13 4月

VIVALO with TSUBASA

少し前に納車させていただいた、常連S様のVIVALO トラックを紹介させていただきます。


S様は本物の競輪場で走行する趣味をお持ちで(一般のライダーに練習会用に開放している日があります)、以前にそれ専用にブレーキ取り付け穴の無いトラックフレームを提供させていただいたことがあります。

IMG_1865


そのS様が昨年入手されたのが、こちらのハンドル。

IMG_3351

日東のTSUBASAというタイムトライアル用のハンドル。

昭和に自転車部に所属されていた方には大変なつかしい、マニアには垂涎ものの逸品です。

S様からはこれを基本に、VIVALOでパシュートファニー形のフレームの製作の御依頼をいただきました。



IMG_3316

IMG_3318

IMG_3348



当店はクロモリフレームをご提供する割合が高く、どちらかというとソフトなイメージの自転車が多い傾向にありますので、こんなにルックスが戦闘的な(笑)自転車を組んだのは初めてです。

誠にありがとうございます!



パイプはカイセイ8630R のティアドロップ形状のもので、フレット溶接を採用。

IMG_3371

IMG_3349

IMG_3373

IMG_3332



それに合わせて、フォーククラウンはAEROタイプを使いました。

IMG_3328



TSUBASAやバトンホイールを含め、パーツのほとんどはお手持ちのもので組み上げました。

IMG_3369

IMG_3378



これで世界を目指されるわけではないと思いますが(笑)、楽しんでトラックを走っていただけるとうれしいですね。



S様のように、特別に思い入れのある特殊なパーツ(?)を中心に、カスタムフレームを製作していくこともVIVALOですと可能です。



IMG_3375

思い当たる方は是非、イーストリバーサイクルズに御相談ください。

お待ちしてります!



* 基本的にトラックフレームはブレーキ穴を開けての御提供になりますが、トラック走行専用のものを御所望の場合は店頭にて御相談ください。



3 2月

VIVALO PALU で楽しんでください

イーストリバーのVIVALO PALUの試乗車は、すっかり店主のライドの相棒でもあるわけですが、サンデーモーニングライド等で活躍しています。


IMG_20190818_111532_129

IMG_20191117_083012

IMG_20191203_193837_194


年に数回は遠出して、ヒルクライムにも使用しています。

OI000719

写真 2019-05-04 13 46 51


この自転車、非常に乗っていて楽しいです。

その理由について考えてみたところ、いくつかの結論が出ました。



1.良質なクロモリチューブ
多くのフレームビルダーが製作に用いているECO STRONG LIGHT を採用している。

2.適度な剛性
44ミリヘッドチューブ・前後12ミリスルーアクスル・COLUMBUS社製のカーボンフォークといった現代的なディスクロードの仕様を取り入れながら、幅68ミリのスタンダードBBシェル・オーバーサイズのトップ/シート/ダウンチューブ(φ28.6&31.8)といった、必要以上の剛性を求めず、組み易さを優先した仕様になっている。
シリアスなレーサーには物足りないかもしれないが、ツーリングやブルベが主な使用用途であるホビーライダーにはちょうど良い、バランスの取れた快適性を実現している。

3.スタンダードなロードバイクのジオメトリー
700X25のタイヤの装着を標準とした、所謂スタンダードな「ロードバイク」のジオメトリーになっている。
試乗車については、店主の以前の愛車であったCIELO ROAD RACERのジオメトリーをお手本にしている。
そのジオメトリーに起因するシャープな走りを維持しながら、ディスクブレーキをを搭載しているので、実用性が高い。



イーストリバーサイクルズ でいつでも乗れますので、是非一度お試しいただきたいです。

COLUMBUS カーボンフォークを含むフレームセットで、270,000円(税別)になります。




先月、また1台PALUを納車させていただきました。

IMG_3295

IMG_3298

IMG_20200106_125228

オーナーのN様はロードで各地を旅されることを趣味になれているお客様。

これまではカーボン製のロードに乗っていましたが、より快適な乗り味のクロモリのディスクロードをご所望になられ、VIVALOを選んでいただきました。

誠にありがとうございます!



シンプルなグレーの単色塗装。

ヘッドは直付けのメッキエンブレム。

店名を目立つところに入れていただき、ありがとういございます。

IMG_20200106_125639

IMG_20200106_125645

IMG_3304



そのグレーに合わせてチョイスした、CHRIS KING のMATTE PUNCHカラーのパーツがかなり映えます。

IMG_20200106_125700

IMG_20200106_125619



フレームはもちろんですが、快適性のもう一つの大きな要因がCHRIS KING R45 DISCの手組みホイールです。

IMG_20200106_125548

IMG_20200106_125600

手組みホイールは超軽量ではありませんが、振動吸収性が高く、ロングライドにはぴったりの使い心地です。

何かあったときの修理もしやすい。

R45ハブは回転性能はもちろんですが、シンプルな設計でメンテナンス性が高く、ルックスも美しいですね。

VIVALOはもちろんですが、こちらも是非お試しいただきたいです。




IMG_20200112_082200_1

先日はモーニングライドに早速参加いただき、いっしょに走って楽しみました。

これからもVIVALOと長く付き合っていただけるとうれしい限りです。



19 11月

ラグレス&ノーマルサイズ VIVALO

ちょっと前のW様に引き続き、ラグレス&ノーマルサイズ(1インチヘッドチューブ)のVIVALOを提供させていただきました。

オーナーのU様も久々に自転車に乗られるとのことだったので、相談の上、軽量でロングライドに最適なこちらのタイプになりました。



IMG_20191020_114631

IMG_3200

IMG_3202



チューブはカイセイ4130R、フォークはワンバイエスのR101-SL。

ミズノのカーボンフォークを受け継いで生産されているもので、1インチのカーボンフォーク というと、まずこれになります。



IMG_3206

IMG_3212

フレット溶接のつるっとした接合部が、クロモリならではの美しさです。



IMG_3204

IMG_3207

IMG_3215

IMG_3210

IMG_3220

パーツについては独特のチョィスで、ギアは昔にお使いになっていたことがあるWレバー。

サドルはロングライダースに人気のSELLE ANATOMICA

クランクはシマノではなく、こだわりのSUGINO MIGHTY TOUR

ヘッドは定番のCHRIS KING です。



パーツに特にこだわりがなければ、ラグドでもラグレスでも、先ずはご自分の好みのルックスの自転車の画像をもとにご相談ください。

フレームの種類・サイズ・パーツ等については、こちらでお話しをうかがいながら、提案させていただきます。



IMG_3208

VIVALOのカスタムバイク、相談したり考えたりする過程も結構楽しいです。

ご興味のあるお客様は是非ご来店ください!



11 11月

ブルベ用にVIVALOのスチールバイクをいかが?

最近はブルベに参加されるお客様が、少しずつですが増加傾向にあります。

ブルベに参加でもしなければ、何百キロを一度に走る機会などなかなか無いし、さらに走りきった後の達成感が病み付きになるようです。



そんなブルベに頻繁に参加されているF様から、VIVALOをオーダーいただき、先日納車致しました。

誠にありがとうございます。

2019_0925_08190900

2019_0925_08193600

2019_0925_08202400

2019_0925_08195700

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190925173911713_COVER


車体をお渡ししたのが夜だったので、写真は後日F様が撮影されたものになります。


今回は某メーカーのカーボンロードからのパーツの組み替えだったのですが、当然VIVALOになることで重量は重くなります。

試乗車に乗って体感されてからのオーダーだったとはいえ、ヒルクライムも多いブルベのルートを走る機会も多いF様。

「ご不満を感じることがなければ良いが」と正直心配しておりました。

ところが、しばらく乗られてからご来店された際に「いつも行く峠のヒルクライムのタイムが短くなった」とのこと。

クロモリフォークの安定性にもご満足とのこと。

こういうお声はうれしい限りです。


クロモリフレームの高い振動吸収力や適度な剛性やウィップ感といった特徴は、ロングライドでは重さを上回る快適性や走行性を実現します。

もちろんルートや走り方によるとは思いますが、ホビーライダーには最高の選択肢の一つだと思います。



IMG_20190925_182202

イーストリバーサイクルズ ではVIVALOの試乗車をご用意しておりますので、ご興味のあるお客様は是非体感しにいらしてください。

お待ちしております!



29 9月

何歳でVIVALOに乗り始めても遅いということはない

先日納車させていただいたW様は、最近お仕事で定年を向かえられ、定年後の趣味として自転車を選ばれました。

そして「どうせ乗るなら、フォルムがきれいで、乗り心地が良いクロモリがいい」ということで、色々調べた上で、VIVALOを選んでくださいました。

誠にありがとうございます!


IMG_3125

IMG_3129

IMG_3130

見た目はお若いのですが、それなりのお年を召されているW様なので、比較的ソフトな乗り味の1インチヘッドチューブの細身のフレームをおすすめしました。

さらに「軽い方が好ましい」というリクエストをいただいたので、相談の上、最終的にフィレットのカーボンフォークのVFRに決定。

つるっとした美しい仕上がりを大変喜んでいただきました。

IMG_3135

IMG_3141



パイプは焼き入れの処理がされていない、ホビーライダー向けのKAISEI4130R。

フォークは OnebyEsu の OBS-R101-SL。

かつてミズノで販売していた名作をOnebyEsuが引き継いだもので、1インチのロードカーボンフォークというと、これが定番です。

IMG_3155

IMG_3157



塗装はcinelliのアズーロに近いカラーの単色。

ヘッドの直付けのメッキエンブレムと合間って、派手過ぎず地味過ぎず、バランスの良くまとまりました。

IMG_3134

IMG_3140

IMG_3142



パーツは、色々悩まれた末に「せっかく組むなら」ということで、最終的にシマノULTEGRAとCHRIS KINGをチョイスされました。

ホイールは、DT SWISS RR411&R45です。

IMG_3145

IMG_3144

IMG_3149

IMG_3150

ツーリング用ロードとしては、最高のパーツ構成。

フレームのアズーロカラーとキングのネイビーのコンビネーションも良いですね。



VIVALOのブランド名の語源である、「Viva Velo」の文字を、W様の提案でトップチューブに入れていただきました。

IMG_20190924_123605_264



店の近くにお住まいなので、先日は早速当店のモーニングライドにも参加していただきました。

IMG_20190923_083417

これからも末永く自転車を楽しんでいただきたいと思います。



年齢に関係なく、これから自転車を始めようと考えていらっしゃるお客様には、競技が目的でなければクロモリロードは最良の選択肢の一つではないかと思います。

美しくて乗り心地の良い、VIVALOのクロモリロードはいかがでしょうか?

是非、ご検討ください!



14 9月

VIVALO  第3号!

一昨年にピストフレームをオーダーしていただき、それをご自分で組んで実際のトラックで走って、その乗り味の素晴らしさに触れてから、すっかりVIVALOのファンになってくださったS様。

IMG_1858

その後、公道練習用のピストもご所望になられ、再度VIVALOで製作させていただきました。

IMG_2535

これもかなり気に入っていただき、練習がてらこれに乗ってちょくちょく横浜のご自宅から店までいらっしゃいます。




そして、このたびS様にとっては第3号となるVIVALOが完成しました。

第3号はロードバイクです。

IMG_3095

IMG_3098

IMG_3101

IMG_3117


VIVALOの良質なクロモリの乗り味を、固定ギアだけではなくフリーギアでも味わいたい」ということで、ロードをオーダーしてくださったS様のお気持ちはうれしい限りです。

但し、峠を攻めたりするような乗り方をほとんどなさらないS様なので、ジオメトリーはリアセンターを短くし、ストップ&ゴーの多い平坦な街中を走りやすいジオメトリーにしました。

それから、毎回リクエストいただくのですが、「ホリゾンタルでヘッドチューブをなるべく長くとる」という形状に今回もさせていただきました。

S様ご自身も古い美意識だと認めていらっしゃいますが、やはりこれが一番普遍的にきれいな自転車のフォルムなのかもしれません。



前々回のピストと同様に、今回のチューブもCOLUMBUSをチョイス。

その中でも最も軽量なSLXのロードとなりました。

IMG_3121

COLUMBUSのチューブが日本や台湾製ものと比べて圧倒的に優れているとまでは言えませんが、色々知っていくと、その歴史の長さはもちろんですが、今尚クロモリという素材をアップデートしていこうとするメーカーの姿勢などから、世界的にブランドの価値が揺らがないことが納得できます。



ベースカラーの暗めのマットシルバーに合わせて、ヘッドはくすんだゴールドの彫金エンブレム。

ロゴも同様のカラーに。

IMG_3103

IMG_3105

IMG_3106



パーツは105以外は、クロモリバイクと相性の良い、ちょっとマニアックなものに。

IMG_3115

IMG_3113

IMG_3119

IMG_3110

クランクは OnebyESU の新型中空アーム&CNCチェーンリングの、ジェイクランクです。



乗り方に合わせたジオメトリー・お気に入りのフォルム・カラー・パーツ構成等、VIVALOのカスタムバイクでは、何なりとご要望にお応えします。

メーカー品の完成車では飽き足らないお客様は、是非一度イーストリバーサイクルズ までご相談ください!



17 8月

ホリデーライドをVIVALOで!

先日はお客様数名と日光にホリデーライドに出かけましたが、参加者のうち数名はVIVALOに乗って来てくださり、うれしい限りでした。

ありがとうございます!

IMG_20190812_121109

OI001766




そのうちのお一人であるN様は、ご自身の手で組んだばかりのVFR(Vivalo Fillet-Brazed Road)で参加してくださいました。

IMG_20190812_121220

IMG_20190812_124136

昨年末にフレームセットをお渡ししてから随分時間が経ちましたが、無事完成し、こうしてライドをご一緒できてよかったです。

ありがとうございます!


フレームの細部やパーツにもこだわられているところが、自転車歴の長いN様らしい。

IMG_20190812_121236

IMG_20190812_121244

IMG_20190812_121337

IMG_20190812_121301

今回、本格的な登坂で試したところ、ご購入前に試乗をしたときと比べて、硬質で進む印象を持たれたとのこと。

通常のVFRからN様のご要望で、ジオメトリーを少しいじったことに因ると思われます。

かなり喜んでいただけて、よかったです。



VFRPALUのようなセミカスタムモデルについては、一応VIVALOおすすめのジオメトリーを用意しておりますが、具体的な数字でのご希望がある場合は、オリジナルのジオメトリーでの製作もお受けしておりますので、ご相談ください。



IMG_20190812_121226

VFR、宜しくお願い致します!



18 5月

ERC  VIVALO 試乗車 2号機

IMG_20190503_141525のコピー

IMG_20190503_142928のコピー

IMG_2917


VIVALO PALU (フレームセット価格 w/ Columbus Carbon Fork 250,000円〜 税別)

試乗車サイズ: トップチューブ長(C-C ホリゾンタル換算) 535ミリ シートチューブ長 500ミリ

使用チューブ: ECO STRONG LIGHT



一昨年から販売を始めたディクブレーキロードのコンセプトモデル PALU。

コンセプトモデルというのは、ある程度こちらでジオメトリーや使用チューブを決めさせていただき、乗り味のコンセプトを含めてご提供させていただくといったモデルのことです。

コンセプトとは「ディスクブレーキの装着されたロードバイク」という、ごくシンプルなもの。

ディスクブレーキというのはあくまでも新しい制動力を高めるためのツールで、シャープなロードバイクならではの乗り味と、長く乗っても疲れないクロモリの良さをキープした自転車を目指しました。

一昨年から受注をスタート、最初はVIVALOライダーのマツド氏にデモ車に乗ってもらい、彼の意見や市場の動向などを反映させながら、ようやく仕様が固まりました。



IMG_2921

IMG_2923

IMG_2925

カラーは昔のイタリアンバイク風のオレンジ寄りの赤の単色。

ヘッドチューブのエンブレムは、最近よくオーダーいただくようになったメッキの直付けタイプ。

「PALU」は新しいロゴを制作致しました。

オーダー可能ですので、是非お見知り置きください。



IMG_2934

IMG_2935

IMG_2929

IMG_2930

パーツについては、アルテグラの油圧ブレーキ、ROTOR の昨年登場したスパイダーアームチェーンリング一体型モデル ALDHUCHRIS KING R45 DISC & VELOCITY AILERON の手組みホイールなどを採用しました。

車体ではなく、これらのパーツにご興味のあるお客様も、もちろん試乗可能ですのでお問い合わせください。

特にR45 DISC の手組みホイールについては、軽量性よりもロングツーリング向けの快適性を求められる方には最高の選択肢だと考えます。



組み上がった直後に、ちょうど当店のホリーデーライドで東秩父を訪れたので、そこでシェイクダウン走行をしてまいりました。

IMG_20190504_105527

IMG_20190504_114719

以前に乗っていたCIELO ROADRACER DISC と比較すると、リアの剛性がかなり高まり、上りの反応が良くなりました。

スルーアクスルに因るところも大きいかもしれません。

とにかく疲れず快適にライドを終えることができました。



1号機同様、試乗にはご予約は不要ですので、お時間のあるときにいらしてください。

ご希望に応じて、ペダルはこちらで交換致します。




IMG_20190504_112051

ディスクロードを検討されているお客様は、是非VIVALOも候補に入れていただけると幸いです。

宜しくお願い致します!



16 5月

ERC  VIVALO 試乗車 1号機

Untitled

Untitled

Untitled


VIVALO LUGGED ROAD (フレームセット価格 130,000円 税別〜)

試乗車サイズ: トップチューブ(C-C) 535ミリ  シートチューブ(C-T) 535ミリ

使用チューブ: ECO STRONG LIGHT



VIVALOの一番ベーシックな1インチヘッドチューブのラグドのロード。

開店当初からある試乗車を塗り替えて、パーツも組み直しました。

クラシックなソフトな外観ですが、「クロモリは柔らかい」という固定観念を打ち破る、しゃきっとした良質なクロモリの乗り味です。

熱処理が施されたチューブであるECO STRONG LIGHTが、その乗り味に大きく寄与していることは間違いありません。



Untitled

IMG_2939


メインコンポはCAMPAGNOLO POTENZA。

ホイールは、リムがVELOCITY A23のポリッシュ、ハブがTRADIZIONE CLASSICの手組みホイール。

シルバーで統一しました。

リムは店の在庫の20ホールと24ホールのものを使いましたが、ご提供する場合は28以上のものをおすすめしています。

ヘッドパーツは定番のCHRIS KING ですね。



Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled


塗装はメタリックなライトブルーで、ヘッドラグだけ少し薄くしてアクセントをつけました。

メッキフォークとメッキステーには、同色でラインを。

ロゴは旧タイプのものの抜き型。

店主が個人的に一番気に入っている字体です。




試乗については、特にご予約は必要ありませんので、ご都合のよろしいときにいらしてください。

ビンディングペダルで試されたい方は、シューズを履いてご自分の自転車でいらしていただければ、こちらでペダルを交換致します。




IMG_20190421_081655


是非、VIVALOの優秀なクロモリフレームの乗り味を体感されてください。

ご来店をお待ちしております!



10 5月

お仕事の移動をVIVALO ロードで

先日Y様に納車させていただいたVIVALOのご紹介。


IMG_2887

IMG_2889

IMG_2894 



当店にあるECO STRONG LIGHT のチューブで作られたラグドロードの試乗車、いたく気に入ってくださったY様。

ちょっと間を置きましたが、VIVALOの乗り味が忘れられず、今回のオーダーに至りました。

主に都内でお仕事の移動に使われるとのこと。

事故と盗難にはくれぐれも気をつけていただいて、楽しんで乗っていただきたいですね。

誠にありがとうございます!



街中で乗られることを意識されてか、デザインは特徴のあるものになっています。

IMG_2899

IMG_2910

IMG_2902

一応、理想のイメージの画像だけいただいて、こちらで可能な限りそれに近づけるという方法で仕上げましたが、かなり良い感じに仕上がったのではないかと思います。

Y様にもご満足いただけた様子。


ヘッドのエンブレムは、ここのところ人気の直付けのメッキ仕上げのもので。

IMG_2908



都内の移動が主な使用用途ということで、今回のジオメトリーはそれに合わせてリアセンターを短めに、BBハイトを少々高めにしました。

IMG_2904

このようにすることにより、発進時のかかりがよくなり、きびきび走るようになります。

その分、リアのしなりが減りヒルクライムなどには若干不利になりますが、どんな峠でも最低限上れる仕様にはなっていますし、もちろん都内の坂であれば全く問題なく走れます。

要するに、お客様の乗り方に合わせて、どのポイントにより味付けをするかということです。



イーストリバーサイクルズ では、使用用途やご予算に合わせて、お客様にとって最適のVIVALOのバイクをご提供しております。

クラシックからモダンなスタイルまで、のんびり街乗りからがっつり競技に合った性能まで、様々なご提案を差し上げております。

ご興味のあるお客様は、是非一度ご相談ください!





自分はペダルを踏んでいるとき、こういうファンキーなジャズがよく頭の中で流れているんですが、みなさんはどうですか?