

かなり本格的に冬になってきましたが、自転車乗ってますか?

30701938574_792948fdc2_z

今週末はVIVALOを通じたパートナーである神戸のRPPさんから、ヘルプのスタッフとしてガイ君が来てくれるので、土日を通じてイベントをやることになりました。

お時間のある方は是非御参加ください。



< 12月17日(土)>

「輪行ワークショップ w/ coffee」

8276988358_832e4a0242_z

土曜日の朝は初心者向けの輪行講座をやります。

輪行とは専用の袋に詰めて電車に乗せることですが、これが簡単なようでなかなかハードルが高い。

ただ、これができるようになると、行動範囲が格段に広がりますので、是非覚えていただきたいです。

ばらし方や詰め方だけでなく、基本的なルール(暗黙の?)を、おいしいコーヒーを飲みながらゆっくりお教えします。

13840434_1067158256712127_338829092_o


既に輪行袋を持っている方はそちらをお持ちください。

持っていない方は、よろしければこちらでお奨めのものを用意させていただきますので、お知らせください。


開始時間・場所: 10:00~  イーストリバーサイクルズ

参加費: 500円(モーニングコーヒー付き)
* 当店で自転車本体などをお求めいただいているお客様は無料。



< 12月18日(土)>

「ERC RIDE 年末@房総」

14638262560_e785259058_z

久々にロードで房総に行くことにしました。

日帰りの房総は多少移動時間がかかりますが、その分車や信号の少ない、びっくりするくらい快適なルートを走ることができます。

年末のお忙しい時期とは存じますが、お時間のある方は是非御参加ください。

房総に行ったことがない方は特に!

14829422509_1957460fba_z

フェリーでの移動も楽しいですよ!


開催日:12月18日(日)

集合場所・時間:東京湾フェリー久里浜港 8:00頃(8:20発のフェリーに乗ります)
もしくは金谷港(JR 浜金谷駅すぐ近く) 9:00頃 

解散場所・時間:金谷港 16時頃
*希望される方のみで、金谷港近くで反省会(!)を開催予定。

お願い:
1.ヘルメットは必ず着用ください。
2.予備チューブ等、補修部品は各自御用意ください。
3.保険には加入しておりませんので、必要な方は各自で加入してください。万が一、ライド中に事故が発生した場合も、当店は一切の責任を負いませんので、何卒御了承ください




「輪行ワークショップ w/ coffee」および「ERC RIDE 年末@房総」、参加御希望の方は電話かメールで連絡いただけると幸いです。

宜しくお願い致します!!


17053272848_07918aa81f_z